今日の注目記事

町に出向くクラフトコーラのドリンクスタンド、「CRAFT COLA short t…

どうも、こんにちは。 クラフトコーラ行商・マイスターの鯉淵です。 このnoteでは、僕が『クラフトコーラ アワー』という屋号を掲げ「クラフトコーラを日常の佇まいにする」実験的活動をする中で主軸に置く、「CRAFT COLA short trip」について紹介します。 ▼『クラフトコーラ アワー』の活動はこち…

遅刻して先生に感謝された日

ルールとたったひとりの人間と。どちらが重たいのか。心から考えさせられたエピソード。 学校に行きづらいBくん 私の息子は小学校6年生。5年生の冬、同級生Bくんが学校に行きにくくなってることを知った。 Bくんは発達の凸凹(でこぼこ)があり授業についていけず、支援学級で過ごすことも多い。 Bく…

【美しい苔の庭】完全版・京都編。1000箇所以上の日本庭園から厳選して30選んでみ…

無料で読める!保存版【美しい苔の庭】特集 これまで『おにわさん』で紹介した約1400箇所の日本全国の庭園の中から「オススメ」タグ+「苔が美しい」タグをつけていた、『美しい苔の庭』という言葉がピッタリな名庭園をピックアップしました。 各庭園の紹介ページではさらに10〜20枚の庭園写真と紹介…

サンリオのシナモンに救われた話

「ピンク色が好きなのは、ぶりっこ」。―――ずっとピンク色とかわいいものを愛することに抵抗があったけれど、サンリオキャラクターのシナモンのおかげで自分に正直になれた話です。 ぶりっこの呪いにかけられて 物心ついたときから、ピンク色が好きだった。ピンク色。桃色。桜色。かわいくて、見て…

思い出はいつも雨色。雨の日は自分を愛そう

僕たちを守ってくれるヒーローには基本的に制限時間が存在している。ウルトラマンもアイアンマンも常にそばに居てくれない。唯一、隣人のようなヒーローはアンパンマンくらいだろう。 僕は雨の日だけは世界中を無視して自分だけのヒーローになろうとずっと前から決めている。 今日は、なんと、雨音が…

中3長男が、今月で「受験生」を辞めることになった。

10月に入り、中3の長男が、塾を辞めることになった。 小五から入った学習塾。別にハッキリとした目的があって入ったわけではなかった。たしか「高校の進路を考えるときに、選択肢が狭まらないように」ぐらいの感じで、仲の良い友達も入るからと、通わせることにしたのだったと思う。 彼としては「…

バーを愉しむために、知っておきたいこと。

先日、嶋津さんが開催されている「オンラインCafeBarDonna」にお邪魔してきました。今回のテーマは「カクテルを学ぼう」。リアルのCafeBarDonnaの店長である伊藤さんのカクテルのお話とハイボールのおいしいつくり方の実演(お疲れさまでした!)と、そのあとの交流の時間。参加して毎度思うけれど、90…

[掌編小説]踏みしめて変身せよ

 今日、仕事を失った。  どうにもならない世界の動きに苛立ったところで、私の仕事が戻るわけじゃない。とにかく、失ったものは失ったのだ。  心のどこかで覚悟はしていた。でも、それはこの先の「いつか」のことで、今日じゃなかった。それに、もしかするとただの悪い予感で終わるかもしれないと、…

大正生まれバリキャリウーマンの祖母の話。

小さい頃の思い出は、両親より、祖母と過ごした時間の方が多い。 それくらい私は、おばあちゃんっ子でした。 と言っても、祖母はほとんど家にいませんでした。 なぜなら彼女は、大正生まれのバリバリ働くキャリアウーマン。 全国、海外を飛び回っていました。 当時では珍しく、保険会社で営業をして…

【20km圏内】福島原発事故の現在地〜当時10歳だった私のルポルタージュ〜

【初投稿】この記事は、約2万字に及ぶルポルタージュです。 はじめに 〜震災から10年、「成人」を迎えた私が思うこと〜 上の写真は、当時12歳だった兄が小学校の社会科見学に行った時のものだ。エネルギー社会の未来について学んだ彼らは、満面の笑みを浮かべている。 私が生まれたのは2000年の7月…