編集部のおすすめ

たとえ「普通の」生き方ができなかったとしても。

2020年6月末、ライターのキャリアに終止符を打った。 4年間、ライターとしてお世話になった会社を辞めた。 ___ 幼い頃から小説を自作するのが趣味だった私にとって、「文章を書く仕事」……つまり「ライター」は、憧れの職業だった。 勤務先はパンフレット制作がメインの会社だったので、ライテ…

強豪・マンCも敷くビジネスモデル。テクノロジーで差は埋められる

Hudl Japanがプロサッカークラブの関係者に向けて、2時間半にわたって開催したウェビナー「世界から学ぶ」。 元マンチェスター・シティのヘッドアナリストで、現在はHudl社にてカスタマーソリューションチームのディレクターを務めるエドワード・サリー氏が、自身の経験をもとに世界のトレンドとデー…

はだかではしる

学生生活も終わりに近づいた日、わたしたちは女ばかり友人の部屋に集まっていた。 「どういう格好する?」 それまでもなにかのテーマで仮装してパーティーに行ったり踊りまくったり、振り返れば「あれもわたしの人生?」と思うほど彼女たちと色々なことをしたけれど、その日はちょっと様子が違っていた…

ひとり用炊飯器は最強の家飲みツール!?|パリッコの「つつまし酒」#93

「はあ、今週も疲れたなあ…」。そんなとき、ちょっとだけ気分が上がる美味しいお酒とつまみについてのnote、読んでみませんか。 混迷極まる令和の飲酒シーンに、颯爽と登場した酒場ライター・パリッコが、「お酒にまつわる、自分だけの、つつましくも幸せな時間」について丹念に紡いだエッセイ、それ…

旅の思い出と料理本

 旅の楽しみの一つが、その土地ならではの味と出合うこと。ガイドブックで紹介されていた名物料理やお菓子、地元の人に教えてもらった珍しい味、偶然食べて気に入ったもの。時々旅先で、料理やお菓子の本を買って帰るようになった。料理本を開くと、その味に出合った旅の記憶もよみがえる。 手書きの…

YouTubeを伸ばすためにとった全ての戦略をまとめてみた

はじめに いらっしゃいませー!渋谷ハルです! 今回はYouTubeを伸ばすための戦略についての記事です。 どういった戦略で伸びたのかを言語化できるようにしておいたほうが自分のためにもなると思ったので、難しくて途中で筆を投げそうですが頑張ってみます。 YouTubeについて死ぬほど考え、とにかく実…

初めての映画づくりで感じた「これからのチームの在り方」

こんにちは!emoleのふかやんです! 汚いサムネから飛んでくれてありがとうございます。笑 マーケティングの会社をやめてから早くも5ヶ月が経ち、映像の道が一歩ずつ形になっている今日この頃です。 ありがたいことに作ったものが実を結び、会社でもしっかり案件に繋がり、個人での活動においても7…

レビューばかり見ていると、「自分らしさ」が失われていく気がする

以前テレビで「毎日の献立をAIが自動で考えてくれる」アプリ(だったかサイトだったか)を観て、「ほぅ、便利な時代になったもんだ」と思うと同時に、「うちらは自分の食べたいものすらわからなくなっていくんだろうか」と恐ろしくなった。 うちの母も「今日のごはん何しようかな…」と栄養バランスや…

note|日本料理に感じる「敷居」とは何か?

今日は、僕が企画・編集・執筆で参加させてもらっている「乃木坂しん」さんのnoteを紹介させてもらいます(告知すみません!)。 店主の石田伸二さんと支配人の飛田泰秀さんとは、前職の料理王国時代に福井県の企画でご一緒して以来、歳が近いこともあって、何かと連絡を取らせてもらっていました。 …

名もなきトースト

小学生の頃、トーストにはまったことがある。 いや、とろけるチーズやおしゃれな具をのせた今どきのトーストではない。第一、当時のわが家はまだオーブントースターではなかった。ポップアップ式の、赤い地に白抜きの花柄がついた、ザ・昭和のトースターでパンを焼いていた。私が夢中になったのは6枚切…