七つのロータス 第13章 サイスIV

壊走する敵を追撃して勝利をより確かなものにする余裕は帝国軍にはなかった。
 サイスは敵の戦列が崩れ、敵が次々と背を向け始めたところで、もう一度戦列を整えるよう命じた。抵抗する敵の強弱によって、再び戦列に乱れが生じていたのである。その間サイスは再び遊撃兵を率いて、踏みとどまる敵を撃破した。もはや敵には戦列と呼べる物はなく、あちらこちらで百人規模で敵の一団が帝国軍の正面に対峙しているのみ。彼等も後方に

もっとみる
ありがとうございます!躍り上がって、喜んでおります。

リハビリ10 雪と手袋

※長文です。お時間がある時にどうぞ。

冷えてきたと思ったら、夜の内に雪が降ったらしい。
と言っても、春樹達が幼かった頃に比べたら、雪が降る頻度も積雪量も、遥かに少なくなった。
毎年降るには降るのだが、こうして数cm積もるのは数年ぶりである。
(1、2、3、4、5、6……)
春樹はそんな庭で、竹刀を手に素振りをしていた。
(今年いっぱいと来年の年始は、雪花とゆっくり過ごす為に稽古をサボってたのに!

もっとみる
ぼっけぇ嬉しい♡

奥磐梯五色沼へ

日本各地に「奥」がつく場所がある。
単に「奥」が名前に入っているのではなく,「里から離れて山あいの」という意味の地名だ。奥日光,奥武蔵,奥出雲など。
ここ奥磐梯もそのひとつ。そして,ここには有名な五色沼がある。

 郡山から磐越西線で猪苗代で降りる。
駅から少し猪苗代湖方面にいったところに道の駅。ここで昼食をとることにした。

「ええとどっちだろ。ここ,ラーメンなんかだよね。」
「あっちにもあるよ

もっとみる
わーい。スキがもらえた〜。ありがと〜

小説家を目指すサラリーマンの365日 #268 - 269

ゲロゲロで倒れていたゲロ。

変な夢をたくさん見た。

鍵盤を持ったアイドルになったり(大きな会場で手を振りながら、ライブ中にもかかわらずメンバー同志で喧嘩になる)、数多の部員がいるバレーボール部に所属したり(過去の知り合いや友人がなぜか紛れ込んでいた)

エンジョイ学生なんだなあと思いきや、起きたら、ただのサラリーマンでござんした。

トトロ曰く、歩こう歩こう、だそうです。

私は元気。

いつもありがとうございます。
1

キャラメルの海 2

あなたと出逢ったその時、わたしは、玉川上水で愛人と心中したあの小説家が美しくもこう評していた「残酷な一六歳の処女」だった。
そしてあなたは「残酷な一六歳の処女」にとって唯一絶対の神となった。 美術館のフロアに忘れ去られていた携帯電話の持ち主がMademoiselle fatale≪彼女≫だと、そしてそれを拾ったのがわたしを地上で溺れさせたMonsieur fatal≪彼≫ だと、わたしたちははじめ

もっとみる

#逆噴射小説大賞2019 ふりかえりチャット2 を開催しました。

よく来たな。お望月さんだよ。
2019/12/7(土)に逆噴射小説大賞2019ふりかえりチャット会を開催しました。

今回は、二次選考突破作品を中心に読書会を行い、その他、もろもろの雑談をしてワイワイとヤることができました。自薦読書会で俎上に上がった作品については、忌憚のない意見が交わされ作者さんにも刺激になったのではないかしら。

トピック

逆噴射先生のアフターケアの強さ

コンテストゆえに選

もっとみる
お倒産スイッチ「ぬ」「抜け出しちゃおうよ」
4

05

ありがとうございま~す( ≧∀≦)ノ

岬の風呼び

海辺の坂道を登ると、そこは岬になっていた。
遮るものは何もない。
大きく広がる海と空だけがあった。
ふと先を見ると、岬の崖っぷちに、一人の少年が座っていた。
黒髪が、時折吹く弱い風になびく。
「君、そんな所に座って危ないよ」
そう声をかける。
少年はゆっくりと振り返った。
「おいらは風。岬の風呼びさ」
真っ白な肌に真っ黒の髪、薄緑の服。
手には大人の手のひら程の大きさの鈴を持っていた。
「風呼び…

もっとみる

『太陽を探す』at 1

「童話、インコと餅。ある所にインコの群れがいました。群れは、雨粒が水面を叩く時の音や、コオロギの羽音などを真似しながら楽しそうに飛び回っていました。インコは声帯が発達してますから、表現能力に長けていました。ある雄の一羽が、雌の一羽に惚れ、愛を伝えようとしました。だけれど、インコは声帯があるものの、知能が乏しいので何かの鳴き声や音を真似する事しかできません。雄のインコは長い時間をかけて方法を考えまし

もっとみる

掌編小説 - オト -

わたしは
ヒトの目には見えない。

しかし
ヒトは私を感じることができる。

ヒトの多くは目に見えることを信用し
見えないものを信じるヒトは少ない。

それなのにどうして
ヒトはわたしの存在を疑わないのだろう?
とても不思議だ。

わたしは
物体が触れ合うことで生まれる。

触れ合う強さ、速さ、組み合わせが
わたしを変化させる。

衝突 擦る 引っ掻く 吹く 落とす 投げる 回す

ヒトがわたし

もっとみる
嬉しいです♪ありがとうございます!
2