yasu

70歳。司法書士、元空手指導員。指圧が得意。SF、アクション映画好き。恋愛小説・恋愛映画無理、でも恋愛相談はわりかし得意。宇宙好き。コーギーという名前のコーギー犬を飼っている。爺婆の最優先事項は体力と看破し、体の鍛錬に余念がない。

yasu

70歳。司法書士、元空手指導員。指圧が得意。SF、アクション映画好き。恋愛小説・恋愛映画無理、でも恋愛相談はわりかし得意。宇宙好き。コーギーという名前のコーギー犬を飼っている。爺婆の最優先事項は体力と看破し、体の鍛錬に余念がない。

    マガジン

    • SPACE

      星や銀河、宇宙に関する記事です。 おお綺麗!から始まり、不思議だなとか、どうなっているんだと、 好奇心の向くまま

    • 鍛錬

      真人間に必要な鍛錬について、考え方、方針、方法等をまとめた記事です

    • 体一般

      体の働き、仕組み等に関する記事

    • 真人間

      真人間とはどういうものか、どういう考えを持つか、どうすればいいか。 また、真人間に必須の体力の涵養など

    • 難読文章読解実況中継 信託法

      難読文章の読解を法律の条文を使って、実際に読み進める過程の記事です。 ここでは、信託法を題材にしています。

    最近の記事

    固定された記事

    真人間の発見

    あるとき、主治医の先生に、「人間の賞味期限は50歳なのだよ。」と言われた。意味がわからず、一瞬ぽかんとした。 先生は、こんな禅問答のような話し方を時々される。 自分なりに、あれこれ考えてみたけど、わからない。 降参して、どういう意味か聞いてみた。 にこりと笑って(ニヤリではなかったと思う)、「生殖可能限界が50歳なのだよ。」と答えが返ってきた。 当時私は、50歳をすぎていた。 そんなことあるかい、俺はまだまだいけるわい。 と内心思ったことを覚えている。 もちろん人によ

    スキ
    288
      • 輝線星雲

        これは、オリオン大星雲として知られている輝線星雲です。 年齢は、1万年と若く、星々が誕生している領域でもある。 オリオンのベルトに当たる、三つ星の中央下方の小三つ星付近にあり、地球から約1,300光年の位置にあり、大きさは、約20光年に及ぶ。 中心部に4重星のトラペジウム (Trapezium) を主要な構成メンバーとする非常に若い星(青い)からなる散開星団がある。 ここから、発せられる強いエネルギー(紫外線)によって、周りの分子雲が電離させられ、光を放っている。 この

        スキ
        2
        • 三裂星雲(M20)

          これは、いて座方向、5,000光年の位置にある、3裂星雲(M20)という散光星雲である。大きさは、40光年ほどある。 さて、下の写真は、三裂星雲を拡大したもの。且つ上の写真と上下が逆になっている。 三裂星雲は、実は、輝線星雲、反射星雲、暗黒星雲の3つで出来ている。 この写真を見ると、真ん中に、三裂星雲の名前の由来となった、黒い筋が見える。この部分が、暗黒星雲。 その周りの、赤い部分が、輝線星雲。 そして、青い雲のように見える部分が、反射星雲だ。 それぞれ、性質が違う

          スキ
          27
          • ザ・ベストショット…アンドロメダを横切る流星

            2016年にペルセウス座流星群を撮影していた時に、撮られた写真。 アンドロメダ銀河を串刺しにする、神々の緑の槍のようだ。 流星の色は、流星が地球の大気に突入する時に、イオン化する流星に含まれる物質や大気の成分によります。 青緑は、マグネシウム、緑色はニッケル原子が発光する時に出る光と言われる。 この流星には、マグネシウム、あるいは、ニッケルが含まれていたのではなかろうか。 壁紙におすすめの一枚です。

            スキ
            24
            • 輝線星雲

              スキ
              2
              2時間前
              • 三裂星雲(M20)

                スキ
                27
                1日前
                • ザ・ベストショット…アンドロメダを横切る流星

                  スキ
                  24
                  2日前

                マガジン

                マガジンをすべて見る
                • SPACE

                  • 329本

                  星や銀河、宇宙に関する記事です。 おお綺麗!から始まり、不思議だなとか、どうなっているんだと、 好奇心の向くまま

                • 鍛錬

                  • 36本

                  真人間に必要な鍛錬について、考え方、方針、方法等をまとめた記事です

                • 体一般

                  • 10本

                  体の働き、仕組み等に関する記事

                • 真人間

                  • 18本

                  真人間とはどういうものか、どういう考えを持つか、どうすればいいか。 また、真人間に必須の体力の涵養など

                • 難読文章読解実況中継 信託法

                  • 3本

                  難読文章の読解を法律の条文を使って、実際に読み進める過程の記事です。 ここでは、信託法を題材にしています。

                • 「樹木たちの知られざる生活」まとめ

                  • 10本

                  「樹木たちの知られざる生活」を読んで、面白かったところ、あるいは読んでインスピレーション等を得られたところをまとめてみました

                • SPACE

                  • 329本

                  星や銀河、宇宙に関する記事です。 おお綺麗!から始まり、不思議だなとか、どうなっているんだと、 好奇心の向くまま

                • 鍛錬

                  • 36本

                  真人間に必要な鍛錬について、考え方、方針、方法等をまとめた記事です

                • 体一般

                  • 10本

                  体の働き、仕組み等に関する記事

                • 真人間

                  • 18本

                  真人間とはどういうものか、どういう考えを持つか、どうすればいいか。 また、真人間に必須の体力の涵養など

                • 難読文章読解実況中継 信託法

                  • 3本

                  難読文章の読解を法律の条文を使って、実際に読み進める過程の記事です。 ここでは、信託法を題材にしています。

                • 「樹木たちの知られざる生活」まとめ

                  • 10本

                  「樹木たちの知られざる生活」を読んで、面白かったところ、あるいは読んでインスピレーション等を得られたところをまとめてみました

                記事

                記事をすべて見る
                  • Halo of the Cat's Eye (改訂版)

