金森 秀晃(ZAC代表)

医療・介護業界に特化し20年 人事評価制度構築・研修・IT環境 3本柱で情報共有の❝しくみ❞を提供する株式会社ZACの代表。|会社:https://00m.in/Yu4FH|LINE:https://lin.ee/M03rrah|COA:https://00m.in/gvnNL

金森 秀晃(ZAC代表)

医療・介護業界に特化し20年 人事評価制度構築・研修・IT環境 3本柱で情報共有の❝しくみ❞を提供する株式会社ZACの代表。|会社:https://00m.in/Yu4FH|LINE:https://lin.ee/M03rrah|COA:https://00m.in/gvnNL

    マガジン

    最近の記事

    ※ネタバレ注意 覆面ビリオネアから学ぶ!億万長者と会社員の共通項

    アメリカの衛星テレビ、ディスカバリーチャンネルの YouTubeサイトにある「覆面ビリオネア」 という動画をご覧になったことはありますか? 起業家で億万長者のグレン・スターンズ氏が 正体を隠して縁もゆかりもない土地で 90日間で100万ドルの価値がある会社を作る という、なかなか”クレイジー”な企画です! この企画は、 ・運が良かったからできたんでしょ! というのを払拭したい。 ・ビジネス成功には原理原則があり、 それを実践すれば誰でもできる!ということを証明したい!

    スキ
    6
      • # 51Z世代のホンネを引き出すカウンセリング技術

        7/19にオンライン開催した累計85法人参加のセミナー内容一部を特別公開!即辞めると見られがちなZ世代の本音を引き出す、誰でもできるカウンセリング技術をご紹介!

        スキ
        8
        • 極めよ観察力!~世界中の人を魅了するシャーロック・ホームズの魔法~

          本日は少し息抜きブログを。笑 僕は実は隠れシャーロック・ホームズファンなので 映画やドラマが出るとついつい観てしまいます。 最近では、もしシャーロックがイギリス人ではなく 中国人だったら?という設定の パスティーシュも出版され話題になっていました! 時代を超えて、様々なリメイクでここまで愛される作品は 他にないのでは?と思うほど、 世界中にファンを抱えたシャーロック・ホームズ。 どうしてこんなに惹かれるのだろうか?と考えたときに、 王道かもしれませんが 僕は彼の『観察力』に

          スキ
          5
          • 発明王エジソンから考察する、やめる技術

            発明王エジソンが1万回もの実験を行って、 電球を発明したという史実はよく知られていることです。 この史実を知ると、1万回も実験を繰り返したのか!と行った回数が 桁違いということに着目することが多いかもしれません。 ではなぜエジソンは1万回も実験ができたのでしょうか? 根性があったから・・・? 電球を絶対につくる!という情熱・・・? 実験を続ける財力があったから・・・? 様々な理由が想像できそうですよね。 私は「9999種の実験をあきらめた(やめた)」からだと思います。 9

            スキ
            8

          マガジン

          マガジンをすべて見る

          記事

          記事をすべて見る
            • # 50Z世代の"即離職"に歯止めをかけるマインドセット

              7/19にオンライン開催した累計85法人参加のセミナー内容一部を特別公開!何かあった時、即辞めてしまいがちなZ世代と経営世代の認知ギャップを解説致しました。

              スキ
              5
              • 目的意識が事を成す?!~センスや能力より大切なもの~

                プロジェクト進行と聞くと、どんなイメージがありますか? 人事評価制度構築の際によく伺うのは 以下のような内容です。 ・会議の進行が難しそう… ・メンバーをまとめられるか不安… ・予定通りに進まなそう… 何かしらのプロジェクト経験のある方は これらの不安は、たいてい現実に起こるもの という認識もあるかもしれませんね!笑 とある法人の若手リーダーのSくんも、まさに上述した不安を 抱えながらの初めての人事制度プロジェクトの参加で 制度浸透のために内部の一部の部署の方を対象に会議を

                スキ
                5
                • 出来る人ほど、教えることを惜しまない!

                  日々、研修やコンサルティングでお客様とお話させていただくと 自分も含めて人材育成の手強さ、そして奥深さを痛感します。 慢心してはその壁に立ち向かえないので 常に知識をアップデートし続けねば!と学びの毎日なのですが 先日目にしたとあるセミナーのスライドが とても印象的だったのでブログでもシェアしたいと思います。 それは株式会社イマジカデジタルスケープ というクリエイターの人材派遣の会社で‎ トレーニングディレクターを務める林 真理子さんの発表でした。 『今どきの若手育成にひ

                  スキ
                  5
                  • # 49成功の秘訣は認知にあり

                    有料講座の内容を一部特別公開!変えるべきは行動ではなく認知!?

