三宅香帆

著作『人生を狂わす名著50』『文芸オタクの私が教えるバズる文章教室』『副作用あります!…

三宅香帆

著作『人生を狂わす名著50』『文芸オタクの私が教えるバズる文章教室』『副作用あります!?人生おたすけ処方本』『妄想とツッコミで読む万葉集』『(読んだふりしたけど)ぶっちゃけよく分からん、あの名作小説を面白く読む方法』『女の子の謎を解く』『それを読むたび思い出す』

マガジン

  • 三宅香帆のエンタメ評論ゼミ

    評論家・三宅香帆のエンタメ評論のノートです。 エンタメの見方のコツ、おすすめの本、読んだもの見たものの感想、文芸批評や日々の雑感について書きます。週2回更新です。 読みたい本や映画を見つけたい方、本や漫画や映画が好きな方、読書や執筆のモチベーションを上げたい方、他人がいま何を読んで見ているかに興味ある方に読んでもらえたら。 大きな声で言えない感想ばかりなので、有料です。 マガジンのタイトルを「ゼミ」としたのは、文系の大学の、閉じた場でみんな好きなこと喋るゼミの雰囲気が好きだったから。

  • 2023年ベルギー/ウィーン旅行記

    2023年にヨーロッパを旅行したときの記録です。 ケルン、アントワープ、ブリュッセル、ウィーンを巡りました。 マガジン有料買い切りです。

  • 本・漫画・映画などの批評

    本や漫画、映画などの感想・批評記事を集めたマガジンです。

  • うしろめたい読書日記

    京大の文系院で研究しつつ、書評・文筆業をしている三宅香帆の読書日記です。読んだ本や漫画の感想すべてと日々の雑感を書いています。平日毎日更新してます。 本や漫画が好きな方、読書のモチベーションを上げたい方、他人がいま何を読んでいるかに興味ある方、文系院生がどんな日常を送ってるかに興味ある方などに読んでもらえたら嬉しいなと思います……が、正直読んでる本が全世界にばれるのが恥ずかしいので有料です。いただいたお金はすべて本代になります。どうぞよろしくお願いいたします。

    • 三宅香帆のエンタメ評論ゼミ

    • 2023年ベルギー/ウィーン旅行記

    • 本・漫画・映画などの批評

    • うしろめたい読書日記

最近の記事

  • 固定された記事

三宅香帆(Kaho Miyake)プロフィール/お仕事依頼お待ちしてます

こんにちは、三宅香帆(みやけかほ)です。文芸やエンタメの分野で、評論家をしています。 ProfileTwitter / Instagram で主に日々の発信・仕事の告知をしています。 読んだもの見たものの感想やエッセイを、週2で更新するnoteマガジンを運営。 読んだ本の感想をすべてthreadsで記録したり、 「本がある生活」を発信するyoutubeチャンネルで発信したり、 古典文学について語るpodcastをライターの谷頭和希さんと運営しています。 できること

    • 今こそ読もう、『なんて素敵にジャパネスク』

      毎週日曜日、大河ドラマに狂ってます。三宅です。 『光る君へ』、面白すぎる~~~~~!!!!!!!! ていうか好きすぎる~~~~!!!! 大河ドラマで平安時代王道少女漫画やってくれるなんて思ってもみなかった~~~~~!!!!!!! と毎週叫んでいますが、本当に面白いです『光る君へ』。見てない皆は今から見よう。今なら間に合う。 『源氏物語』ネタもたくさんあって、古典オタクもにっこりの出来栄えです。 で、そんな平安少女漫画大河ドラマが面白すぎる2024年。今年中に、あなたに読

      有料
      500
      • 同人誌の企画中止につきまして

        私の同人誌企画およびそのアンケートにつきまして、ご批判を受け、同人誌企画は延期させていただきます。本企画のアンケートで傷つけてしまった方には、心よりお詫び申し上げます。本当に申し訳ございませんでした。 ご批判とはこちらのブログのことです。 そもそも企画の意図につきまして これは私の個人的な興味なのですが、私は受容史というものが、とても好きです。たとえば万葉集について平安時代の官僚が「読みづらくて難しい(意訳)」と書かれていたり、あるいは源氏物語を読んだ菅原孝標女が「こん

