夕遊

2020年夏からnote練習中。信州生まれ。現在、大阪でお仕事中。一時、広島。神戸、松山での仕事経験あり。いつも、次に旅したい場所を探しています。おもしろい本やマンガ、映画をコメント欄などでおすすめしていただけると大喜びします。
    • 夕遊の中国旅

      夕遊の中国旅

      • 76本

      中国大陸とその周辺に関連する本や映画の話題を集めてみました。

    • 夕遊の本棚

      夕遊の本棚

      • 283本

      ひと仕事終わって、おいしい珈琲や紅茶を片手に読みたい本。仕事で読む本。とにかく、たくさん読みたい、楽しみたい私の本棚をご紹介します。

    • 夕遊の囲碁・将棋

      夕遊の囲碁・将棋

      • 24本

      『ヒカルの碁』にはまり、『呉清源』が好きで、わかりもしないのに将棋電王戦関連の記事を読み漁って、藤井聡太二冠のメンタルの強さを百分の一でいいから見習いたい私の修行記録(?)です。

    • 氷室冴子作品を語りたいっ!

      氷室冴子作品を語りたいっ!

      • 14本

      学生時代に大好きだった氷室冴子さん。彼女の作品にどれだけ救われたことか。 家庭を持って、仕事も落ち着いた今、娘や夫と一緒に改めて作品を楽しみつつ、感じたあれこれを書いています。

    • 夕遊の言の葉

      夕遊の言の葉

      • 55本

      言葉や外国語、海外生活に関する記事をまとめてみました。

    • すべてのマガジンを表示

「政治の国」の俳優群像。『京劇』加藤徹

一般的に日本人が「京劇」という言葉から連想するものとは全く違う、中国の歴史と政治と俳優像が浮かび上がる内容で、しかも京劇や中国に予備知識がなくても楽しめる本。ハ…

沁み入るような静かな世界。『猫を抱いて象と泳ぐ』小川洋子

小川洋子さんの作品は、『博士の愛した数式』以来です。とてもすばらしい作品で、しかもちょうど私が広島で3年間過ごした後に読んだので、広島カープへの思い入れもあって…

ニンゲンの根源的欲求からみる異国。『性と欲望の中国』安田峰俊

安田峰俊さんはBlog時代からのファン。書かれた本はだいたい読んでいます。その中でも、他の中国クラスタの追随を許さないのが「エロ」部分。 女性ライターの福島香織さん…

『住友の歴史』住友史料館編集・朝尾直弘監修

企業としての住友は、鉱山業とその関連産業を軸として成立・展開してきた財閥で、歴史はおよそ四百年以上。まず、ここから驚きました。そんなに長い歴史があったとは。そし…

ロックでなければ宗教じゃない!?『前衛仏教論』町田宗鳳

著者の町田宗鳳先生は宗教学が専門。先生によれば、「宗教の思想とは、もともと危ない前衛的もの。また、そうでなければ意味がない」のだそうです。つまり、ロックでないと…

『ベルサイユのばら』の思い出と氷室冴子さん

この夏は非常事態宣言だったので、大阪市内のホテルで1泊お泊りしました。夫と1日違いで誕生日の娘の2人のために、平日にお休みもとって。娘が選んだのは、なんとマンガ…