(s)he

あなたは先に眠っていて

なにも語ろうとしないから

わたしばかり話している

いつか光をまぶたの裏に閉じこめた

光は生きるように泳ぐ

同じところに仕舞ってある思い出と仲よくいて

こころに浮かべる度にきらきら光る

映し合ってきれいだねと笑い合うみたい

こころはあたまの中にあって

あたまはわたしが持っている

わたしは世界の中にいて

重ねてきた数十年がここにある

決してゆけない場所を

もっとみる
スキどうもありがとう😌

心の傷を持ったまま

阪神淡路大震災から25年ということで、TVでは様々な特集番組が組まれていて、観ているうちに、日付がかわってしまいました。

NHKでは、被災当時は子どもだった方々の、25年後の思いを取材した番組を放映していました。
大人と言われる年齢になり、普段は「普通」に生活をしている様に見える、震災体験者の方々の、本当の思い。
笑いもしながら生きてるけれど、常に心の奥には震災があり、「被災者」というアイデンテ

もっとみる
いちごサンドの季節

【悲報】我慢した先には何もありません。今すぐ逃げろ!

こんばんは。本日のテーマ嫌な事からは全力で逃げよう!です。

大嫌いな上司のいる会社。いじめてくる奴がいる学校。僕自信、その人たちをみても、「えらい。よく我慢して頑張ってる!」なんて一ミリも思いません。

そんな人間のいるところに我慢していく必要100%ありません。人生の時間が勿体ないです。そんな奴らに付き合ってる暇なんて1秒もありません。自分が過度のストレスを感じる場所には、嫌なことばかりに気を

もっとみる

私は、未来を選択することにした

あの大震災から
こんなにも長く生き残っている…

当時、長田区の家で眠っていた私は、
仏壇の下敷きになって気を失っていた。
オカンが私の名前を叫びながら
仏壇の下の布団から引きずり出した時、
私はオカンから2度目の命をもらったのだった。

長い長い旅から神戸に戻ってきた今…
改めて神戸、
そして長田に対して何が出来るのだろうか。
そう思いながら、
ローソクの灯りに手を合わせていた。

今日の

もっとみる

478/1096 その弱さ、謳歌してみない?

吾輩は怠け者である。
しかしこの怠け者は、毎日何かを継続できる自分になりたいと夢見てしまった。夢見てしまったからには、そう夢見る己を幸せにしようと決めた。3年間・1096日の毎日投稿を自分に誓って、今日で478日。
(この毎日投稿では、まず初めに「怠け者が『毎日投稿』に挑戦する」にあたって、日々の心境の変化をレポートしています。そのあと点線の下「本日の話題」が入っているので、レポートを読みたくない

もっとみる
あなたに、時空を超えた感謝を届けます・・
28

未来への約束

2000年男の子が生まれた。

今年二十歳になる。

やっとこの子も大人になるんだと…

まだまだ、子供のような顔で言葉は生意気だけど、甘えて来るのが上手なツンデレ男子に成長。

この子は、父親を知らない。

生まれてすぐ父親と別れた。

可愛がられた事も、叱られた事も無い。

息子の友達に…

「どうしてお父さんいないの?」

そう言われた事もあった。

でも、「お父さんどんな人?」とは聞かなか

もっとみる
とっても、うれしいです(((o(*゚▽゚*)o)))♡

何でこの地球に生まれてきたのか?

心が震える投げ掛け。

「あなたはなぜ、この地球に生まれてきたのでしょうか。決して、地球を壊すためではないはず。」

そう訴える彼女の声は、少し震えているように感じた。

私は「地球の環境のために」、買い物した時にビニール袋はもらわないようにしている。

オランダに住んでいた時はそれが当たり前だったから、たった1年半だったけど、日本に戻ってきてやっぱり遅れてるなと感じた。

何でビニール袋をもらわ

もっとみる
ありがとうございます!大スキです!
1

社会復帰前日。

2020/1/17 躁鬱日記45日目

今日は寝た。というのも、昨夜、絵を描いてたら結局寝たのは1時。エネルギーも使うので何度か起きたが眠さが勝った。

昼を食べてからは、自転車で図書館に向かう。途中、ブログ用の写真を撮っていく。毎年恒例の節分の時期に出てくる鬼の人形。かなり大きい。

そのあとは、好きな鯛焼き屋さんへ。期間限定の黒鯛焼きをいただく。ここは、一枚一枚手焼きで、時間は多少かかるけれど

もっとみる
いいんですか!?ありがとうございます😊
7

I
社会に放り出されて毎日を生きていると、自分の知っていることなんてご飯粒ぐらいしかないんだなと感じる。生活のサポートの多くを「親」という存在がしてくれていたことをありがたく思うし、今度は自分たちがそれらを継承するなりして生活の質を向上させないといけない時期になったんだなと。

ぼ、僕も好きです....
7

人は歳を重ねると、“自分のルーツ”を知りたくなる。

「人はね、歳をとると、自分のルーツを知りたくなるんだよ」

これは、学生のときに参加した実習で出会った1人のご高齢の女性(仮名:Aさん)から言われたことだ。

Aさんは、「なぜ今、自分が入院しているのか」、「今まで、どんな人生を歩んできたのか」など、あまりこちらからは聞けないようなことを気さくに話してくれて、僕もすごく勉強になった。

そんな会話の中で、自分自身のルーツについての話題になる。

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
7