白饅頭

インターネットで文章を書いたり、本を出したり、ラジオで喋ったりして生活している者です。御田寺圭などと名乗っていることもありますが、とくに使い分けを意識してなにかをしているわけではありません。

マガジン限定記事vol.119「平等を『克服』した世界」

戦争、革命、疫病――社会の大崩壊を招くこれらの歴史的出来事のあとには、人間社会において広く「富の平等化」に向けた合意形成がとられる。

白饅頭日誌:6月5日「社会の皆様の『安心・安全』のために」

――専門家とも度重なる協議を重ねた結果「画期的」な意思決定がなされたようだ。

白饅頭日誌:6月4日「あなたこそ、あなたの主人」

昨晩、ウェブセミナーのゲスト講演者として招かれる機会があった。 プロのマーケターあるいはそのビギナー向けとは銘打たれていたが、SNSが社会のインフラとしての役割を…

【月額マガジン版】共感主義社会からの疾走

インターネットに心温まる「美談(かっこつき)」がまたしても登場している。

【月額マガジン版】「目覚めるな。目を覚ませ」

人間というのは、ふとしたきっかけで「目覚めて」しまう。

マガジン限定記事vol.118「名前のない獣」

アメリカが大きな動乱に呑まれている。 ★ この記事は6月のマガジン購読者のみ特典として無料閲読可能です ★ 2020年7月以降は500円で販売される記事としてアーカイブされ…

500