合意形成

段取り作業

NPOの事務局をやってると(やってなくても)
「こんなことしてみない!?」って話がでることがある。

今回のそれは実現まで爆速だった、でも「怖さ」は少ない
この人たちとは大抵やる前の「怖さ」は少ないのだけど。

普段なら半歩後ろで流れに合わせていくところだけど
じぶんとしても何か直感的におもしろいんじゃないかと感じてた。

準備期間が短い、この組織では初の試み、当日の進行役じぶん

やってみよう!

もっとみる

合意形成に必要なこと及び家族間対話への応用について

STAY HOME、いかがお過ごしでしょうか。

実家にSTAYしていると、おのずと家族と一緒にいることも多くなります。
そのため、会話も増えることも多くなるのではないでしょうか。

僕はいつもにも増して、コミュニケーションについて考えるようになり、こんな時にこそ再度勉強してみようと思いました。

ときに、意見も食い違うこともあります。たとえ家族とはいえ、夫婦、兄弟姉妹、親子それぞれ異なる立場にあ

もっとみる
よい一日を!
6

《後編》ファミレスでお茶してたら隣の席で風俗の勧誘をしていたんだが、そのトーク技術が素晴らしかった。という話

【トップセールスマンのような勧誘テクニック】

前編はこちらから。

〚思わぬ選択肢の提示〛

男「さっそくだけど、俺は他のバイトも紹介していて、ガールズバーにするかどうかを決める前に一度他のバイトの事も聞いてみたらどうかな?その上で、ガールズバーが良いと思えば、後悔はしないと思わない?それにもしガールズバーよりも自分に合ったバイトがあれば、それにすればいいしさ!」

女の子「たしかにそうですね、

もっとみる
質問や書いてほしいテーマのご意見を是非コメント下さい!Thanks!
11

強みは痛みを知っていること

自分の強みは何だろう。
骨格のバランサー中村篤史です。

ノートにまとめてみようと思う。タイトルにあるのが答えだけど、ふつう意味わからんと思う。説明するとスポーツやなんやでとにかくけが故障と向き合ってきた結果多くの痛みを理解したということ。

知ってるから共感できるし理解してより明確な対策案を提案、実行することができる。これは紛れもない強みだなと思うようになった。中でも痛みのスケール、それによるス

もっとみる

《前編》ファミレスでお茶してたら隣の席で風俗の勧誘をしていたんだが、そのトーク技術が素晴らしかった。という話

【トップセールスマンのような勧誘テクニック】

 都内の駅チカに位置するチェーン店での話。
女の子は、大学進学で上京してきた一人暮らしの高畑充希さん似の17歳。最近付き合い始めた彼氏がいるとのこと。
(再来月に18歳になるみたいだけど、後から考えると17歳で風俗って犯罪ですか、、、?)
男は、30歳〜35歳程度で金髪と黒髪が入り交ったロン毛。168㌢の小太り体型で、歌舞伎町に1万人くらい居そうなチ

もっとみる
質問や書いてほしいテーマのご意見を是非コメント下さい!Thanks!
12

目的と目標についてコミュニケーションは取れていますか?

こんにちは。
現在かぽるはスタートアップ企業で働いているんですが、コロナの影響もあり、採用・育成・定着担当から営業推進担当に異動となりました。

もともとかぽるのキャリアでいうと、営業としてずっと顧客と向き合ってきていたため、"B2B領域の顧客接点"に関しては多くの失敗体験と少しの成功体験を持つ中で自論化を持つに至った、いわゆる得意領域です。

さてさて、今回は標題の件なんですけど、
異動となった

もっとみる
わ、ありがとうございます!これからも宜しくお願いします!
3

ほうれんそう より そらあめかさ

会社員として、必要なスキルに

報告、連絡、相談 通称「ほうれんそう」

があります。私も、学生の時からよく指導されていました。

ほうれんそうは、1982年頃、当時の山種証券(現・SMBCフレンド証券)の山崎富治社長が発案し、社内で「ほうれんそう運動」を始めたのがキッカケだということです。

1.ほうれんそう より そらあめかさ

中間管理職をしていると、上司へ提言をしたり、またスタッフから提言

もっとみる
よろしければシェアして頂けると嬉しいです!
4

子どもの生きる力を育む『対話の授業』始めました!【後編・感想】

対話の授業担当のおとわです。

授業終了後、お礼文として感謝の言葉と感想を通じて、子どもたちから「質問」をいただきました。
質問への回答は、子どもたちに送った文章そのままにしています。

【疑問解消】子どもたちからの質問と回答

<質問への回答>

Q.なぜ、音羽さんはこの仕事をしたいと思ったのですか?

A.「この仕事」を具体的に聴ければよかったのですが、授業の中でお話しした仕事には二つありそう

もっとみる
ありがとうございます!今後も「学び」をテーマに発信予定です!
7

子どもの生きる力を育む『対話の授業』始めました!【中編・発表】

対話の授業担当のおとわです。
今回は前編でご紹介した授業内容の続きと、子どもたちの発表、そしてファシリテーターの役割として意識したことや振り返りを、隠すことなくすべて公開しています。

【準備】合意形成へ向けて。聴くって難しい?

「伝える」を練習した後は、自分以外の友達が伝えるメッセージを聴きながら、質問をつくる練習です。極端に言えば、話を聴いて質問を作れないなら聴いていないと同じなので、聴きな

もっとみる
ありがとうございます!今後も「学び」をテーマに発信予定です!
14