2020/09/27

ここのところnoteへの投稿が減っている…が、投稿を始めた頃より相当元気である。

…いつまで持つか分からんが。

週3〜4日出社して歩き回り、電車でひたすら本を読む。
毎日10分程度の筋トレ、平日は朝から10分の縄跳び。

減りゆく体重と腹回り、増える筋肉。

「"筋肉は裏切らない"は本当だったんだ!」

と、"脳味噌筋肉"への道を突き進んでいる。

こうして読書と筋肉によるインプットは増えてい

もっとみる
ハルディンドームへようこそ
1

風さんの表現の先には相手がいるのだなぁと思った話

アーティスト藤井風さんの「帰ろう」を聴いて、優しい世界に包み込まれた感覚があったので、それを言葉にしてみる

優しさってどこから生まれるのだろう

先日、公開されたANN NEWS インタビューにて、この曲について込められた思いを、自身の死生観と交えてお話しされていた。

誰かがちょっといい気分で人生送れたりするために
音楽やっとるようなもんなんで
もうそれがわしにとってすべて
もうそれだけで生き

もっとみる

人生大盛、死生観マシマシで!

わたしはなぜか小さい頃から死に対して寛容だった。
特にトラウマのような出来事があったわけではないのだけど、人はいつだって簡単に死ぬのだと心得ていた。いつも死を見つめて“死んでいない今”を生きていた。

それはときに怠惰の言い訳になった。
テスト期間、みんなが一生懸命勉強しているのを見て「もし明日地球が滅んだら最後の一日に勉強なんてしてた自分を悔いるだろう」と言って娯楽に走った。
結果としてわたしは

もっとみる
ありがとうございます

死が生まれるときに思い出すこと。

ごきげんよう、怜です。

今朝は何とも暗いニュースで起きました。

近しいかろうとそうでなかろうと、昔から死が生まれたときにふと思い出す文章があります。

心にずっと残っていて、皆さまにもお見せしたいなと思ったのですがその方がその文章を非公開にされているので自分のニュアンスをつけて。

死を悲しむのは生者であり、その死に意味を突きつけることなく受け入れるべきだと。ただ今までの功績を讃えるべきだと。

もっとみる

私の死生観となった手相学

昨日は、「離れ型手相」手相学研究のためのアンケート鑑定にご協力挙手をたくさんの方にいただきました。誠にありがとうございます。シェアしてくださった皆様も温かい気持ちに心より感謝いたします。

10/2には35名の方にご協力いただけることとなりました。
まだまだデータとしては足りませんので、次回の募集の際には、よろしくお願い申し上げます。

🖐手相を知ること
🖐手相から気づくこと
🖐手相から歩む

もっとみる

結局、私は生きていたい。

育児ストレス
育児ノイローゼ
産後うつ
産後クライシス

こんな言葉が存在するとおり、
子どもを産んだらハッピーなことばかりではないのは
私が書いた記事を読んでもわかってもらえると思う。

こんなネガティブなこと書くと
「なら産むなよ」みたいな極めてズレた冷酷なこと言う人がいたり
「産後うつなんて甘えだ」とツイートして話題になってる世の中だったり
私の世界から失せろと思わずにいられない精神衛生上悪

もっとみる
ありがとう!スキです♡♡
4

でもあなたのせいじゃないんだよ。

悲しいニュースが立て続けに起こっている。
今日はただぼんやりしかしていない。
何もしていない。

愛犬と愛猫が同じ部屋ですやすやと寝ている。
それだけで、ああ幸せだなと思う。

何もしないことを悪だと思ってしまいがちだけれど
生きるために、何もしたくない日を肯定することだって大切なのだ。
そう自分を甘やかしていかないと、色々と立っていられない。

本当に自死なのかな、と
三浦春馬さんのことも未だに

もっとみる
嬉しい!ありがとうございます!
6

#58 ウェルテルの苦悩は

ウェルテルの苦悩はウェルテルにしか分からない。
そんな突き放されたような確かな現実が、私を谷底に突き落とす。
ウェルテル効果だと言ってしまえばそうであろうし、それぞれが持っていた重りは一つずつ違うだろうというのも、またそうである。

昨日上司に「あなたは下っ端なんだから」という、確かに真実、でもとんでもなく冷たく突き刺さる言葉を言われてモヤモヤしていた。
謝っていただいたのだが、一度言われたことは

もっとみる
いつでもコメント下さいね
2

「生きる」と「死ぬ」の両方に向き合う

今朝、布団を畳んだ後にスマホの通知を目にすると、私と同世代の役者さんが亡くなったとの知らせが入っていた。

綺麗な方だったし、いくつかの作品は好きで記憶に残っている。

なにやらご自宅で遺体が発見されたらしい。

ワイドショーは見ないのでよくわからないけど、Twitterなどでは死因について憶測の域なのに騒がれている印象だった。

命、生きる、死ぬについてこの前書いたばかり。。。

この度の死因が

もっとみる
よい人生を!

大してファンでもないが それはあって成らない出来事で

立て続けに 自死に向かう人がニュースになっている。
これを 見る人々は 多くの悲しみで 気持ちが揺さぶられる。

突然の別れ

近い存在でも 身近な人でも 近寄れる存在でも 
友人でもない人だけど
憧れであったり、目標であったり、何かの対象である芸能人が

自ら命を絶つとの知らせは

良いものでは無い! できれば(生きて欲しい)
しかし
生きていても 飲酒運転で事故を起こす
依存症になってしまう。

もっとみる
何かの ヒントになりましたか? もしよければ 又読んでください。