        • 1月~2月上旬に書評家が読んでめちゃくちゃ面白かった本を紹介する

          今月読んで面白かった本を紹介します! フィクション編『トゥモロー・アンド・トゥモロー・アンド・トゥモロー』

          有料
          500
        • 固定された記事

        三宅香帆(Kaho Miyake)プロフィール/お仕事依頼お待ちしてます

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 三宅香帆のエンタメ評論ゼミ
          三宅香帆
          ¥490 / 月
        • 2023年ベルギー/ウィーン旅行記
          三宅香帆
          ¥500
        • 本・漫画・映画などの批評
          三宅香帆
        • うしろめたい読書日記
          三宅香帆
          ¥500

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          芦原妃名子先生のことについて

          この一週間は、芦原先生の件が心にずっとのしかかっていて、普通に生活しているのだけど、それでもふとした瞬間に心がぐしゅっと潰されそうだった。それはもう、自分が芦原先生のファンだったからだ。読者だったからだ。それになにより、私は芦原先生のことを信頼していた。ずっと。好きな作家のなかでも、信頼できる作家というのは一握りだ。だからこそ、とても悲しい。『セクシー田中さん』は本当にずっと素晴らしい漫画で、こんなふうに世間に広まるべきではなかったのに、という気持ちもある(それは読者の傲慢だ

          有料
          500

          芦原妃名子先生のことについて

          『スキップとローファー』が否定した「スクールカースト」の物語

          2月3日(土)18:00より『スキップとローファー』がyoutubeでチャリティー配信されるとのこと。 そこで、この物語の何が素晴らしいのか、改めて私も語ってみたい。 高松美咲著『スキップとローファー』(1~9巻、以下続刊、講談社)の素晴らしさとは、私はこの物語が、スクールカーストを否定したところにある、と思っている。 スクールカーストはたしかに存在する、絶対に存在する、でもそれは現代においては「存在すべきではないもの」である、という主張。 これこそがこの暖かくて緩や

          有料
          500

          『スキップとローファー』が否定した「スクールカースト」…

          『ゴールデンカムイ』と夏目漱石の『こころ』の関係ー「罪悪感」の主題

          映画『ゴールデンカムイ』が傑作で、それ以来漫画の『ゴールデンカムイ』をちまちま読み返している。私は北海道を舞台にしたこの漫画がやたらめったら好きで、理屈を超えて読むたび胸がキュンとしてしまうのだが、あらためてなぜこの漫画が好きなのかを考えていた。 そして気づいたのだが、『ゴールデンカムイ』の主題とは何か、ひとことでいえばそれは「罪悪感」である。 そう、『ゴールデンカムイ』とは「罪悪感」の物語なのだ。 面白いのが、「罪悪感」とはこれまで日本近代文学の主題として扱われてきた

          有料
          500

          『ゴールデンカムイ』と夏目漱石の『こころ』の関係ー「罪…

          「特攻隊員」はもはや「新選組」のようなものでは?ー時代劇と化す戦争コンテンツ あの花・ゲ謎・ゴジマイ・君どう・直木賞

          映画『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』が31億円超えの大ヒットだという。 原作はtiktokで売れた小説で、女子高生がタイムトリップして特攻隊員と恋するという物語である。ちなみに筆者の妹(六歳下)も見に行って「超泣けた」と言っていた。 普通に考えると、若い世代を中心に、戦時中舞台に戦争をテーマにした物語がここまでヒットしたことに驚いてしまう。 が、考えてみると、私は毎年、芥川賞直木賞候補作品を全部読んで受賞作を予想するという遊びを友人としているのだが、そこでも気

          有料
          500

          「特攻隊員」はもはや「新選組」のようなものでは?ー時代…

          『ダンジョン飯』とは「ケアの倫理」の物語である

          『ダンジョン飯』(九井諒子、KADOKAWA、全14巻)が完結した。名作だった……。 アニメが放送中で(オープニングの映像がとても素敵なのでそこだけでも見てほしい)、評判も上々だという。 私は『ダンジョン飯』を、徹頭徹尾、ケアの倫理の問題を扱った物語として読んだ。 そしてそんな物語がここまで人気になって、たくさんの人に読まれている状況にもすごく感動している。なぜならケアの倫理はーー多くの書籍が指摘する通りーー多くの人に無視されてきた概念だからだ。 ※以下ネタバレ含みま

          有料
          500

          『ダンジョン飯』とは「ケアの倫理」の物語である

          大河ドラマ『光る君へ』の源氏物語オマージュを解説する(第1~3話)

