KAZE

「神秘学遊戯団」は1991年スタート。シュタイナーのほか、諸テーマを横断。 HP ht…

KAZE

「神秘学遊戯団」は1991年スタート。シュタイナーのほか、諸テーマを横断。 HP https://r5.quicca.com/~steiner/novalisnova/    Facebook https://www.facebook.com/kazenotopos

マガジン

  • 神秘学ポエジー【風遊戯】photopos

    神秘学的な内容を写真と言葉で、「遊戯」していくシリーズ。

  • 神秘学ポエジー【風遊戯】mediopos

    本を中心としたメディアを神秘学的な視点で読みながら「遊戯」していくシリーズ。

最近の記事

わからないといえるところから

☆photopos-3571  2024.6.18 わかっている と思いたい 思われたい わからないとは 思えない 思いたくない そんなところからは わかることは はじまらない わからない というところ わかろう とするところから わかることは はじまる わかることを はじめるために 未知の曠野へ 赴く者は 幸いである その孤独の種からこそ 稔りはもたらされるから *愛媛県久万高原町・古岩屋にて

    • 土居健郎「人間理解の方法————「わかる」と「わからない」」(『最終講義 学究の極み』)

      ☆mediopos3501  2024.6.18 手元に1997年実業之日本社からでている 『最終講義』という一冊がある 今回(五月)角川ソフィア文庫から 『最終講義 学究の極み』『最終講義 挑戦の果て』 という二冊がでているが これは二〇二二年に刊行された『増補版日本の最終講義』が 分冊の上文庫化されたもの 上記の『最終講義』以降に行われた講義をはじめ そこには収められていない講義も収録されている 以下そのなかから 土居健郎の「人間理解の方法———— 「わかる」と「

      • どの世界を生きているか

        ☆photopos-3570  2024.6.17 光にふれるひとは 光を紡ぐ 光にふれようとしないひとに その世界は紡げない 光で紡がれた世界を 想像することさえできないままに 虫を見るひとには 虫の世界がひらかれる 虫を見ないひとに その世界はみえない 虫が見る世界を 想像することさえできないままに 作るひとは ポイエーシスを生きる 作らないひとに その世界は存在しない 作ることで開示される世界を 想像することさえできないままに 愛するひとは 愛を生きる

        • ユクスキュル『生物から見た世界』『生命の劇場』/保坂和志「鉄の胡蝶は記憶を歳月を夢は彫るか71」(『群像』)/グレーバー 『万物の黎明』

          ☆mediopos3500  2024.6.17 ユクスキュルの『生物から見た世界』は mediopos-2343(2021.4.16)でとりあげているが その「環世界」という視点は 主-客という認識の問題にも深く関わり さまざまな動物の世界における「環世界」の他にも ひとりひとりの人間にとっての「環世界」という 主観的現実についての視点も加えられているのが興味深い ひとりひとりの見ている世界が 客観的現実としてだれにも同じように現れていると信じる 素朴実在論的な見方

        わからないといえるところから

        • 土居健郎「人間理解の方法————「わかる」と「わからない」」(『最終講義 学究の極み』)

        • どの世界を生きているか

        • ユクスキュル『生物から見た世界』『生命の劇場』/保坂和志「鉄の胡蝶は記憶を歳月を夢は彫るか71」(『群像』)/グレーバー 『万物の黎明』

        マガジン

        • 神秘学ポエジー【風遊戯】photopos
          1,264本
        • 神秘学ポエジー【風遊戯】mediopos
          1,264本

        記事

          魔法の言葉で世界は歌う

          ☆photopos-3569  2024.6.16 水の神話は 創造の起原を語る 原初の海は 言葉をつくる 音の波の集まり つまり弦 弦がふるえ 音の波が重なり響きあい そこから光が生まれた 言葉は光る音 そして音と光は律動し 歌いはじめる すべてのものは 歌でできているから たとえ歌が 忘れられてしまう そんなときがきても 魔法の言葉さえあれば 世界はまた歌いはじめる 詩人は その魔法の言葉を 見つけださねばならない 石たちのなかに 植物たちのなかに 動

