KAZE

「神秘学遊戯団」は1991年から。シュタイナーをメインテーマに、現在は幅広いテーマで。 HP https://r5.quicca.com/~steiner/novalisnova/    Facebook https://www.facebook.com/kazenotopos

KAZE

「神秘学遊戯団」は1991年から。シュタイナーをメインテーマに、現在は幅広いテーマで。 HP https://r5.quicca.com/~steiner/novalisnova/    Facebook https://www.facebook.com/kazenotopos

    マガジン

    • 風の歌☆My Favorite Songs

      ジャンルを問わず、お気に入りの歌を紹介していくシリーズ。YouTubeで視聴できます。

    • 神秘学ポエジー【風遊戯】photopos

      神秘学的な内容を写真と言葉で、「遊戯」していくシリーズ。

    • 神秘学ポエジー【風遊戯】mediopos

      本を中心としたメディアを神秘学的な視点で読みながら「遊戯」していくシリーズ。

    • ジョニ・ミッチェルを聴く

      ジョニ・ミッチェルの全21枚のアルバム(1968-2007)から、時代を追いながらその音楽を聴いていきます。ガイドは以下の本。 ■五十嵐正監修  『ジョニ・ミッチェル アルバム・ガイド&アーカイヴス』  (シンコーミュージック・エンタテインメント 2021.2)

      • 風の歌☆My Favorite Songs

      • 神秘学ポエジー【風遊戯】photopos

      • 神秘学ポエジー【風遊戯】mediopos

      • ジョニ・ミッチェルを聴く

    最近の記事

    再生

    ☆風の歌689 テネブレ「ホルスト:In the bleak midwinter」

    ☆風の歌:My favorite songs689 テネブレ「ホルスト:In the bleak midwinter」 ●テネブレ(Tenebrae) ・元キングズシンガーナイジェルショートによって設立された ロンドンを拠点とするボーカルアンサンブル。 ○グスターヴ・ホルスト(Gustav Holst) ・1874年9月21日 - 1934年5月25日 ・イギリスの作曲家。 ○歌詞:クリスティーナ・ロセッティ(Christina Georgina Rossetti/1830-1894) ※In The Bleak Midwinter  クリスティーナ・ロセッティとグスターヴ・ホルストの曲 ◎Holst - In The Bleak Midwinter - Tenebrae conducted by Nigel Short Sopranos: Isabella Gibber, Rachel Haworth, Hannah King, Rosanna Wicks Altos: Amy Blythe, Elisabeth Paul, Anna Semple, Joy Sutcliffe Tenors: Jacob Ewens, Nicholas Madden, Tom Robson Basses: Joseph Edwards, Simon Grant, Thomas Herring, Thomas Lowen Director: Nigel Short Shot at St Bartholomew-the-Great, London in November 2023 https://www.youtube.com/watch?v=cBCYZ9jIJkI 〈In The Bleak Midwinter〉 In the bleak mid-winter Frosty wind made moan, Earth stood hard as iron, Water like a stone; Snow had fallen, snow on snow, Snow on snow, In the bleak mid-winter Long ago. 寒々とした真冬のさなか 凍てつく風がうめき声をたてる。 大地は鉄のように硬く 水さえも石のよう。 雪は降り積もる、ずんずん ずんずんと。 寒々とした真冬のさなか 昔むかしのこと。 Our God, Heaven cannot hold Him Nor earth sustain; Heaven and earth shall flee away When He comes to reign: In the bleak mid-winter A stable-place sufficed The Lord God Almighty, Jesus Christ. 我らの神を、天も留め置けず 地も支え得ない。 天も地もいずれ逃げ去るだろう やがて主の御代(みよ)となるときには。 だが今は寒々とした真冬のさなか 馬小屋の中で満ち足りておられる。 万能の神なる主 イエス・キリストが。 Enough for Him, whom cherubim Worship night and day, A breastful of milk, And a mangerful of hay; Enough for Him, whom angels Fall down before, The ox and ass and camel Which adore. 主は乏しいことがない、智天使に 夜も昼も礼拝されるお方には ミルクに満ちた乳房に 干し草に満ちた飼い葉桶がある。 主は乏しいことがない、天使たちも その御前に倒れ伏すお方には 牛とろばとらくだが かしずいている。 Angels and archangels May have gathered there, Cherubim and seraphim Thronged the air - But only His mother In her maiden bliss Worshipped the Beloved With a kiss. 天使たちと大天使たちが この場に寄り集い 智天使たちと熾天使たちが 大気にひしめく。 ただ主の母君だけが すなわち至福のおとめが 最愛の御子を礼拝した 口づけでもって。 What can I give Him, Poor as I am? If I were a shepherd I would bring a lamb; If I were a wise man I would do my part; Yet what I can, I give Him - Give my heart. 主に何をさしあげられるだろう わたしのように貧しいものは。 もしもわたしが羊飼いなら 子羊を持っていくのに。 もしもわたしが賢者なら、 その才知を役立てるのに。 今はわたしにできることをさしあげよう わたしの心をさしあげよう。