          見てますか、大河ドラマ!!!! 『光る君へ』!!!! 私はもう第一話を見ただけでこのドラマと共に今年は生きていこう……と決意を固めるくらい好みのドラマで、見ていない方はいますぐ見てくれと肩を揺さぶりたい所存であります。面白いよ今年の大河は!!!!!! さて、『光る君へ』は紫式部の人生を描いたドラマです。で、紫式部といえば『源氏物語』の作者。そして『光る君へ』においては、『源氏物語』をオマージュした場面が、(たぶん)一話につき一エピソード出てくるのです……!!!! 紫式部

          有料
          500

          大河ドラマ『光る君へ』の源氏物語オマージュを解説する(…

          『侵入者たちの晩餐』という面白すぎるドラマをバカリズムはなぜ書くことができたのか

          現在Netflixやhuluで配信されている『侵入者たちの晩餐』が面白い。 要素としては『オーシャンズ8』×『パラサイト』という感じで、1時間半さくっと見られる良作だ。 そして私が感動したのは、バカリズムの作家性って、こういうところにあったんだ……! というところだった。 1 「バカリズムは女性の会話を描くのが上手すぎる」 2023年最も話題になったドラマといえば、文句なしに『ブラッシュアップライフ』だろう。バカリズム脚本、安藤サクラ主演、女性たちの会話劇と平成文化を

          有料
          500

          『侵入者たちの晩餐』という面白すぎるドラマをバカリズム…

          わたしの野望とご報告2024

          2024年も始まって1週間以上経ってしまいました……。新年早々心が痛くなる出来事が続いて、あけましておめでとうということも躊躇っておりましたが、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。救助や復興活動が、なによりも迅速に進められることを祈っています。 というわけで、noteでは新年のご挨拶もしていなかったので、今年のご報告&今年の野望話につきまして。 ご報告です!!  新しいnoteタイトル「三宅香帆のエンタメ評論ゼミ」を始めることにしました!!!! ……タイトルに

          有料
          500

          わたしの野望とご報告2024

          書評家が伝える「社会人が読書する習慣をつける」10のコツ

          あけましておめでとうございます! 今年もよろしくお願いします! ……という新年のご挨拶とともに、こんなふうに思っている方、いらっしゃいませんか!! 「今年は、本を読みたい!」 書評家としてこんなにうれしい声はないわけですが……いや本当にガチで……。大人になってからも入門しやすいものでありたい、読書沼。 本を読み始めるのに遅いも早いもありません。いつからでも本を読む人がひとりでも多く増えてほしい、読書ライフを楽しめるひとがひとりでも多く増えてほしい。私はそんな気持ちで本気で

          有料
          500

          書評家が伝える「社会人が読書する習慣をつける」10のコツ

          2023年紅白歌合戦のYOASOBI『アイドル』パフォーマンスで表現されていたもの

          2023年の紅白歌合戦のパフォーマンスで最も印象に残ったのは、YOASOBI『アイドル』だった。日韓トップアイドルたちが『アイドル』にあわせて踊る、それは『アイドル』の歌詞に込められたものが最大限表現されたステージだった。 1 平成の「真実」を見せるアイドル、令和の「嘘」を提供するアイドル 2023年、アイドルはいろいろあった。本当にいろいろあった。アイドルだけではなく、ショービジネス、日本語で言えば「芸能」が好きな人にとっては本当に胸が痛むようなニュースだらけの一年だっ

          有料
          500

          2023年紅白歌合戦のYOASOBI『アイドル』パフォーマンスで…

          2023年書評家が読んでよかった本ベスト10冊

          今年のベスト本2023を決定しました! あくまで自分のなかの「今年読んだ本の中で印象に残った/自分自身に影響が大きかった」という基準で選んだベスト本です。なので今年刊行とは限りません。今年読んだ本のベストです。ではどうぞー!!

          有料
          500

          2023年書評家が読んでよかった本ベスト10冊

          写真うつりが良くなるメイクを研究したよ

          写真付きインタビューを受けることがしばしばあり、「インタビュー写真映えする化粧」を試行錯誤した2023年。おれのかんがえるさいきょうのインタビュー用化粧品を発表させてください……! 突然写真つきのインタビューの予定ができた! でも写真映えってどうしたらいいんだっけ!? と思われている方の参考になったら嬉しいです! が、あくまで私の場合ですので、化粧品の肌に合う合わない顔に合う合わないなどは保証できません!! そちらをご了承の上読んでいただけますと幸いです! わたくし様々

          有料
          500

          写真うつりが良くなるメイクを研究したよ