高山羽根子

SF作家だからといって、何も〈特別〉ではないのだから、もう少し頑張ってほしい。
+4

SF作家だからといって、何も〈特別〉ではないのだから、もう少し頑張ってほしい。

書評:新井素子、冲方丁、小川哲ほか『世界SF会議』(早川書房) タイトルは大げさだが、要は、日本のSF作家プラス海外作家少々による、単なる「リモート会議」で、いたってお手軽である。 『世界SF作家会議』というタイトルに「世界のSF作家が、国連の大会議場に集まって議論する」みたいな、昔風のイメージを抱き、そうした重厚なものを期待したら、確実に裏切られるし、まあ、半分「騙された」と言っても過言ではないだろう。 私は、テレビ番組の方は視ていないのだが、そっちも同タイトルだったの

スキ
5
大森望(編)『ベストSF2020』レビュー
+1

大森望(編)『ベストSF2020』レビュー

『ベストSF2020』 大森望(編)――― いきなり別出版社の本の話ですがw 創元SF文庫で2008年から2019年まで12年間出されてきた『年間SF傑作選』の精神的(?)後継者として、あの(?)竹書房から刊行されたのが本書。2020年の年間ベストSF傑作集です。 編者はご存じ大森望さん。創元版は日下三蔵さんとペアで編纂されていたので、今度は大森望氏単独セレクションの〈ベスト日本SF〉集というカタチです。 2020年と言えば、コロナ禍が始まったばかりのころ。集められた作

スキ
20
高山羽根子『如何様』

高山羽根子『如何様』

好きな友達に似ている雰囲気の人を一瞬で「好意的な人物」にカテゴライズする。好きな音楽を見つけたくてはまったジャンルの音楽を聞き漁り、似たような曲を探す。あの本を初めて読んだ時の感情を得たくて同じような物語を探す。翻訳された物語を原文、本物で読みたいと思う。値段は張るけど、たくさんある同じようなデザインのものではなくて、本物の、あのブランドのあの靴が欲しい。 私は日々偽物や本物を探して、求めている。 ではいったい「本物」とは何なのだろうか。もしも、偽物と本物が寸分違わずできてい

スキ
1
異なる〈公理系〉の共存は可能か?  【増補第3版】(含、小谷野敦批判)

異なる〈公理系〉の共存は可能か? 【増補第3版】(含、小谷野敦批判)

書評:高山羽根子『オブジェクタム』(朝日新聞出版) 本書に対する評価は無論、作者高山羽根子に対する評価も、「面白い」と「まったくわからない(面白くない)」の真っ二つに分かれる傾向があるようだ。 本作のレビューにおいて、「面白い」派を代表するのが、レビュアー「sasa」氏であり、「まったくわからない(面白くない)」派を代表するのが「小谷野敦」氏であろう。 私はどうなのかと言うと、「面白い」派である。 まだ『うどん キツネつきの』と本書の2冊しか読んでいないが、「面白くない」

スキ
3
世界に対する〈謙虚さ〉の長所と短所

世界に対する〈謙虚さ〉の長所と短所

書評:高山羽根子『暗闇にレンズ』(東京創元社) 高山作品は『うどん キツネつきの』『オブジェクタム』につづく3冊目で、私のとっての初の高山長編だが、残念ながら、著者の長所が生かされない作品になってしまっているように思う。 著者の長所とは何か。 私が思うに、それは「テーマや主張を作らない」ということであり、言い変えれば「作者として『この作品は、こういう作品だ』というような作り方をしない」ということになるのではないだろうか。 本書にも、 『 未知江は、あらゆる演出を消し去る

スキ
1
最近読んだ本の話 vol.28

最近読んだ本の話 vol.28

 「最近読んだ本の話」第28弾です。暑くなってきましたね。皆さん、熱中症には気を付けてください。水分補給を忘れずに。私は飲み物が大好きなので、noteを書きながらいつもコーヒー、烏龍茶、緑茶、ハーブティーなどをかぶがぶ飲んでいます。今週も最近読んだ本を3冊ご紹介します。 1、『作家の履歴書』 当代きっての人気作家が、志望動機や実際に応募した文学賞、デビューのきっかけなど、作家になるための方法を赤裸々に語るノンフィクション。作家志望者必読の、様々なデビュー方法が具体的に学べ

スキ
22
大宇宙に開かれた〈小宇宙〉

大宇宙に開かれた〈小宇宙〉

書評:高山羽根子『うどん キツネつきの』(ハヤカワ文庫) 面白いのだが、論じにくい作家だ。 先頃『首里の馬』で「第163回 芥川賞」を受賞した高山羽根子を、私は本作品集で初めて読むのだが、正直なところ、もう何冊か読まないと、この作家の核心的な部分をはっきりとは掴めそうにない。だが、あえて、この作品集から感じたところだけで論じてみよう。 文庫解説者の大野万紀が書いているとおり、本作品集に収められたもののうち、表題作を含む最初の3作(「うどん キツネつきの」「シキ零レイ零 ミ

スキ
1
2021年上半期わたしの10冊

2021年上半期わたしの10冊

1年のまえの半分が終わる その間にわたしは38冊の本と出会いました こうしてたくさんの素敵な本と 出会えることが本当に本当にうれしい その中でも特にわたしの心に残った10冊 紹介させてください 正欲 朝井リョウ 首里の馬 高山羽根子 旅する練習 乗代雄介 氷柱の声 くどうれいん 流浪の月 凪良ゆう 猫を棄てる 父親について語るとき 村上春樹 母影 尾崎世界観 出会い系サイトで70人と実際に会って その人に合いそうな本をすすめまくった 1年間のこと 花田菜々

スキ
17
高山羽根子「うどん キツネつきの」書評

高山羽根子「うどん キツネつきの」書評

今週2本目の書評は、竹中菜南子さんです。 高山羽根子「うどん キツネつきの」(大森望・伴名練編『2010年代SF傑作選2』収録) 評者:竹中菜南子  なぜ人は動物を飼うのか。人間が動物を飼うということはとても苦労の多いものである。餌を毎日与え、散歩に行けば糞を拾う。病気になったら病院に連れていき、治してもらう。お金がかかる上に、自分の時間を取られてしまう。しかし人間は動物を飼いたいと思う。この作品ではなぜ人間は動物を必死に育てようとするのか、ということがSFと織り交ぜら

スキ
3
最近読んだ本の話 vol.18

最近読んだ本の話 vol.18

 「最近読んだ本の話」の第18弾です。GWも終わって日常生活が戻ってきたけど、相変わらず緊急事態宣言が出ている中で、引きこもるには読書はいいですね。本があって良かった!と思う毎日です。今週も最近読んだ本を3冊ご紹介します。 1、又吉 直樹『人間』 僕達は人間をやるのが下手だ。 38歳の誕生日に届いた、ある騒動の報せ。 何者かになろうとあがいた季節の果てで、かつての若者達を待ち受けていたものとは? 初の長編小説にして代表作、誕生!! 「変な話だが、自分が小説を書くことに

スキ
24