noteの夏休みおうえん特集 自由研究も読書もnoteで楽しく noteの夏休みおうえん特集 自由研究も読書もnoteで楽しく
今日の注目記事
最大手SIer出身者が語る、SIとSaaSの違いと未来

最大手SIer出身者が語る、SIとSaaSの違いと未来

おはようございます。 SaaS×D2Cを運営しているSUPER STUDIO COOの花岡です。 このnoteでは、最大手SIerで4年勤めてから独立し、SaaS事業を運営している僕の視点からSaaSとSIerについて本音のぶっちゃけトークができればと思います。 これからSE/エンジニアとして働く方、既に働いていて転職を考えている方々には是非読んでもらいたい内容です。 また、何かしらの領域でシステムを導入する際に、SaaSを契約しようか、SIerないし自社開発のフルス

103
なぜU-NEXTが出版を?サブスクが生む著者と読者の新たな出会い

なぜU-NEXTが出版を?サブスクが生む著者と読者の新たな出会い

U-NEXTが書籍? なんて思われる方もいらっしゃるかも知れません。 先日、アプリ内で書籍サービスを統合した話も公開しましたが、U-NEXTは以前から映像と合わせて電子書籍も展開してきました。 そして、2020年8月からはもう一歩踏み込み「出版事業」もスタート。これまでは様々な出版社から出された書籍をU-NEXT上で展開していたのに対し、私たち自身も出版社の一つに加わり書籍を作るという挑戦を始めました。 決して数は多くないですが、じっくり一つひとつと向き合い制作していま

56
エモ・ラップ?アイドル?ロック? ひとりでいくつもおいしい17歳のニュー・スター キッド・ラロイ(と、その影の秘訣)

エモ・ラップ?アイドル?ロック? ひとりでいくつもおいしい17歳のニュー・スター キッド・ラロイ(と、その影の秘訣)

どうも。 今日はこういう話をしましょう。 現在、ジャスティン・ビーバーとのコラボになります「Stay」が世界中で大ヒット。これが収録されたことで増強盤EP これですね。これが昨日、全米アルバム・チャートで1位になったばかりの キッド・ラロイ。彼をちょっと、とりあげてみたいと思います。 彼に関して言えば、今年の始め頃から気になってはいて、しかるべきタイミングで特集してみたいなと思っていたのですが、それが今だと思うのでやってみようかと思います。 キッド・ラロイはオース

36
DIYで微生物発電キットをつくろう

DIYで微生物発電キットをつくろう

Akitoshi Nakamura 前回のおさらい森から収穫するものは、きのこ、木材、山菜ですが、それに加えて、電気も収穫してしまおうというプロジェクト。第一弾として、森の土と微生物とともに電気を収穫してみることにしました。 改めておさらいすると、利用する微生物燃料電池というのは「微生物がエサを食べ、体の外に出した電子を電極で回収する」という仕組みです。ホタルのようにLEDをほのかにともしたり、センサー化させたりといろいろな活用方法があります。 エナジーハーベスティング

29
海外のインスタ「UGC」活用事情を調査してみた

海外のインスタ「UGC」活用事情を調査してみた

こんにちは!SNSマーケターのおぐりん(@ogurin__)です。8月1日に、SNSマーケティングのトータル支援を行っている株式会社FinTへジョインしました。転職後も変わらずSNSマーケに関する情報をたくさん発信していくので、今後もTwitterやnote、Substackをチェックしていただけるとうれしいです! 私はSNSが大好きで仕事でもプライベートでもずっとSNSを見て過ごしています。SNSの中でもInstagramが1番好きで、最近は海外のInstagramアカウ

67
目の前の清流

目の前の清流

178
いつか『本当に』結婚出来る日まで

いつか『本当に』結婚出来る日まで

ついつい「新郎新婦」って呼びそうになる。もう口癖になってんだろうな。気をつけなきゃ。 本番前の披露宴会場で自分に言い聞かせる。その日、撮影に入った結婚式には「新婦」がいない。 だから間違えちゃいけない。 新郎新婦って言わないようにな。 でも気をつけるのはそれくらいだ。 新郎が新郎と結婚するだけの話だ。 特別なことは何もない。 そう思っていた。 今、考えるとやはりそれは間違いだ。 ◇ 若い頃、3年程フランスに住んでいた。御多分にもれず始めのうちは友人も出来なかった

1,395
オキーフの雲

オキーフの雲

昨日の夕方、ちょうど空があいたところで自転車を停めました。南の空に浮かんだ雲に思わず心奪われたからです。 自転車の後ろに乗った息子としばらく眺めてから、二人で1枚ずつ写真を撮りました。                      (上:息子 下:母撮影) うろこ雲みたいだねぇ。 これから梅雨があけて夏本番というのに、ここだけ秋の空みたいだと思ったら、うろこ雲は夏にも見られるみたいでした。秋の季語らしいですけれど。 巻積雲、鱗雲。雨が降る前触れ。 そうかこれから雨が降るのか

108
アナウンサーには、なれなかったよ/僕の就活トラウマについて

アナウンサーには、なれなかったよ/僕の就活トラウマについて

<1>「そう!それだよ!」 トントン、と右手でノック。 「失礼します!」といいながら、僕は扉を開けた。 六畳間ほどの広さの部屋に長机が二つ。着席している男性が3人。 その真ん中にいるのは北海道で活躍中のMアナウンサーだ。 僕は一礼して自分の氏名と出身大学を述べる。着席を促され、部屋の中央のパイプ椅子に座るが、ふわふわして、どうにも落ち着かない。 199X年の6月。民放A社のアナウンサー試験。その1次面接の会場だ。 奇跡的に書類選考をかいくぐった僕。だが、いわゆる「マスコミ研

179
親の心子知らず、は永遠で。

親の心子知らず、は永遠で。

#あの失敗があったから 父の日。というのは、分かっていた。 SNSを何気なく見ていても、街中を何気なく歩いていても、「父の日」とか「Father’sDay」の文字が飛び込んでくるから、意識しないでも認識させられる。 ただ今年は、事前にプレゼントも買ってあって、7月の帰省時に渡す事も本人に伝えてあったから、特に何もしないで良いかなって思っていた。 けれど、何もしないのはなーと思って家の中を見渡せば、祖母が送ってくれたスイカのダンボールが目に付いた。 そうだ、スイカの種

77