たくさん歩く(金山巨石群) #104

前回からの続きです。

ずーっと昔から岐阜で訪れたかった場所。それが

金山巨石群(岩屋岩陰遺跡)
郡上八幡から国道256号で峠道などを越えて濃飛横断自動車道(無料)に入り、金山ICで降ります。下呂駅からだと車で20分ぐらいの距離です。

近くの馬瀬川(まぜがわ)を渡り、北上すること数分。

金山巨石群に着きました。

車は道路わきに駐車しましたが、他に誰もおらず、1人で独占でした。

まずは入り

もっとみる
やったー!やったー!あいたー!
86

おきていることから、あたらしい時代の解釈にうつり、幸せと歓びの準備をしている

こんにちは、Soniiです。
いつもありがとうございます!

今日の投稿も。

とてもふわふわと、しています。

大丈夫と、お感じでしたら。

お読みになって、くださいね。

2021年春分から。

みえるものも。

みえないものも。

おおきく、変化しているのを、感じています。

わたしのなかにあります。

ふるい時代からきています。

記憶のようなものに。

ねぎらいのベールを、かけていったり

もっとみる
ありがとうございます!!励みになります!!
112

雷乃発声

「わ、どうしたの?」

「急に降ってきたんだよ…もうびっちゃびちゃ。」

玄関先に佇むその姿を確認し、脱衣所へと向かう。
棚から畳みたてのバスタオルを手に取り再び玄関まで戻ると、少しでも水気を切ろうと服の裾を絞っている最中だった。

「はい。とりあえずタオル。」

「ありがと。志穂は?降られなかった?」

「今日はちょっと早く帰れたから…」

「そっか。そりゃよかった。」

頭をやや乱暴に拭いてい

もっとみる
このご縁に感謝を…😌
3

桜始開

ピ――――――ピ――――…ガチャン…

ワンルームの狭い城に洗濯を終えたことを告げる音が鳴り響く。
本棚を組み立てていた手を止め、小さなネジがなくならないようドライバーと一緒に元々入っていた袋に放り込んでから洗面台へ向かう。

内側にへばりついているタオルや洋服をほぐしながらかごに移し替え、年季が入りつつあるハンガー類を載せて部屋を横切る。
ゆらゆらと揺れるレースをくぐってこじんまりとしたベランダ

もっとみる
スキ…嬉しいです…!ありがとうございます😌
4

十二消息卦

十二消息卦(じゅうにしょうそくか)とは、一年の陰陽の盛衰を十二個の卦のかたちで教えてくれるものである。
消息というのは、呼吸のことだ。

私たちは、呼吸をすることによって、時空とやり取りをしている。
吸い込むことは、陰であり、
吐き出すことは、陽である。
口は、大きな影響力を持っている。

呼吸が、とても大事なことである。

陰と陽は表裏一体で、ボールは投げたら必ず落ちる。
極まれば変ず。

太陽

もっとみる
読んでくださって、私のおもいを受け取ってくださりありがとうございます!

気持ちに丁寧によりそっていくことで、幸せと歓びの未来に、すすむことができる

こんにちは、Soniiです。
いつもありがとうございます!

すこし前から、背中や頭がいたくて。

眠気も、ありましたので。

ゆっくりと、やすむように、していました。

2021年の春分は。

わたしにとって。

とても変化が、おおきかったようです。

一気に、あたらしい時代の。

かるいエネルギーが、はいってきて。

いれかわりを、しているようなのですね。

わたしがいま、感じていますことを。

もっとみる
ありがとうございます!!励みになります!!
120

春分の夜の夢

もう一ヶ月近く前のことだけど、ひさしぶりに”観劇”をした。とても印象に残る、いままでにない舞台だった。それは、英国のRSC(ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー)による、最新テクノロジーを駆使した”新感覚の舞台”。シェイクスピアの喜劇『夏の夜の夢』をインスピレーション源に制作された『Dream』というものだった。単なるオンライン配信ではない、まったくの新しい体験だった。

概要は、以下のブリティッ

もっとみる
シエシエ!
1

【春分】 雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)

この春、最初に雷鳴を聞いたのは、京都の友達の部屋でのことだった。ゴロゴロという乾いた音が、薄暗い空を平たく渡る。確かその日、関東にいる友達も雷のことをSNSに書いていて、「同じ空の下」にいるような、安心に似た気持ちを覚えた。

天気で思い出すのは、学生時代のことだ。上京したての頃、新聞奨学生として住み込みで働いていた。初めての東京。初めての新聞配達。しかも、早朝も早朝、朝の3時半に起きて、真っ暗の

もっとみる
(ねこぱんち)

雀始巣

「うっ…」

「大丈夫?ちょっと休む?」

「ううん、平気。」

苦笑しながら大きなお腹に手を添えている姿はまだ見慣れない。
手にしていた衣装ケースを玄関先に下ろし、急いで姉のもとに戻りその腕に抱えられている段ボールを受け取る。

「わ、ありがとう。」

「いいよ。ていうか、姉ちゃんは動かなくていいから。」

「でもちょっとは運動しなさいってお医者さんにも言われてるしさ…」

「だとしても、重いも

もっとみる
スキ…嬉しいです…!ありがとうございます😌
5