溶けていく境界。

バルコニーに布団を干した。
いつもの黒猫が歩くところ。

ここであの黒猫が現れたら、
布団をふみふみされていくんかな。
可愛くてもちょっとイヤやわ。

と夢想しながら、
取り込むためにバルコニーに出る。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

陽射しがやわらかであたたかい。
穏やかな静けさに、
遠くから鳥の囀ずりも聴こえる。

こんな環境で、
いまにも境界線を失いそ

もっとみる
また来てくださいね♪
1

『ステキな出逢いと気付きの瞬間のために』 想うカタチ003:前田 椋馬さん

「ひとり一人の生き方にスポットライトが当たり、"伝えたいけど、言えない" という思いをしないように、手を差し伸べられる人でいたい。」

自身の在りたい姿をそのように語る、前田 椋馬さんが今回の主役。

キャリア支援の道を志す中で、対人支援の理想像をどのように思い描いているのか。どのように過去を紐解き、今の信念を築くことができるようになったのか。

彼の生き方を取材しました。

1.目の前の人に向き

もっとみる
やさしさに感謝です。嬉しい!!

感情のままに

いつも 思い通りにならないと 愚痴を言って ストレス発散する場合 一過性には スッキリしますが、解決には繋がらない。
結果 また 時が経つと 同じような事が起きて 愚痴を言って一時的に 発散する。
それを 何年も繰り返して 結局 同じ愚痴を 数年言い続けている。

人間ですから たまには弱気も吐きたくなる日もあります。
でも 何年も同じ愚痴を言い続けている という事は 解決に繋がってないし、感情

もっとみる

幸せの見つけ方

幸せの見つけ方。

そんな言葉をよく耳にするし、本屋でよく目にする。

周りの人の意見も本も参考にすればいい。でも最後に選ぶのは自分自身であれ。

他人の語る言葉も、本に書いてあることも、それはその人が歩んできた過程で見つけたものだ。

生まれた時から今まで、全く同じ人生を歩んできたか?

同じ人に出会い、同じ経験をしてきたか?そんなことは100%ないと思う。もちろん似たような経験はあると思うし、

もっとみる

蚊取線香とインドと

2019/10/3@ルサカinザンビア

蚊取線香の匂いには、
最初戸惑うけれど、
蚊に食われて痒い思いするぐらいなら、
その匂いくらい慣れる

それはつまり、
嫌なこと、
と、
もっと嫌なことがあれば、
当然、
嫌なことのほうがいいわけで

そんな風に、
より嫌なことがあれば、
それよりマシって思うことで
嫌なことは
我慢できるわけで

そういう意味においては、
人生でインドを知

もっとみる
わーい!やったー!グラシャス!
5

睡眠のエビデンス

今回は箇条書きで睡眠に関するエビデンスをパパッと紹介。

・西洋諸国に暮らす人々の平均睡眠時間は、わずか100年前に比べて1.5〜2時間短くなっている

・同じ運動をして同じ食事をとったにもかかわらず、睡眠不足のグループ(毎晩6時間未満)は、毎晩8時間以上眠ったグループに比べて一貫して体重や脂肪が減らなかった

・睡眠不足はガン、アルツハイマー病、鬱病、心臓病にかかる確率を高める

・睡眠時間が4

もっとみる
あなたの感想をいただけると幸いです!
1

自分だけの人生

25歳になった。いいことも悪いことも、たくさんの経験をしてきた。その中で理解したことは、自分の人生はどこまでも自分のものだということ。

あなたは今、何をしていますか?誰の人生を生きていますか?

素直な自分を押し殺して生きることほど苦しいものはない。そんなのは死んでいるも同然だ。感情を押し殺して生きているのも死んでいるも同然。

あなたは自分の人生を生きれていますか?

このnoteを見てくれた

もっとみる

荷物の重さを比べる前に。

目の前にいる人が、その姿からは想像もできないような過去や悩みを抱えていると知ったとき、何を思うだろうか。

「自分よりもこの人の方がつらい経験をしているから、この程度でつらいと言っている自分が情けない、この程度でつらいなんて言ってはいけない」

もしそう思った人がいたら、わたしはそんなことないよとその人に言いたい。そしてそう思ってしまいがちなわたし自身にも、同じように言って聞かせたい。

他人のつ

もっとみる
素敵なことがありますように!
5

頭と心の回復速度は違うー僕の鬱病療養日記-18-

※このnoteは、小中高大と全てで不登校を経験。その後、教育系のNPOで活動するなどしていたが、2019年3月末頃より、鬱病を再発した僕の療養生活を記録しているものです。
 とりとめもない療養生活の日常の記録とともに、この期間を利用して読んでいる本や、見た映画など、芸術と思われるものについての紹介をしています。
 僕と同じように鬱や引きこもりで悩んでいる方、またその身近にいる方々、もしくはそこまで

もっとみる
心に染みます…。
4

嫌な人間関係がなくなる、かもしれない(わりと力を入れて書いた)方法。

家に帰るなり、妻に弱音を吐きました。半分は愚痴になっていたかもしれません。バタバタと夜ごはんの準備をしているにもかかわらず、です。まるで小さい子ども。いや、こうならないように、自分ひとりで時間をかけて心の整理をしたあとだったんですけど、まだ溜まっていたみたいです。

 最近は「これはキツいな、嫌だな」と感じる人間関係はずいぶんと減ってきていました。自分がたのしく、心地よく過ごせる人たちと付き合うこ

もっとみる
深呼吸、深呼吸〜。
51