読書

私はよく本を読む

超インドアな私は小学生の頃から友達と遊ばずに家で本を読んでいた
周りの友達は「なっちゃん!今日〇〇公園に集合ね!!」とか誘ってくれていたけど捻くれていた私は「本読むから行かない」とよく断っていた(酷い)

そんな私が読書にハマったときの話をする

私は1人っ子で親は両働きだから帰ると家で私を待っていたのは愛犬と熱帯魚だけだった
家にいてもすること無いしお金ないし暇だなあ
なにし

もっとみる

稼ぐ力をつけたい人へオススメの本3選

こんにちは。小野由衣子です。

以前、『魚の釣り方を教えてくれた人』というのを書きました。
人生で大事なことは、お金そのもではなく、お金を生み出せる自分自身だという事を書きました。

今日はその続きで、稼ぐ力をつけたい人におすすめの本3選について書きたいと思います。

◆金持ち父さんのキャッシュフロークワドラント
この本に出会ったのは、もうかれこれ15年ほど前です。
社会人2年目で、当時の読書とい

もっとみる
有難うございます😘
1

#88 読んでいない物を手放した時、凄い本が出てきた。 2021.5.7

僕の魂とあなたの魂に揺るぎない火がともりますように…

SNS断食34日目
(※この期間は自分との対話している期間なので投稿もしない予定でしたが、誰かの参考になればと思って気持ちを投稿しているので返信等の反応しませんのでご理解下さい♪) 

SNSを禁止して折り返し地点が過ぎた。
やっぱりやめると自分と向き合う必要が自ずと出てくる。
今回、挑戦したのが
【要らない物を手放す。】

これはまあまあ出

もっとみる
嬉しいっ!ありがとう~!!
1

Helping Children Succeed│私たちは子どもに何ができるのか――非認知能力を育み、格差に挑む│ポール・タフ

今回紹介する本はコチラ。

著者紹介

ポール・タフ
『ハーパーズ・マガジン』『ニューヨーク・タイムズ・マガジン』編集者・記者を経て、フリーのジャーナリスト。子供の貧困と教育政策を専門に多数の執筆・講演活動を行う。著書に『成功する子 失敗する子』(英治出版)

うーん、
今回の本は、正直あまり学びは多くなかったかなw
というのも、
「そりゃそうよね」という結論で、
真新しい理論や目からウロコの解決

もっとみる

韓国のエッセイ本との出会い。

▪️書き込みのある本「本はきれいに扱いたい」タイプ。書き込みたくないし、線も引きたくない。
でも、唯一1冊だけ書き込みがある本がある。

今、私が持っている韓国のエッセイ本の中で、1番最初に買った本。韓国語で書かれた本文の下に、日本語での意味が書き込まれている。
書いた当時のことははっきりとは覚えてないけど、間違いなく私の字。懐かしくなって、久しぶりにペラペラ読んでみた。「この単語も知らなかったん

もっとみる
맛있는거 많이 드세요〜🍴(美味しいものたくさん食べましょ🍴)
1

『クレオール礼賛』(平凡社)、僕にとってとてもとてもとても大切な一冊で、人生の一冊で、授業の解説にも援用させてもらっている。そして生徒には、「大学入っていろいろ勉強してから、ぜひ読んでほしい」と。ところが、どうやら絶版らしい…。心の底から悲しい。本当に絶版なら、復刊してほしい…。

'21.05.07雑記:僕と医療と医学的身体

また記事投稿の間隔が空いてしまった。ただの言い訳ではあるのだけど、前回の親知らず抜歯に続き、今回も痛みに耐えながら暫くのあいだ床に伏していたのだった。

痛みに耐えることがとても多い時期である。

昨年の夏頃からのことだ。自ら選び取った痛みもあれば、まったくもって青天の霹靂というものもあった。虫歯をたくさん削って、根管治療もやった。親知らずの抜歯が続き、それが終わった矢先、今度は不妊治療の一環で手

もっとみる
ありがとうございます!!
3

「月光に溺れる」第二十話

    二十

 十二月も半ばを過ぎて、そろそろ寒さが街に定着して来た。いつもの如く一同は、と云って実丸は不在であったけれど、四人はバーへ集った。冬の寒風に曝されては上着の前掻き合わせて入って来て、マスターがフロアへ用意した石油ストーブ目に留めては、いいねと一様に声上げて先ずはそちらへ手を翳し、少し温まってから席に着くのが、示し合わせたかのように来店客の通り道になっていた。今夜はカウンターに並んで

もっとみる
素敵な一日になりますように
14

ファッションと思想のお店

どんなに環境が変化しても、自分に成長を感じても、服に対する熱意はずっと燃えている。
この熱量は一生冷めないんだろうなってくらい。

趣味を仕事や本格的に学ぶことはどこかリスキーで、抵抗があったが、ファッションとならいつまでも一緒に生きていけそうな気がする!
と、駆け出しの就活生は思うのです。

ファッションに携わる仕事がしたいなと。
私のファッションは長年、独りよがりの自己満足で出来上がっていまし

もっとみる

気まぐれ読書記録#4 「夜空に泳ぐチョコレートグラミー」

こんばんは。室田です。

気まぐれ読書記録#4、今回は町田そのこさんの『夜空に泳ぐチョコレートグラミー』という本です。

とれた差し歯が思い起こさせるのは、一生に一度の恋。もう共には生きられない、あの人のこと――。選考委員の三浦しをん、辻村深月両氏が共に大絶賛! 第15回「女による女のためのR-18文学賞」大賞受賞作をはじめ、どんな場所でも必死に泳いでいこうとする5匹の魚たちを、とびきり鮮やかな仕

もっとみる
ありがとうございます!
1