白饅頭

インターネットで文章を書いたり、本を出したり、ラジオで喋ったりして生活している者です。御田寺圭などと名乗っていることもありますが、とくに使い分けを意識してなにかをしているわけではありません。
    • 白饅頭日誌(月額課金マガジン)
      白饅頭日誌(月額課金マガジン)
      • ¥1,000 / 月

      月額購読マガジンです。コラムがほぼ毎日更新されます。その他「白饅頭note(本編・毎月2回更新・単品購入の場合1本300円)」の2018年6月4日以降の記事がすべてアーカイブされていき読み放題になります。月ごとの購読者限定特典記事、楽曲(ダウンロード可)、Vtuber動画、イベントの先行告知などがアップされるお得なオールインワンパッケージです。

    • 白饅頭note(単品購読用)
      白饅頭note(単品購読用)
      • 89本

      白饅頭が書いた、そこそこ長めエッセイが公開日の古い順にまとまっています。 ツイランドや他社さんではあまり扱わないような話もここでなら自由に書けるので、結構はりきって書いています。おおむね2週間に1回のペースで新作を書いています。 各回300円均一です。よろしくお願いいたします。コメント欄にご意見・ご感想などいただければ、可能な限りすべてにお返事を書きます。

マシュマロガチ回答「やる気スイッチを押すためにはどうすればよいのか?」

 ほとんどの人が、そのありかをいつだって探しているものがある。  ――「やる気スイッチ」である。

白饅頭日誌:4月18日「『お受験ブーム』のもうひとつの表情」

 あるニュースが、各所で大きな波紋を呼んでいた。

白饅頭日誌:4月17日「水と油、犬と猿、多様性とアップデート」

 若者たちは、たしかに「アップデート」されている。それは間違いない。

暗黒メモ「ありがとう」

 例の車いすの一件で、思いがけず論点になったことがある。

白饅頭日誌:4月15日「平和で安全で安心で快適な社会で最後に残された暴力」

 先日の記事に関連して、興味深いご指摘をいただいた。

白饅頭日誌:4月14日「『コミュニケーション能力』の不都合な真実」

 いよいよ2022年卒の大学生たちの就職活動が解禁となった。