ニューヨーク公共図書館

映画『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』(2017年・アメリカ)

久しぶりの映画。
忙しい夫と2人で、見たかった映画のために時間をつくってデート。3時間の映画で、途中休憩があるのは久しぶり。いまどきはデジタルなので、フィルム交換とかないから。私が過去に経験した映画の休憩は、学生時代に見た『風と共に去りぬ』だけだった気がする。

りっぱな建物で、充実したスタッフで、潤沢な予算。
日本からみればそんなふうに見えるニューヨーク公共図書館。でも、内部は日本と同じ。利用者

もっとみる
ありがとうございます!thank you!謝謝!감사합니다!
3

映画で学ぶ、図書館のあり方

こんにちは。

図書館が舞台の映画ってあまりないんですが、昨年と最近観た図書館を舞台にした映画がすごく面白く、そして今まで抱いていた図書館のイメージがだいぶ違って感じるようになってきたので、その思いをnoteに書いてみたいと思いました。

その2本の映画の紹介と、そこから見える図書館のあり方を書いていきたいと思います。

『パブリック 図書館の軌跡』

まず1本目は、2020年7月17日に公開され

もっとみる

publishing news 2020.08.07

広義の出版関連ニュースをデイリーでまとめています。見落としてたのを後から拾うことも。イベント情報は、参加者募集中のあいだは載せ続ける感じで。

国内

◆ 図書館に書籍除菌装置 利用者「安心して借りられる」〈岐阜新聞〉
https://this.kiji.is/664267297985610849?c=491375730748638305

◆ 「単行本が売れること」をゴールとした『ニコニコ漫画』

もっとみる
Obrigado(ありがとうございます)
3

映画『パブリック 公共図書館の奇跡』2018年・アメリカ

舞台は寒波に見舞われるアメリカのシンシナティ。
公共図書館には、いつも開館と同時にホームレスの人たちが洗面所を使いにやってきて、歯を磨いたり、顔を洗ったりする。でも、今回はホームレスを収容するシェルターが満杯で、凍死者も出ているということで、ホームレスたちも切羽詰まる。夕方の閉館時間になっても出ていかず、図書館の3階に立てこもる。

行きがかり上、彼らのまとめ役になってしまった主人公スチュアートも

もっとみる
ありがとうございます!thank you!謝謝!감사합니다!
2

publishing news 2020.06.26

広義の出版関連ニュースをデイリーでまとめています。見落としてたのを後から拾うことも。

国内

◆ JEPA、Webセミナー「中国の出版・教育事情――進むデジタル化とオンライン化」30日開催〈ICT教育ニュース〉
https://ict-enews.net/2020/06/26jepa-3/

◆ 新型コロナ:図書館も新常態 電子書籍貸し出しなどで脱「来館」〈日本経済新聞〉
https://www

もっとみる
Danke(ありがとうございます)
4

ニューヨーク公共図書館オリジナルTシャツ販売中!

ニューヨーク公共図書館オリジナルTシャツをミモザフィルムズオンラインショップで販売中!

4,500円(送料無料)
サイズ:XS・S

ぜひお買い求めください!

もっとみる
スキありがとうございます!
6

publishing news 2020.06.08

国内

◆ マンガAI翻訳「Mantra Engine」の開発会社が8000万円の資金調達を実施
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000059295.html

◆ フレーベル館、アンパンマン絵本『きれいにしようね みんなのて』を期間限定で全ページ公開
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.0

もっとみる
Danke(ありがとうございます)
4

図書館の在り方

図書館は単なる書庫ではない、図書館は人である。

図書館は民主主義の柱だ。

映画「ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス」
3時間以上にも及ぶフレデリック・ワイズマンによりドキュメンタリー映画である。

私は”図書館を人”と言い切る、意表をつかれた思いと、とてつもない心のワクワクを上映中感じていた。
ニューヨーク公共図書館を通してアメリカという国、そこに住む人々が見えてくるのが面白く、こんなに

もっとみる

絵画-11-ニューヨーク公共図書館、薔薇

美術館だけでなく、図書館も
パブリックドメインの作品を楽しむことができます📖

【第11弾 ニューヨーク公共図書館の薔薇の絵】

ニューヨーク公共図書館は、アメリカのニューヨーク市にあり、私立の図書館としては世界屈指の規模をほこる。トレードマークのライオンのLeoや映画でよく登場するマンハッタンにある本館の建物は有名ですね。

ニューヨーク公共図書館のデジタルコレクションのサイトはこちら。

S

もっとみる
ありがとうございます😊

パブリックってなんだろう? ~映画『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』~

映画『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』は、今年(2020年)90歳のドキュメンタリー映画の巨匠フレデリック・ワイズマン監督の第41作目にあたる作品だ。

フレデリック・ワイズマンは、ナレーションや解説を一切排し、映像そのものにじっくり語らせる手法で、現代社会で起こっているできごとや学校、病院、刑務所などのさまざまな施設にフォーカスを当てたドキュメンタリー映画を制作してきた映像作家だ。その

もっとみる
ありがとうございます。
4