今日の注目記事

白いワイシャツを着たおじちゃんのチャーハン

たしかラオスだったと思う。 長く続く大きな道を私たちは歩いていた。貧乏旅行でもなかったはずなのに、ヴィラと呼ばれる形式のホテルへ続く道を、永遠かと思うくらい長い道を、私たちは歩いていた。でもたしかトゥクトゥクもタクシーも通っていないような場所だったっけ。 あいかわらず、私は暑さと…

ヒトはいつ出現し、どう進化をたどってきたのか

ここでの論考は、主に、最近出版されたヒトの起源の総説論文(Bergström, A. et al. 2021. Nature 590:229-237)をもとに紹介記事として書かれたものです。ときおりアップデートしたいと思います [ver. 2021.02.28] 人類進化の700万年,200万あるいは20万年史? 『人類進化の700万年』『人類20万年 遙か…

わかりやすく、見やすい図解表現 3つのポイント~かたまり、そろえる、メリハリ

資料作成講座の講師をしております丸尾です。資料だけで話が通じる「一人歩きできる」資料作成の要諦は、わかりやすく、見やすい図解表現(スライドデザイン)にあります。そのためには、クリエイティブ・センスや高度な知識や技ではなく、基本の積み重ねが重要だと考えています。 今回は、見やすい図…

独断と偏見に満ちた愛を語るとき

このnoteの大前提。”心くすぐる愛すべきレトロ”を紹介すること。 ここでの”心くすぐる”とか”愛すべき”とかはもちろん、独断と偏見であって、「少なくともわたしにとっては」という修飾語のついた、愛すべきレトロを紹介している。 レトロ建築を紹介するときに、持ち主の許可を取りに行くのだが…

バーティカルSaaSの原体験 -Contrea編-

■ バーティカルSaaS起業家のみが見える世界 「放射線技師の仕事も、起業してやっていることも同じだと思っています」 国内で唯一、インフォームドコンセント領域でのSaaSプロダクトを提供するContreaの取り組む課題は「テクノロジーで患者さんと医療者をつなげる」こと。 医療現場でも渋谷のコワー…

消息不明の父へ

母親と、一つ屋根の下で暮らした期間が7年しかない。そして、幼い頃に離婚した父親とは、暮らした記憶自体がない。だから、父が写った写真は宝物のように貴重で、大事だ。ただし、恵まれていないとは思っていない。母とは7年も一緒に住めたのだし、離婚後も何度か家にきた父とも面識はある。それだけで…

オードリーのオールナイトニッポンの思い出

僕は「オードリーのオールナイトニッポン」というラジオ番組が大好きです。 いわゆるリトルトゥースというやつです。 毎週この番組を聴くのが生きがいと言っても過言ではないぐらいドハマりしています。 とにかく二人のトークがいつも面白くて、毎週土曜深夜1時は必ず二人の声をradikoの前で聴くという…

鍵を無くした時に呼んだ鍵屋に値切り交渉をした話

1.会社から帰ってきたら家の鍵がなかった  ある秋の夜、20時頃に職場を出た僕は会社の隣の富士そばで夕食を取ると、まだ燦々と輝く霞ヶ関の庁舎群を背に、帰路についた。この日は大きな仕事を終えた夜だった。いつもは自尊心の乏しい僕も、この夜だけは愉快な気持ちで家路についていた。  霞ヶ関か…

ピンクの星型の付箋につづった既読のつかないメッセージ

木曜、夕方。 「ただいま!!」 娘が小学校から帰ってきた。 慌てた様子でランドセルを下ろす。 「ママ、今日遊びにいってもいい?」 娘は同じマンションに住む同じクラスの男の子と仲が良い。 今日はその子と遊ぶ約束をしたようだ。 「うん」 「でも、遊べないかもしれないんだ~」 「??」 遊…

132. 「試合に出れない子ども」がいること自体おかしいんだよ

励ます前に、前提を疑おう 先日、とある方のこんなツイートがタイムラインに流れてきた。 先日の試合。朝から「今日はずっとベンチだー。」「ベンチ、頑張るわ・・」と息子。案の定、1日目は1分も出られず、ずっとベンチ。2日目は得点差がついたため、その試合のハーフだけ出場。帰りの車で、「お母…