主体性を育てる

社会探究型課題研究バラモンプラン(2)インキュベート編[1年生の取組その1] ♯4

2017年(平成29年)度がスタートしました。2年生がNIEで探究学習を進めていることとは別に1年生はテーマを何にしようかと考えながらスタートしました。NIEのときと同様に、運良くいろいろなところから声をかけていただきました。

財政教育プログラム

まずは、財務省です。6月に財政教育プログラムというものに参加をしました。

財務省の方が国家予算について講演をしてくださったあと、予算編成のシュミレ

もっとみる

見つけてもらうということ

日々過ごしていると、人の気持ちって本当に無限で一つとして同じものはないということを感じています。

今日は片付けになると何処かへ消える子の話。

彼女はすごく状況を読み取ることが上手。そしてシャイなところもあり、大人へのあたりが強いことも多々ある。でもすごく友だち思い。

だけど、あまり笑顔が見られないことが気になっていた。

いつも机を使って大掛かりな家を作って、下は寝床、上は積み木などを使って

もっとみる

自己決定のむずかしさ

あるツイートを見て思い出したことがあったので。

行きたくもない大学にいって適当にゲームしてたら留年した

これだけを見ると、自業自得と捉える人もいるんじゃないかと思う。

私は小学生中学生でもう十分お腹いっぱいに学校というものに嫌気がさしていたし、何度も不登校を繰り返していて、診断こそ成人してからついたものの、当時すでに自分には集団や組織が向いてないんだろうとは察知してたので、中学を卒業したら働

もっとみる

子どもから学ぶ「〜ねばならない」からの脱出方法

どーも!毎日の睡魔がエゲツない子ども研究家のくっしーです。

私はどうしても「〜ねばならない」が苦手。
見えない“常識”を押し付けられることも苦手な33歳。(ヤバめ)

知らない間に「常識」や「人に迷惑をかけないこと」やいろんなことに縛られて生きている私たち。

“思いやり”とも言えるのかもしれないけど、本当の“思いやり”とはなんだろう?

人に迷惑かけないように生きること?

私は何かに困った時

もっとみる

『 良いところや出来ているところにフォーカスする 』

「子どもについて感じていることを率直に話してみてください」

もしいま突然このように言われたら、あなたはなんて言うと思いますか?
考えてみてください。

ポジティブなことが多そうですか?
ネガティブなことが多そうですか?

じつは、ほとんどの場合、ネガティブ要素のほうが多くあがります。
それはなぜでしょう?

もっとみる
今夜は祝杯だ!
7

『 子どもたちが安心できる環境づくり 』

Googleのリサーチチームは、成果をあげるチームの共通点のひとつとして、心理的安全性があると発見しました。

心理的安全性って、なんとなくイメージできるとは思いますが、具体的にどんな状態かわかりますか?

それは、恐怖や不安を感じることなく、安心して発言や行動ができる状態のこと!つまり「本来の自分らしくいれる」状態ですね。

これは、家庭における子どもたちにも当てはまることです。

もっとみる
これで夢が叶ったぞ!!
4

考える習慣

インターネットやSNSが生活にかかせないモノとなった情報化時代のいま、私たちは日々大量の情報にふれていますよね。分からないことはGoogle先生がすぐに教えてくれるし、こちらから探しにいかなくたって、AIが私たちが求めていそうな情報をバンバン送ってくる。

でも、情報量が多いのはとてもイイことのようにみえて、実はリスクもあることを知っていますか?

ひとつは、情報に振りまわされてしまうリスク!

もっとみる
スキいただきました!!
13

受動的な姿勢はチャンスを遠ざける

親が勉強しなさいと言うから勉強した。
先生があなたの学力はこのくらいだから進路はこの位のレベルの学校にしましょうと言われたからそこから選んだ。
友達と仲良くするために友達と違う意見は言わない。
先輩や上司の言うことが断れないから渋々言うことを聞いた。

誰かにあれをやれ、これをやれと言われるのに慣れてしまった受動的な人は誰かに言われるまで自分で考えて動くという事が出来ない習慣を持ってしまっています

もっとみる

きのくに子どもの村学園見学 妻目線

(この記事は2015年に書きました)

行ってきました、和歌山県。

夫が頑張ってアレンジした旅は、なぜか成田空港から飛行機で関空へ、そこからレンタカーという遠回りルートでした。

ですが、きのくに子どもの村学園は、素晴らしいところでした。

山の中をひたすらくねくね、ガードレールもない細い道をレンタカーで30分以上走り、やっと到着。

山も関東のそれとは雰囲気が違ってダイナミック。土砂崩れ大丈夫

もっとみる
ありがとうございます!嬉しいです!
2

【主体性】主体的な学びとは?

どうも。ちょこひぐです。

2020年の学習指導要領にこんな内容が書かれているそうです。

「主体的・対話的で深い学び」

やっと、そういうことを考えるようになったようです。

対話的とか、深い学びとかは、字面でイメージできる内容と大きく変わらないような気がしますが、「主体的」って結構難しいんですよね。

今回は少し「主体的な学び」というところにフォーカスを当てて考えていきます。

====

もっとみる
これからもよろしく!!
5