Senri Oe TomiJazz Live #3 in NYC

11月30日
この日はThanksgiving のホリデーweekend。仕事が1年で1番忙しい時期なので、休みは1人で温泉に浸かる感覚でゆっくり楽しみたい。TomiJazzには1人で行こうと思っていました。

でも、友達の追加追加で結局

トータル5名+1名現地参加。

まずは、みんなで日本のスーパーへ。隣りには百均も出来ています。日本の2倍?3倍の値段ですが、あるだけ有難い。簡単に買い物をして

もっとみる
You made my day!!💓
12

ニューヨークが決勝に行きましたね

今年の決勝進出者は
心機一転。
初出場の組が多く、入れ替わりを感じますね。

そんななか、大好きなニューヨークが決勝に勝ち上がりました。
う、うれしい。
今日はそういう記事です。
すいません。

こんなことってあるんだなぁ。
って、ずっとそして、また思っています。
東京03、エレキコミックに次ぐ3回目です。私のお笑い人生でこんなふうに思うの。
賞レースとは関係なく、自分の好みだけで大好きになって、

もっとみる

R日記 ~14日目~ニューヨークのヘルシー事情

本日は初めての
"Chipotle(チポレ)"。

アメリカで大人気の
メキシカンファーストフード店である。
https://www.chipotle.com/

以前妻の妹がニューヨークに遊びに
来たときに、一人で買いに行ってたので
自分もトライしようと思いったのだ。

だが、実際に注文してみて
英語は早いし、初めて聞く
単語のオンパレードで
かなり苦戦した。

トマトピクルスを
Pico

もっとみる

M-1ファイナリストを僕の知っている知識のみで説明する

#からし蓮根
熊本弁を駆使したコンビ。西のからし蓮根、東のマカロンと僕は呼んでいる。割とオーソドックスな漫才コントをしているイメージがあるがボケの強烈なキャラクターとツッコミのワードセンスが光る。関西を代表する第7世代。

もっとみる

クレイジーな花屋さん in ニューヨーク

クレイジーな花屋さんカルロとはサッカーワールドカップが開催された日本 vs コロンビアの試合をスポーツカフェなどで見るため、日本人街と言われているイーストビレッジを友達と歩いている時に出会いました。

彼は私たちが日本代表のユニフォームを着ていたので、これから試合観るの?一緒にいい?と気さくに声を掛けてきました。

3人でウロウロとお店を探していると今度は韓国人男性が試合観るの?僕も一緒にいい?と

もっとみる

NYのデザイナーが選ぶ「思いっきりモード」なウェディング・フォント

NYでデザイナーをしているKanaです。今回は、自分の結婚式を機に考えた「ウェディングのためのフォント」について、noteにまとめておきたいと思います。

ウェディング・フォントについて

フォントには様々な生い立ちやキャラクターがあります。結婚式全体の雰囲気を演出する際に、フォントは想像以上に力を発揮します。式場はホテルなのか、レストランなのか?ドレスは愛らしいプリンセスドレスなのか、大人っぽい

もっとみる
Thank you so much!
8

形に のこす。 アーティストから教わったこと。

今日は のこすということについて少し書きたい。

それは、ニューヨークに行った時のこと。

わたしはニューヨークのブルックリンで、3人のアーティストたちが集まる家に1週間居候させてもらった。
50歳に近い日本人のアーティストが1人、それに40代の女性のアメリカ人、メキシコ人である。  

彼らから教わったことがある。

だいたい45歳を過ぎてから、
人生においてこれから何をのこすことができるか

もっとみる

ニューヨーク、一人旅(2)

――NY、食のバイブル

「ニューヨーク おいしいものだけ!」という、タイトル名以上に?センスの良い本をこの旅の食のバイブルにした。いわゆるガイドブックみたいに情報量が多いのではなく、作者の方のセンスでセレクトされたお店が100ちょっと取り上げられている。コアな感じのお店だけでもなく、マグノリアベーカリーのような有名店もちゃんと紛れているのが、私としては信頼できると思った。笑 流行り物でも、良い物

もっとみる

ニューヨーク、一人旅(1)

リフレッシュ休暇のススメという記事でご紹介したような経緯で、11月のある日、一人でニューヨークに降り立った。とりあえず宿だけ予約、あとは気の向くまま、刺激されるままに、生きていれば何をしても良い、無計画な5日間。

いつどこに居るかで何に遭遇するかも違う。そこで遭遇した出来事から次やることを決めてみるのだから、ガイドブックをなぞるような旅とは違う、自分だけの旅。本当にどんな時間になるかが分からなく

もっとみる

R日記 ~13日目~アジアの保養地、にっぽん

ドイツが2015年から受け入れた移民は
100万人超とも言われる。

メルケル首相は日本より
手が早い。

日本の魅力。
観光、農業、教育。
ホテルや古民家は歴史があり、
おもてなしの質も高い。
海外に来て実感する事実だ。

風光明媚なリゾート、にっぽん
ビジネスとしては先細り感が否めない。

日本にいると「日本ってやっぱりいいよね、
すごい国だよね」という記事やニュースが
よく目に入ってくる。

もっとみる