今日の注目記事
LINEのペンギンにハマって立体化してもらった話
+1

LINEのペンギンにハマって立体化してもらった話

LINEのビデオ通話のとき、顔を隠す用につくられているペンギンがいるのをご存知だろうか。 この子である。 公式が2018年に、名前がないことを公言している。 私はこのペンギンが好きだ。たまらない。表情が動くのもよいし、いつも手(羽根)をふわふわさせているのもかわいい。 そしてなにより、恋人とビデオ通話するときに、彼がこのペンギンを使っているため、ペンギン=恋人というのが刷り込まれてしまったのだ。 なんとかしてこのペンギンの立体造形物がほしい。 粘土やスカルピーだった

スキ
84
プロの一人っ子だよね
+1

プロの一人っ子だよね

タイトルは、3人兄弟の長男であるM太郎(恋人)から、たまに言われる言葉です。 ドラマ逃げ恥で、「プロの独身」がホットワードになりましたが、私たちはこのドラマのファンなので、恐らくそこからきているんだろうと思っています。 ・ プロの一人っ子遊び ~夏休み編~ 『クーラーとジブリ』 私たちは遠距離恋愛をしていまして、たまに電話をしながら映画を同時再生して一緒に見るという遊びをします。 ある夏の夜、電話をしながら作品を探していたときのことです。 私『夏といったらジブリだよね

スキ
74
大阪観光 お気に入りのエリア10選
+39

大阪観光 お気に入りのエリア10選

日本第二の都市、大阪。 大阪のような大都市はいわばたくさんの街の集合体で、とても「大阪」とひとくくりになんてできない。京都から何度も足を運んだ僕が大阪のお気に入りのエリアをランキング形式で紹介したいと思います。​ 第10位 松屋町おもちゃや駄菓子の問屋が軒を連ねている。訪れたのが夏だったので、花火がずらりと並んでいた。こういうテーマのある街は大好き。 第9位 天満大阪駅から一駅の飲み屋街。狭い飲み屋が所狭しと並んでいる。いわば「密」なのでコロナ禍で衰退していないか心配。天

スキ
63
有料
100
【推薦書リスト】世界史独学のための100冊
+7

【推薦書リスト】世界史独学のための100冊

世界史を独学するにはどうすればいいか? ネオ高等遊民さん(note@kotoyumin)の記事を拝見して、「みんなの世界史」でもシリーズ本や全集を含め、100冊ほどの書籍をピックアップしてみることにしました。「なんとなくでOK」「受験のため」というのではなくて、ゆくゆくは専門的な書籍も読んでみたいというまじめな方向けの、まじめな選書でありつつ、高校生にも薦めることができそうな本を中心に選んでいます。 *** 選書の方針 世界史のカバーする範囲は、とてつもなく広い。個々の

スキ
312
「ちょっと近いが一番たのしい」場所を残す未来
+10

「ちょっと近いが一番たのしい」場所を残す未来

ことしの春過ぎくらいから、私は自分の住む町のエッセイを書く仕事をしていた。東京23区のなかでそれぞれの区に住む人たちが、自分の住んでいる街の風景を綴る企画で、私は「港区」を担当し、その連載が9月で無事に終了した。 それまでの私は旅や移住のメディアで撮影や執筆をしていることもあり、東京の外にばかり目を向けていた。観光地や移住を促進をしている場所には目を引くもスポットがたくさんあるし、最近は歴史や住んでいるひとたちとの交流、観光のためではないその場所で生活している人たちのための

スキ
101
リモートワークが絶望的に捗る生産性最高なデスク環境をDIYなしで作った話
+52

リモートワークが絶望的に捗る生産性最高なデスク環境をDIYなしで作った話

MacBook Proにケーブルを1本差し込むだけで完ぺきなワークスペースができあがる、というコンセプトで執筆した以前の記事は、想像を大きく越えて広く読まれました。著者冥利に尽きます。有り難し。 その後、大いなる変化が人類を襲いました。私も例外ではなく、オフィス通勤からリモートワークとなり打ち合わせの大半はオンラインへ移行。適応すべくデスク環境も基本理念は残したまま更新してきました。 試行錯誤の果てに満足度の高い環境へアップデートできたので、再びnoteにまとめて公開した

スキ
679
『北欧旅行:スウェーデン編 vol.1』 ローゼンダール・ガーデンの魅力
+9

『北欧旅行:スウェーデン編 vol.1』 ローゼンダール・ガーデンの魅力

kakko's magazine vol.22 今回のテーマは『北欧旅行:スウェーデン編 vol.1 』スウェーデンの中でも私の一番のお気に入りスポット、ローゼンダール・ガーデンの魅力をご紹介したいと思います。 初めて北欧を訪れたのは2013年のこと。その時は、スウェーデン、フィンランド、デンマークの三ヵ国を周遊しました。 7月だったので、ものすごく気持ちよい気候だったことを今でも覚えています。 旅の中で最初に訪れた地スウェーデンのストックホルムは、凛としたカッコよさ

スキ
120
遠くへ行けないなら高くへ。山に登ってみたい人へ。
+21

遠くへ行けないなら高くへ。山に登ってみたい人へ。

 先日久しぶりに山に行きました。山頂で、雲の影がなぞる稜線を見つめながら、やっぱり山はいいなぁと心の底から嬉しさが溢れます。GOTOの再開を待つのもいいですが、秋晴れの気持ちいい季節は待ってくれません。せっかくなので、山に登りませんか。 街では会えない自然や山頂からの絶景が待っている 八ヶ岳の「にゅう」へ上る途中に現れる苔の森 秋の谷川岳、紅葉に彩られる尾根 夏の荒島岳、山頂には高山植物のお花畑  ハクサンイチゲ。小雨や曇りは残念ですが、高山植物は映えます 唐松岳

スキ
214
【うなぎBOOKSコンセプト】本と人をつなぐ仕事
+5

【うなぎBOOKSコンセプト】本と人をつなぐ仕事

2021年9月17日、うなぎBOOKSはオープンしました。実質3ヶ月ほどの準備期間でしたがまずはオープンできてホッとしています。コンセプトを一度しっかりまとめたいと思いこのnoteを書いてます。 何故ものづくりの店をやってるうなぎの寝床が本を扱い始めたのか?そういう場所がなぜ必要だと思っているか?謎だとも思います。少しうなぎの寝床の理念も確認しながら、振り返りたいと思います。 うなぎの寝床は「地域文化商社」という形態をとりながら会社を運営しています。理念は「もの」と「ひと

スキ
138
かきバターを銀座で
+8

かきバターを銀座で

かきバターを神田で お昼ごはんを食べ損ねて、空腹のピークも過ぎ去った金曜日の夕方。お腹が空いているのかさえも、わからなくなっていたけれど、何か食べたい。 どんな時間でも丁度良い量をサクッと。意思薄弱な食欲の最適解は、うどんやお蕎麦ではなかろうか。 秋の気配を見てみぬふりして過ごしていた、9月の中頃。以前から気になっていた、銀座の『太常うどん』というお店へ足を運びました。 江戸時代から続く八百屋さんが始めたうどん屋さんという、異色の経歴。店先では野菜の販売もしています。

スキ
252