      • 世界の外を召還する

        ☆photopos-3007  2022.12.2 闇のなかにいるとき 闇の外は見えないから わたしはじぶんのなかに 光を見つけようとする 光のなかにいるとき 光の外は見えないから わたしはじぶんのなかの 闇を見つめようとする 言葉のなかにいるとき 言葉の外は見えないから わたしは言葉にならないリアルへと じぶんをひらこうとする 世界のなかにいるとき 世界の外は見えないから わたしは世界の矛盾を召還し 生きてみようとする わたしのなかにいるとき わたしの外は見えない

        • 郡司ペギオ幸夫『かつてそのゲームの世界に住んでいたという記憶はどこから来るのか』

          ☆mediopos2937  2022.12.2 わたしはどこにいるのだろう わたしのいる世界に その「外」はないのだろうか そんなことをおりにふれてよく考える 考えるというよりも 感じるといったほうがいいかもしれない わたしが仮想世界に住んでいるとする その世界はその世界で完結していて そこから「外」に出ることはできないのだが たとえばその仮想世界がゲームの世界だとすると その世界の外にはプレイヤーがいる 仮想世界のなかのわたしはアバターで アバターには「外」の世界

          • 再生

            ☆風の歌688 Apollo5「ジェームス・マクミラン:O Radiant Dawn」

            ☆風の歌:My favorite songs688 Apollo5「ジェームス・マクミラン:O Radiant Dawn」 ●Apollo5: ・イギリスのヴォーカル・アンサンブル Penelope Appleyard Clare Stewart Joshua Cooter Oliver Martin-Smith Greg Link ○ジェームス・マクミラン(James MacMillan) ・1959年7月16日、イギリス キルウィニング出身 ・スコットランドの古典的な作曲家兼指揮者。 ※O Radiant Dawn:ジェームス・マクミランによるモテット ◎Apollo5: O Radiant Dawn - James MacMillan https://www.youtube.com/watch?v=5drCQq73ZBE

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 風の歌☆My Favorite Songs
            KAZE
          • 神秘学ポエジー【風遊戯】photopos
            KAZE
          • 神秘学ポエジー【風遊戯】mediopos
            KAZE
          • ジョニ・ミッチェルを聴く
            KAZE

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            今を同時に生きる 無数のわたし

            ☆photopos-3006  2022.12.1 わたしのなかには 生まれてから いままでの すべてのわたしが 生きているから わたしは 子どもでも おとなでもない 無数のわたしとして 今を同時に生きている わたしのなかには 生まれるまえも 死を迎えたあとも すべてのわたしが 生きているから わたしは わたしであって わたしではない 無数のわたしとして 今を同時に生きている 時空を超えて旅する わたしという魂に みずからを 永遠へと導く光が 見つかりますように

            北山耕平『北山耕平 青春エッセイ集 ――抱きしめたい』

            ☆mediopos2936  2022.12.1 七〇年代のカウンターカルチャーに関わり ネイティブ・アメリカン文化を紹介してきた 北山耕平の二〇代の冒険記である 細野晴臣・佐野元春・ピーターバラカンも 本書の「推薦文」を寄せている 北山耕平にとって「日本人」は 「アメリカ・インディアンの部族の一つ」のようであり そうとらえることで「枠組みであり、牢屋みたいな」 「日本的なもの」を超えようとしてきた ぼくが北山耕平の名をはじめて知ったのは 「ネイティブ・マインド」(地