          魔法の言葉で世界は歌う

          小林道憲「共鳴する宇宙」(『生々流転の哲学』)/中村雄二郎『かたちのオデッセイ』/アレクサンダー・ラウターヴァッサー『ウォーター・サウンド・イメージ』

          ☆mediopos3499  2024.6.16 mediopos3493(2024.6.10)では 小林道憲『生々流転の哲学』から 「ヘラクレイトス」をとりあげたが 今回は同じ「1 万物流転」から 「共鳴する宇宙」をとりあげる この章では 「宇宙は無数の要素の共鳴世界」であって 「多くの音の振動や位相が同期し」 「弦と弦が共振するように」 「われわれ地球上の生命体も、 この宇宙のリズムと共振している」 ことが示唆されているが その視点は クラードニ(1756ー1872

          小林道憲「共鳴する宇宙」(『生々流転の哲学』)/中村雄二郎『かたちのオデッセイ』/アレクサンダー・ラウターヴァッサー『ウォーター・サウンド・イメージ』

          鏡に映る姿

          ☆photopos-3568  2024.6.15 わたしは 水鏡に映る じぶんの姿を じぶんだと思って 生きているけれど 水の面は ときに 風をうけ 千々に乱れもする わたしは あなたに映る じぶんの姿を じぶんだとは思わずに 生きているけれど あなたという鏡は ときに わたしの言葉で 激しく歪んだりもする どんなに乱れ 歪んだとしても それはわたしを映しているけれど 風なき湖面のような鏡に じぶんを映せますように *愛媛県総合運動公園にて

          鏡に映る姿

          石井ゆかり「星占い的思考52 フォゲット・ミー・ナット」(『群像』2)/ケン・ウィルバー『インテグラル・スピリチュアリティ』/カルロス・カスタネダ『時の輪』

          ☆mediopos3498  2024.6.15 感情というのは厄介極まりないが 思考や意志と関係した感情もふくめ ひとはその生のほとんどを感情とともに過ごす いかに感情を豊かにするかということ 意識化し制御できるかということが 最重要の課題だといえそうだ 注意が必要なのは 感情が豊かであるということと 感情的になりやすいということとは 逆だということである 感情的になりやすいのは むしろ感情が未熟でその器が小さいため 器からすぐに感情があふれてしまうことにすぎない

          石井ゆかり「星占い的思考52 フォゲット・ミー・ナット」(『群像』2)/ケン・ウィルバー『インテグラル・スピリチュアリティ』/カルロス・カスタネダ『時の輪』

          生きるために

          ☆photopos-3567  2024.6.14 生きるために  のどをうるおす水と  いのちをうるおす水と 見るために  照らされる光と  生みだされる光と 学ぶために  知るための言葉と  詠うための言葉と 作るために  かたちを習う手と  自由に遊ぶ手と   変わるために  流れる時間と  生きられる時間と 愛するために  求める姿と  与える姿と 祈るために  願う心と  捧げる心と *愛媛県久万高原町・古岩屋にて

          生きるために

          東畑開人「贅沢な悩み 連載第7回 4章 臨床心理学の二柱の神——生存と実存」『文學界』

          ☆mediopos3497  2024.6.14 東畑開人が「文學界」で連載している 「贅沢な悩み」の第7回 第1回から第5回までは 第1回:mediopos3310(2023.12.10) 第2回:mediopos3343(2024.1.12) 第3回:mediopos3376(2024.2.14) 第4回:mediopos3409(2024.3.18) 第5回:mediopos3432(2024.4.10) でとりあげている 第6回はこの連載の向かうところが 少しば

          東畑開人「贅沢な悩み 連載第7回 4章 臨床心理学の二柱の神——生存と実存」『文學界』

          孤独の深みのなかで

          ☆photopos-3566  2024.6.13 孤島には 独自の生態系があるように 孤独にも 独自の生態系がある 孤独のなかで 独自の進化を遂げた 言葉たちがあり 言葉を溯っていくと 別の島の言葉と どこかで繋がっていたりもするのだが 見かけは同じでも 意味は必ずしも同じではなく それは孤独のなかでしか 得られない言葉かもしれない けれども 孤独の深みのなかでこそ 繋がることのできる言葉が ありはしないだろうか 言葉の姿や 仮面のような意味を超え 通底した大

