編集部のおすすめ

クラフトマン探訪/自らの最先端を楽しむ天才畳アーティスト山田憲司さん

「クラフトマン探訪」は、愛知の伝統工芸コーディネーター中村亜弓が様々な伝統のものづくりの作業場へ訪問し、クラフトマンの作品や想いなどを発信する…

そば屋を見てもニシンは思い出さないが、ニシンを見るとそば屋を思い出す

体が自然と長ズボンをはいて長袖を着て、季節の進みを感じた。 あちこち外に出る機会があった去年は、9月になったからもうサンダルはやめだなとか、10…

「料理の途中下車」ができると自炊が続く

料理は食材からを調理し、食べられる状態まで持っていく行為です。ネットや本で紹介されているレシピはどうやって完成まで持っていくかについて書かれて…

『わけるとつなぐ』に至るまでの企画書6枚

『わけるとつなぐ これ以上シンプルにできない「論理思考」の講義』 という本を作った。 タイトル通りの本であるし、カバーデザインもできる限り削ぎ…

成長するスタートアップで働くとなぜ自分も成長するのか

投資先の採用候補の方とお話することがよくあるのですが、その中で、「A社はプロダクトもしっかりしているように見えるしもう出来上がっている。やはり…

Jリーグを目指すフットボールクラブの、スポーツという『娯楽産業』への挑戦。

こんにちは。中島です。 埼玉県川越市にCOEDO KAWAGOE F.Cというサッカークラブを作ったこともあり、「サッカークラブって、そもそもなんでこの街に必…

ラプンツェルのラビオリ 若草の章

序章 以前ラビオリを巻き髪風にした時のことでございます。 ダイエットインストラクターの楓さんに素敵な名前をつけていただいて、 看板メニューにす…

美術館便り-灸まん美術館編-

こんにちは。グラニフのライセンスDiv.兼 YouTuberのはないです。 今日は灸まん美術館のご紹介です。 初めて美術館名を見た時には、見慣れない単語に「…

本のデザインができるまで 〜 「ぜんぶ、すてれば」

すっかり秋だ!読書の秋。 noteでも読書感想文投稿コンテストをやるようだ。 書くこともないし、感想文を書くか!!! って課題図書から何か読む本を…

「プリンシプル」と「バリュー」を自分のチームにつくってみたら

最近チームに人が増えてきて、それまでは横並びのバディ感覚でやれていたものがさすがに厳しくなってくるのを感じ、前にも少し書きましたが、「機能とし…