今日の注目記事

できそうなことを、すぐやる。

「#自分にとって大切なこと」というお題があったので書いてみようと思います。自分にとって大切なことってなんだろう。すぐ浮かぶのは、「アイデンティティ」とか「時間」なのですが、そうえば、僕の行動原則は「できそうなことを、すぐやる」です。 いつかやってみよう、ではなく、いますぐやる 僕…

新型のコロコロを勝手に考えてみた。

こんにちは。コロコロって便利ですよね。でも、ちょっと不便な点もありませんか?そう、あれです。 コロコロってなんですか?というかた、コロコロコミックではありません。言葉って難しいですね。粘着カーペットクリーナーのことです。 我が家にはカーペットがあり、ハンディタイプのコロコロを使っ…

春を待つ

「今日会ったら次はだいぶ先になるかもな。というか会えるときあるのかな。」 そんなことをぼんやり考えながら私は祖母の家に向かう車から2日前に降った雪の名残を眺めていた。これは、私がいかに薄情な人間で、恩知らずかを忘れないように、愛してくれる人を愛したいという気持ちを忘れないように書…

【インタビュー】わたしの“推し”フォント 第5回 草野 剛(草野剛デザイン事務所) …

いま、私たちは情報の多くを文字から受け取っています。メディアの中心が印刷物からスクリーンに変わってもなお、文字がコミュニケーションのひとつの要であることは変わりません。 「My MORISAWA PASSPORT わたしの“推し”フォント」では、さまざまなジャンルのデザイン、その第一線で活躍するデザイ…

僕は書評が書けない

昔から「書評」を書く人に憧れていた。 「書評」とは、日曜の新聞や書評をまとめたいわゆる書評本に出てくる、1冊を手早くまとめ、その本の意義をそれとなく紹介するあれである。文化人や新聞記者の方が担当していることが多い。 僕は昔からこのコーナーをなんとなくすごいなと思っていた。 だから…

アイラブユーのかたち

息子の保育園に移動動物園が来るらしい。 お母さん、移動動物園でラクダに乗った事あるぜ!と話をしたら、見てみたいというので母にお願いして写真を送ってもらった。 てっきりスマホで撮って送ってくれると思ったら、現物届いてびっくり。 もっと驚いたのは届いた写真が素敵すぎたこと。なんかわか…

壁新聞が教えてくれた地域とのつながり

石巻日日新聞は大正元年(1912年)、石巻市中央2丁目付近の小さな建物で創刊した新聞社です。 当時は全国的な不況風が吹き荒れ、石巻もまた、苦しい経済事情の中で、一般庶民の暮らしは食うのがやっとという厳しい時代。石巻の衰退は日清日露戦争をはさみ、明治40年を頂点に前後30年間にも及び、大正に…

「Natureスマート電気」を始めました

遂に、「Natureスマート電気」という家庭向けに電気を売る事業を始めた。 「Natureスマート電気」では、電気料金が電気の市場価格と連動しているため、安い時間を意識して家電を操作することで、電気代を節約することができる。さらに、2021年5月にはスマートリモコン「Nature Remo」との連携を予定し…

ここが違うよ、紙のデザインとアプリデザイン

こんにちは。 上流から下流まで、ワイドレンジなUXデザイナーを目指しているもりみです。 さて、今日は紙のデザイナーさんが、アプリデザインをする時に気をつけた方が良いと思ったことを書きたいと思います。 1.書体にこりすぎない 美しい書体を使っているデザインや、文字組みが美しいものを見る…

近所のビストロ。家族でやってるゴキゲンな赤い店

うちから歩いて5分かからず四谷四丁目の交差点にくる。 新宿御苑が終わる場所。 新宿三丁目から歩くと徐々に新宿が終わりはじめて四谷の空気がまじりはじめる。あぁ、新宿が終わったんだと感じる場所がこの交差点。 そこに昔「グレース」っていう喫茶店がありました。 朝早くからやってくれてて、そこ…