                    スキ
                    4
                    • 限りあるリソースを使い切る

                      先日、ある医療法人様のリーダー育成の研修で このような悩みが共有されました。 「サボっているわけでは全然なく、一生懸命に働いているのに、 気がつくと時間が足りないのは私だけなんでしょうかね・・・ 目先の業務に追われるばかりで、周りに評価されることもないですし。 ❝頑張らなきゃ❞と思ってるんですが、正直いっていつも余裕がないんです」 というものです。 仕事に追われると、自分の能力不足を最初に疑いたくなるものですよね。 いつも仕事に追われるのは、能力不足ではなくリソース (時間

                      スキ
                      2
                      • ”めんどくさい人”ほど最高の仲間にせよ!

                        「否定はむしろ発展させるための力だ」 弁証法を唱えたドイツの哲学者、ヘーゲルの言葉です。 昨今、働き方が多様化していることも相まって 年上部下や自らの権利主張が強いスタッフなど 管理者側からすると正直”めんどくさい人”に 頭を悩ませる方が増えてきたように思います。 「本当は”めんどくさい人”とは一線を弾いて仕事したいです笑」 というようなことを冗談交じりに言いつつも、 皆さんどうにかしたいと画策していらっしゃいます。 本日はこの”めんどくさい人”と一緒に最強チームを作る

                        スキ
                        5
                        • # 48人生の選択肢を左右するのは情報量という話

                          有料講座の内容を一部特別公開!おすすめの思考プロセスについて解説しました。

                          スキ
                          6
                          • 子どもの想像力が退屈な電車を最高にエキサイティングなVRゲームに変えてしまった話

                            先日、電車に乗っていて「面白いなぁ」と思ったことがあったので 今日はその時の出来事を皆さんにシェアしたいと思います。 あまり混んでいない時間帯で、 まばらに人が座っているくらいの電車だったのですが、 お母さんと5歳くらいの元気いっぱいな男の子が乗ってきました。 比較的揺れが激しい区間だったので、 お母さんはその子をなんとか座らせようとしたのですが、 「いいの!!いいの!!!!」とお子さんは断固として譲りませんでした。 お母さんも何度か言って諦めて(お母さんお疲れ様です。

                            スキ
                            4
                            • ジャニーズ事務所に学ぶ人材育成の秘訣

                              先日たまたま付けていたテレビ(マツコ会議)で、 ジャニーズの堂本剛さんが出演されているのを拝見しました。 そこで紹介されていたジャニーさんとメリーさんとのエピソードが 非常に興味深かったのでこちらでご紹介してみたいと思います。 まだ10代の頃の堂本さんは 「世間に求められる自分」を演じているうちに いよいよ「本当の自分」がゼロになってしまうような気がして 自身のアイデンティティに少なからず迷いが生じていたそうです。 (寝る暇もく働きづめだったでしょうから、無理もありません

                              スキ
                              6
                              • # 47マネージャーに真に求められるもの

                                運営しているオンラインコミュニティの講座の一部を特別公開します!

                                スキ
                                4
                                • 退職寸前からの大逆転!マネジメントを楽しむ心が育つ研修とは?!

                                  先日、2年程継続して月1回のペースで 管理者研修をやってきた病院の最終回がありました。 まとめのワークとして皆さんに研修前と今の変化を 語って頂くプレゼンテーションをしたのですが 非常に心に残るお話をしていただいた方がいらしたので ここで共有したいと思います。 その方はちょうどその研修が始まる数か月前に 主任に任命されたということで、 研修開始前はなぜ自分が管理者に任命されたのかもよくわからず 管理者とはどういう仕事をする人なのかもよくわからず 何を目指せばよいかもよくわ

                                  スキ
                                  6
                                  • 一挙解決!「部下が受け身」vs「上が方針を決めない」

                                    上司「部下が主体的に動かない。」 vs 部下「上が方針を決めてくれないから動けない。」 上司「部下にはちゃんと情報共有したのに動かない。」 vs 部下「聞いてない。上司から情報が下りてこない。」 このような組織の他責バトル(笑)は、 様々な組織でよく見られる現象ではないでしょうか。 「他責バトル」などと言ってしまいましたが、 上司側・部下側どちらもきっと真剣に 悩んでいらっしゃることと思います。 どちらの気持ちもよくわかりますが この場合、どちらに分があるにせよ、 ま

                                    スキ
                                    5