          孤独の深みのなかで

          小笠原鳥類『吉岡実を読め!』/『吉岡実詩集』/『小笠原鳥類詩集』

          ☆mediopos3496  2024.6.13 小笠原鳥類は一九七七年生まれの詩人である 誰にも似ていない詩を書く 彼は詩は魚であるといっているそうだ 最初の詩集は『素晴らしい海岸生物の観察』(2004年) 鳥類なのになぜ魚なのかといえば 魚を狙う鳥だからだとかいう(笑) 小笠原鳥類の詩を読むようになったのは 入沢康夫が上記の詩集の帯にある 「この新しい詩人の自然物(生物、わけても鳥)への こだわりようはどうだ。筆名までもが鳥類だとは!  その驚くべきこだわりが超絶

          小笠原鳥類『吉岡実を読め!』/『吉岡実詩集』/『小笠原鳥類詩集』

          これは詩として書かれてはいない

          ☆photopos-3565  2024.6.12 はじめに詩があるのではない 詩として読まれる言葉が そこにあるだけだ 詩として書かれていなくても 詩として読まれる言葉はあるけれど 詩として書かれていても 詩とは読めない言葉のいかに多いことか こうして詩のように行分けで書かれていても これは詩として書かれてはいないし 詩として読まれる必要もないように 詩人も芸術家も哲学者も はじめから彼らが それとして存在しているのではない 詩として読まれる言葉があり 芸術とし

          これは詩として書かれてはいない

          文月悠光(連載書評 文一の本棚)「石原吉郎『石原吉郎詩文集』」(『群像』)/野村喜和夫『証言と抒情 詩人石原吉郎と私たち』

          ☆mediopos3495  2024.6.12 石原吉郎は 「詩は、「書くまい」とする衝動なのだ」としながら 一九七七年六十二歳の晩年まで詩を書きつづけた 文月悠光は一九九一年生まれの詩人だが 『群像』の「連載書評 文一の本棚」で 『石原吉郎詩文集』をとりあげている ひとは必ずしも年齢ではなく それぞれの体験の質はひとの数だけあるだろうが 三十代の文月悠光にとって そしてその「詩」の言葉にとって 石原吉郎の「沈黙と失語」は どのように位置づけられ得るのだろう そんな

          文月悠光(連載書評 文一の本棚)「石原吉郎『石原吉郎詩文集』」(『群像』)/野村喜和夫『証言と抒情 詩人石原吉郎と私たち』

          秘儀の公開はすでに自明である

          ☆photopos-3564  2024.6.11 秘儀の公開は すでに自明である 秘儀はすでに 現代人にとっては 智慧を得る源とさえなりつつある 秘密を漏らす者は 死をもって 贖わなければならない そんな時代は去った それが残っているのは 政治と経済の世界くらいだろう 危険な人物は それと知られず あるいは見せしめとして 死を迎えることになるように・・・ しかしながら 自明となった秘儀の公開だが 公にされていても それに気づく者は稀である たとえ気づいたとして

          秘儀の公開はすでに自明である

          竹下節子『オカルト2.0 西洋エゾテリスム史と霊性の民主化』/「科学はフェイクで、魔術がリアル? 大学で「魔術とオカルト科学」を学ぶ意義」((「WORKSIGHT」)

          ☆mediopos3494  2024.6.11 昨今「Web 2.0」という言葉が 使われたりもするように 「オカルト」も これまでとは異なったあり方 認識のされ方が求められるのではないか というところから 竹下節子『オカルト2.0』という著作が書かれている 副題に「西洋エゾテリスム史と霊性の民主化」とあるように 秘められた高次の智慧のようなものとして 限られた人間だけに可能な「霊性」をとらえるというよりも これまでのエゾテリスムの歴史を踏まえながら 「民主化」された

          竹下節子『オカルト2.0 西洋エゾテリスム史と霊性の民主化』/「科学はフェイクで、魔術がリアル? 大学で「魔術とオカルト科学」を学ぶ意義」((「WORKSIGHT」)