SF作家だからといって、何も〈特別〉ではないのだから、もう少し頑張ってほしい。
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

SF作家だからといって、何も〈特別〉ではないのだから、もう少し頑張ってほしい。

書評:新井素子、冲方丁、小川哲ほか『世界SF会議』(早川書房)

タイトルは大げさだが、要は、日本のSF作家プラス海外作家少々による、単なる「リモート会議」で、いたってお手軽である。
『世界SF作家会議』というタイトルに「世界のSF作家が、国連の大会議場に集まって議論する」みたいな、昔風のイメージを抱き、そうした重厚なものを期待したら、確実に裏切られるし、まあ、半分「騙された」と言っても過言ではないだろう。

画像1

私は、テレビ番組の方は視ていないのだが、そっちも同タイトルだったのだろう。それなら、間違って、JARO(日本広告審査機構)に電話通報した人がいても、けっして責めることはできないだろう。なにしろ「ウソ・大げさ・まぎらわしい」のうちの「ウソ」ではないにしても「大げさ・まぎらわしい」というのは間違いない。
ただし『世界SF作家会議』の場合は、「広告」しただけではなく、そもそも「番組」なのだから、JAROが担当すべき仕事ではないのかもしれない。

『新井素子、冲方丁、小川哲、高山羽根子、樋口恭介、藤井太洋という現代日本を代表するSF作家が集結。緊急会議を行い、全人類に突きつけられた課題を徹底討論する。劉慈欣、ケン・リュウほか海外SF作家が緊急参加、提言を行う。司会:いとうせいこう、大森望』

という「説明文」が、Amazonの当該ページに掲載されているが、新井素子以下6人程度で『現代日本を代表するSF作家が集結』と言えるのか?
まあ、2人からでも「集結」と言えるのかもしれないが、ちょっと少ない。
「世界会議」と言うよりは、レビュアーの「(-_・)?熊萌寝々」氏がおっしゃるとおり、『井戸端』会議によほど近い。

また『緊急会議を行い、全人類に突きつけられた課題を徹底討論する。』とのことだが、この程度の議論を『徹底討論』と言えるだろうか。正確には「(討論+井戸端会議+リモート飲み屋での与太話)÷3」と言った方が、よほど正確ではないだろうか。
全体に好きな作家が多いからこそ、この程度では、まったく食い足らない。

画像2

もちろん、これが『日本SF作家リモート呆談+α』といった謙虚なタイトルであったなら、素直に「楽しめた」と書けたのだが、どうにも「看板に偽りあり」のタイトルはいただけない。これは「シャレ」では済まず、ほとんど「ペテン」の域だからである。

SF作家は「大きな問題しか語らない」とか「当たり前の倫理を語らない」というのも、それはそれで「ネタ」としては良いけれど、やっぱり、身近な倫理についても配慮してもらいたいものである。一一あるいは、こんなささやかな「注文」を吹き飛ばすくらいの、スケールとパワーを持ったことを語って欲しかった。

結論としては、体育会系とまではいかないものの、先輩後輩関係で話をし、お互いに「先生」扱いでその「権威」を保証しあい、意見の対立点は突き詰めず、逆に「同じことの裏返しだ」とか「さすがですね」などとよくわからないフォローでまとめて済ませる、ちょっと「ぬるま湯」「馴れ合い」感の否めない、「世界SF作家会議ごっこ」だったと言えよう。

画像3

画像4

初出:2021年8月17日「Amazonレビュー」







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。お返しもできない不器用な奴ですみません。
その名のとおり、読書が趣味で、守備範囲はかなり広範ですが、主に「文学(全般)」「宗教」「社会問題」に関連するところ。昔から論争家で、書く文章は、いまどき流行らない、忌憚のない批評文が多い。要は、本音主義でおべんちゃらが大嫌い。ただし論理的です。だからタチが悪いとも言われる。