                    これは、キャッツアイ星雲(NGC 6543)という惑星状星雲の写真です。 一般的には、こちらの写真の方が馴染み深いだろう。 キャッツアイとはロマンチックだが、法螺貝という人もいるようだ。私は、法螺貝の方がピンとくる。 ところで、惑星状星雲とは何か。 そうなんだ、なるほど。 ・・・・とは、ならない人も多かろう。 と、反省してこの改訂版を書いている。 ・だいたい、赤色巨星とはなんだ。 ・赤色巨星の外層が噴き出すとは、どういうことだ。 ・それが光るとは、どういうことか。

                    スキ
                    27
                    • Halo of the Cat's Eye

                      これは、キャッツアイ星雲(NGC 6543)という惑星状星雲の写真です。 これは、同じキャツアイ星雲の拡大写真 さらに、拡大した写真で、可視光線とX線の画像を合成してある。 さらに、拡大された写真。 ということだ。 しかし、それだと、下の画像のように、ガスは球形に広がるんじゃない? こんな、キャッツアイと言われるけど、法螺貝のような形になるのは、おかしくないか。 つまり、ガスが一定の方向ではなく、複数の方向に向かって噴き出しているじゃないか。 そこで、天文学者は、

                      スキ
                      28
                      • してあげる、してもらう

                        g今回も、ももまろさん。 ある本に書いてあった。 詳細は忘れたのだが、確かイギリスの政治家の話。 宿敵のような相手がいて、いつも自分の意見に反対する。 おべっかや賄賂が効く相手でもないし(清廉な人だったらしい)、さて困った。どうしようかと考えた。 いろいろ、相手のことを調べると、とても貴重な本を所持して大事にしているということがわかった。 そこで、手紙を書いた。 「貴殿は、○○という本を所蔵されているとのこと。小生非常に興味があります。誠に不躾でありますが、小生に貸し

                        スキ
                        36
                        • 土星・・・のような月

                          おお、土星がでかい! 綺麗だ。 なんて、土星がこれくらい大きく見えるところまで来たら、そりゃあ、綺麗だなんて言っておられない。 それこそ、天変地異。地球環境は、大混乱になって、果たして人類は生き延びられるかどうか。 多分現代文明は、崩壊を免れないと思う。 これが月でよかった、ということだ。 この写真は、2019年12月の早朝、日の出前に、ガテマラで撮影されたもの。 月は、三日月なのだが、月の夜の部分が、地球光(Earth lightによって、照らされ、それが反射して(E

                          スキ
                          27
                          • 知っているじゃなく、使える知識に

                            ももまろさんの記事を読んで、そうなんだよと思ったので。 私は、パソコンは最新鋭の、それもできるだけ最高スペックのものを買って来ました。 しかし、ある時気づきました。 使いこなしていない! スペックの10分の1どころか、多分100分の1も使いこなしていない。次から次へと、新しい機械を買うことで、何か、その機械の能力が自分のものになったような、そんな気になっていただけだと。 この事実に気づいた時、愕然としました。 それから、最新鋭機を追いかけるのは、やめました。 手持ち

                            スキ
                            38
                            • ダビンチグロー・金星・火星

                              明るく輝く宵の明星、金星。 その上に、火星。 地平線近くにあるのが、三日月。 三日月は、夜の部分が、ダビンチグロー(地球照)によってオレンジに光っている。 コンゴのルアラバ州で撮影された。 日没直後の紫と紺色の空と相まって、綺麗な絵だ。

                              スキ
                              24
                              • 痙攣! ?▷※$&%

                                脚力の伸びがイマイチなので、トレーニング方法を変えてみた。具体的には、片足スクワットが十分にできないので、一段階落として、クローズスクワットを丁寧にやり直すことにした。 調子があまり良くなかったけど、100回やることにした。 50回を過ぎた頃、だるいなという感じになってきた。 70回、そろそろヤバイな。フォームが崩れ始めてきた。 85回。一回休んだ。 90回、もうダメ。 しかし、ここで止めるという選択肢はない。 最後の10回は、足がちぎれようが、粉砕しようが、続けるとい

                                スキ
                                23
                                • 黄道光が光る夜空

                                  地上から、天の川に向かって、立ち上る三角形の光。これは黄道光。 その光に包まれるようにして、明るく輝くのは、金星。 天の川のバルジ(中央のふくらみ)から、地上に向かったところに光るのが、地球に最も近い恒星である、アルファケンタウリ。 南半球の早春である、9月末にブラジルのカスカベル州で撮影された。 しばし見惚れてしまう、幻想的な風景だ。

                                  スキ
                                  27
                                  • +4

                                    今日の黄昏

                                    スキ
                                    22
                                    • 月光の薄明光線 over Denmark

                                      デンマークのリムフィヨルドに現れた、薄明光線。 澄んだフィヨルドに浮かぶ小舟と、夕日のような月の光が穏やかな水面に映え、見応えのある風景になっている。 この写真には、他に、木星そしてアンドロメダ銀河も写っている。位置関係は、下記写真を参照されたい。

                                      スキ
                                      24
                                      • あれ、画像の予約投稿できなくなっている。

                                        スキ
                                        9
                                        • +5

                                          夕暮れ

                                          スキ
                                          27