            再生

            ☆風の歌687 アビ・カプラン「When I'm A Fool」

            ☆風の歌:My favorite songs687 アビ・カプラン「When I'm A Fool」 ●アビ・カプラン(Avi Kaplan) ・1989年4月17日、アメリカ合衆国 カリフォルニア州 バイセイリア− ・元ペンタトニックスのメンバーとして活躍した、シンガー・ソングライター ◎Avi Kaplan - When I'm A Fool (Live at Sunset Sound) Recorded live at Sunset Sound 06/16/22. "When I'm A Fool" was written by Avi Kaplan & Kaleb Jones. https://www.youtube.com/watch?v=LE24UTH3pmQ Lyrics: Darling I’m ashamed Wish I could change The things I said That caused you pain Fire in my eyes that made you cry Filled up all the oceans And swallowed all my pride And it sunk to the bottom of the sea Yeah I swear it’ll stay there in the deep And I know I wasn’t right Don’t be mistaken I’ll tell the truth when I’m a fool When I’m a fool I give to you my word That I will serve You like my queen Your praises I will sing My love for you is older than a stone Stronger than a mountain And like a river flows Right down to the bottom of the sea Yeah it rolls with my pride in that deep But when I know that I’m not right When I’m mistaken I will always tell the truth when I’m a fool When I’m a fool Darling I’m ashamed Wish I could change The things I said That caused you pain Fire in my eyes that made you cry Filled up all the oceans And swallowed all my pride And it sunk to the bottom of the sea Yeah I swear it’ll stay there in the deep And I know I wasn’t right Don’t be mistaken I’ll tell the truth when I’m a fool When I’m a fool When I’m a fool When I’m a fool When I’m a fool

            わたしたちは 言葉の乗り物だ

            ☆photopos-3005  2022.11.30 わたしたちは 言葉の乗り物だ 言葉は わたしたちを使って 世界をつくりあげる 言葉を覚えることは 世界をつくることだ わたしたちは 言葉なしでは 世界を生きられない 言葉を覚えると もう言葉のない世界に 還ることはできなくなる 言葉から自由になるためには 世界を解消しなければならないから 言葉をすべて 忘れてしまったとき 世界はどんな姿をしているのだろう ※愛媛県内子町・小田深山渓谷にて

            中井久夫『私の日本語雑記』

            ☆mediopos2935  2022.11.30 今年八月に亡くなった精神科医・中井久夫が 二〇〇六年七月から二〇〇九年五月まで 一か月おきに雑誌『図書』に連載していた日本語論 「ポール・ヴァレリーの研究者となるか 科学者、医者となるかかなり迷った」 とも語っているように 文学や歴史・哲学にも通暁している ギリシャの詩人カヴァフィスの 全詩集などの翻訳もあり そうした言葉への意識が 精神科医としての視点で深められながら この日本語論は語られているようだ そのなかから

            再生

            ☆風の歌686 マット&サバナ・ショー「Dear Fear」

            ☆風の歌:My favorite songs686 マット&サバナ・ショー「Dear Fear」 ●マット&サバナ・ショー(Mat and Savanna Shaw) ・ユタを拠点とするアメリカのミュージカルデュオ(マシュー・ショーと彼の娘のサバンナ・ショー) ・2020年のCOVID-19パンデミックの開始時にミュージックビデオのリリースを開始(ファースト・アルバム『Picture This』)。 ◎Mat and Savanna Shaw - Daddy Daughter Duet:Dear Fear https://www.youtube.com/watch?v=nxrTdP97yXI

            物語の内と外で

            ☆photopos-3004  2022.11.29 信じることで 救われるとき 信じるという物語ははじまる 信じられなくなるまでの 信じないことで 救われるとき 信じないという物語ははじまる 信じることができるまでの 信じていたのに 裏切られたというとき それまで生きていた物語は途絶える あらたな物語は生きられるだろうか 信じていなかったのに 信じられることがわかったとき それまで生きていた物語は変わる その物語の続くときまで ※愛媛県北宇和郡松野町「滑床渓谷」

            ジョナサン・ゴットシャル『ストーリーが世界を滅ぼす――物語があなたの脳を操作する』

            ☆mediopos2934  2022.11.29 「陰謀論」という物語がある これだけをとってみても 「物語」をただ信じ それに従ってしまうのは危険だというのがわかる 「陰謀論」があるという物語を信じることも 「陰謀論」とされる内容の物語を信じることも どちらにせよそれぞれの根拠は それぞれの「物語」にあり それらの物語をただ信じるのは短絡的な思考からくるものだ 片方を正しいとすれば片方は間違っているというように 白か黒かということになる すべては相対的であるというの

