今日の注目記事
【掌編】スマートな町

【掌編】スマートな町

 電車がとまる少し前、左耳にはめているイヤリング型の端末が反応した。 『もうすぐ××駅、目的地です。ネットワークにつなげますか』 「うん、頼む」阿川浩一は小声で指示を出した。  車内を見ると、「オッケー」「お願い」「たのんます」といった同じような声が聞こえてくる。みんな、形はちがえど耳に小さな端末をつけている。  電車がとまると、『××町のネットワークに接続しました。スマートフォンとの連動も問題ありません』という声が聞こえてきた。  浩一は駅を出て、あたりを見まわした。小さな

スキ
17
はながすきすぎる 金木犀日曜日
+8

はながすきすぎる 金木犀日曜日

おはようございます! 花屋KONOHA鵜飼亜希子です。 川越は湿気のある曇り。 いつもより花の香りが濃く感じますね。 道端に咲く「オシロイバナ」のすっきりとした甘い香りが心地よいのです〜 金木犀はお祭りですね! 昨日も、仕入れに。 ケイトウの“ホットビスケット”と マリーゴールドのバニラを仕入れました。 バニラは、店長がどんどん花束に入れたので、 もう1本になってしまいました。 おばあちゃんへ アレンジメント お写真を見せていただき、制作いたしました。とって

スキ
77
人生で初めて絵を買った日のこと
+6

人生で初めて絵を買った日のこと

人生で初めて絵を買った。 こんなにもどきどきして、幸福なことはあるのかと思いながら、部屋に飾ることを想像して、ふくふくした気持ちが止まらない。 ついに、数年前からすきで、いつか行きたいと思っていた日下明さんの個展へ行ってきたのだ。 行ってくるよ!みほさ〜ん!と心の中で叫びつつ、うきうきうきうき尼崎の立花駅で降りる。 すこしさびれて、でもあたたかい雰囲気の駅前の広場。木の隙間から光がこぼれていて、まだほんのすこし夏の面影があるなと思う。 線路沿いを3分ほど歩いたところにあ

スキ
176
のびしろ

のびしろ

今日、一つ歳を重ねた。 「不惑」と呼ばれる歳になり、6年が経つ。 しかし不惑どころか、戸惑ってばかりの日々だ。考え方や感じ方などすぐ変わる。だから今の気持ちを遺しておこうと思って、noteを書いている。 私は39歳のときに生きていて一番辛いことがあり、そこからなんとか這い上がることで、かなり考え方が変わったし、自分は生まれ変わって第二の人生を送っていると思っていた。 だけどやっぱり当時の気持ちをそのまま持ち続けることはなく、考え方は変わってきている。 よく歳をとると丸くな

スキ
134
【事例をもとに紹介】インタラクティブデベロッパーに聞く!動きのあるWebサイトの作り方

【事例をもとに紹介】インタラクティブデベロッパーに聞く!動きのあるWebサイトの作り方

こんにちは、シフトブレイン広報の坂です。 シフトブレインは、ブランディングとデジタル領域のクリエイティブを強みとする制作会社です。 弊社の強みのひとつである、インタラクティブデザインやモーションデザイン。それらを支えるインタラクティブデベロッパーという肩書きのポジションがシフトブレインにはあります。 インタラクティブデベロッパーは、どんな仕事をしているんだろう...? あまりメジャーな職種ではないこともあって、私もシフトブレイン入社当初はそう思っていました。 Webで調

スキ
152
庭の金木犀でーモイストポプリの簡単な作り方
+7

庭の金木犀でーモイストポプリの簡単な作り方

そろそろ金木犀が咲く季節になってきました。皆様のお住いの地域はいかがでしょうか。去年、InstagramとFacebookでご紹介したキンモクセイのモイストポプリの記事がたくさんの反響をいただきましたので、今日はそちらをnoteでもご紹介しますね。 金木犀の香の記憶金木犀は、花の香りが強いことから、学校や公園でトイレの近くに植えられた為、『金木犀の香=トイレ』と言うイメージの方も多いかと思います😅 けれど金木犀の香り は、『オスマンサス』 と言われ、香水の世界でも愛される香

スキ
102
なにもしていなかった娘のお遊戯会から、見せてもらった世界
+4

なにもしていなかった娘のお遊戯会から、見せてもらった世界

「うちの子、固まってて、な〜んもしてへんかったわぁー!」 そんなだれかのお母さんの声が、聞こえてきた。 わかる、わかる!私の娘 (3 歳) も、前回の保育園のお遊戯会で、な〜〜んにもしてなかった。ただ座っているだけだった。こんなお顔で。 (・o・)  * その日は保育園の発表会だった。 昨今の状況下なので、クラスごとの入れ替え制のお遊戯会。 発表会場に入ることのできる人数も制限されていて、発表会を見終わったある園児のお母さんが、会場の外で待機していたお父さんに、子ど

スキ
211
La Unionに泊まった話
+5

La Unionに泊まった話

こんにちは、ささきです。 先日、福島市にある「La Union」に泊まりました。2021年3月にオープンしたゲストハウスです。 友人から教えてもらった場所なのですが、こんな素敵な所ができてしまったの?と話題騒然でした。ゲストハウス大好きな人間にとって、ただただありがたい…… 泊まった日の夕方は気分がどん底に落ちていたのですが、「今こそ泊まりに行って気分を上げる時では?」と思い、計画〜予約の電話〜準備まで15 分。わくわく気分で家を飛び出ました。 映画館でシャン・チーを

スキ
94
3歳のとき彫ることに惚れ込んだ、フィレンツェの若き額縁職人。彼の想う額縁とは?
+31

3歳のとき彫ることに惚れ込んだ、フィレンツェの若き額縁職人。彼の想う額縁とは?

修復士トンマーゾさんは若き21歳。 絵画と彫刻の修復専科に通いながら、祖父の代から続く工房で仕事をしています。 ダビデ像を展示しているアカデミア美術館の近くに、気をつけないと見過ごしてしまう、貴石博物館(Opificio delle pietre dure) があります。 博物館の奥に続く中庭を抜けると、芸術修復分野の世界的リーダーである修復工房があり、ウフィツィ美術館を始め、世界の名だたる美術館所有の修復を行なっているところです。 修復工房には、併設された専門学校が

スキ
88
にゅうつひめ神社まで
+20

にゅうつひめ神社まで

にゅうつひめ神社、漢字で書くと丹生都比賣神社。普通にPCで文字変換できない。 神社は和歌山県伊都郡かつらぎ町にある。 神社についてはここで説明するよりwebで見てもらった方が確かなので割愛する。 *           *            * 行こうと言い出したのは次女さん。バイクはジェベル200。 年に数回は訪れる神社で和歌山市からだとゆっくり行って1時間半ぐらい。 この日の出発は午前6時前、涼しい〜。 国道24号線を東へ、かつらぎ町で国道480号へ右折、看板に

スキ
77