            再生

            ☆風の歌685 VOCES8「ジョナサン・ラスボーン:The Oxen」

            ☆風の歌:My favorite songs685 VOCES8「ジョナサン・ラスボーン:The Oxen」 ●VOCES8(ヴォーチェス・エイト) ・イギリスの声楽グループ。2005年結成。 ○ジョナサン・ラスボーン(Jonathan Rathbone) ◎VOCES8: The Oxen - Jonathan Rathbone VOCES8 performs Jonathan Rathbone's evocative carol, 'The Oxen' in St Vedast Church, London. Poetry by Thomas Hardy: https://www.youtube.com/watch?v=d5zCQvLZ4j8 Christmas Eve, and twelve of the clock. “Now they are all on their knees,” An elder said as we sat in a flock By the embers in hearthside ease. We pictured the meek mild creatures where They dwelt in their strawy pen, Nor did it occur to one of us there To doubt they were kneeling then. So fair a fancy few would weave In these years! Yet, I feel, If someone said on Christmas Eve, “Come; see the oxen kneel, “In the lonely barton by yonder coomb Our childhood used to know,” I should go with him in the gloom, Hoping it might be so.

            じぶんのほんとうの歌を求めて

            ☆photopos-3003  2022.11.28 心の帰ってゆく 場所がみつからないから わたしは 歌に心を投げいれる だれかのつくった 歌だけど それをじぶんの歌にする じぶんのほんとうの歌は みつからないまま どこにもない場所をさまよいながら 心のかたちが どうしてもみえないから わたしは 物語に心を語らせてみる だれかのつくった 物語だけど それをじぶんの物語にする じぶんのほんとうの物語は みつからないまま いまだかたちにならない心を携えながら ※愛

            岡本おさみ『旅に唄あり 復刻新版』

            ☆mediopos2933  2022.11.28 岡本おさみの名は 70年代前半のフォークソングの作詞家として いまも記憶にたしかに刻まれている 記憶にある作詞は 吉田拓郎/森進一の「襟裳岬」 吉田拓郎の「旅の宿」「落陽」「祭りのあと」 南こうせつの「愛する人へ」 長谷川きよし「ひとりの女に」など おそらく岡本おさみにしか書けない詞だし 作曲家・歌い手がそのことばと深く共振することで それらははじめて楽曲になることができたのだろう 70年代前半にはそんな歌がたくさん生

            再生

            ☆風の歌684 マグダレーナ・コジェナー「J.S.バッハ:マタイ受難曲より"憐みたまえ わが神よ"」

            ☆風の歌:My favorite songs684 マグダレーナ・コジェナー「J.S.バッハ:マタイ受難曲より"憐みたまえ わが神よ"」 タルコフスキーの映画からの映像を背景に、マグダレーナ・コジェナーの歌う、バッハの『マタイ受難曲』のアリア"Erbarme dich, mein Gott"を。 ※『アンドレイ・ルブリョフ』 Андрей Рублёв (1967年)、『鏡』 Зеркало (1975年)、『ストーカー』 Сталкер (1979年)、『ノスタルジア』 Nostalghia (1983年)、『サクリファイス』 Offret (1986年)  ●マグダレーナ・コジェナー(Magdalena Kožená) ・1973年5月26日、チェコスロバキア出身のメゾソプラノ歌手。 ○Johann Sebastian Bach:  『マタイ受難曲』(BWV 244)よりアリア:"憐みたまえ わが神よ(Erbarme dich, mein Gott)" ◎BACH - "ERBARME DICH, MEIN GOTT" - MAGDALENA KOZENÁ - SAINT MATTHEW PASSION Ária "Erbarme dich, mein Gott" St. Matthew Passion, BWV 244 Johann Sebastian Bach Magdalena Kozená - Mezzo-soprano Musica Florea On authentic instruments Directed by Marek Stryncl A tribute to filmmaker Andrei Tarkovski Pictures from the movies: 0:01 - Andrei Rublev 0:30 - Andrei Rublev 1:18 - Nosthalgia 1:53 - Nosthalgia 2:33 - Stalker 3:07 - Stalker 3:48 - The Mirror 4:22 - Nosthalgia 5:02 - The Sacrifice 5:43 - The Sacrifice https://www.youtube.com/watch?v=DQUYZHKnn58