夕遊の本棚

227

農村医療の実践者。『信州に上医あり』南木佳士

寒村の小さな診療所にはじまり、いまでは全国に知られる佐久総合病院。そこに敗戦直前に赴任し…

著名な作者と家族の話。『星新一 一〇〇一話をつくった人』最相葉月

星新一『明治の人物誌』がおもしろかったので、評判の本書も読んでみました。そして、期待通り…

続きが気になりすぎる。『剣嵐の大地』下(氷と炎の歌3)ジョージ・R・R・マーティ…

原作もとうとう6巻目。未読分が少なくなってきました。作者様、マーティン様、過去編の執筆も…

こんなハイジャックがあるなんて!?『シャドー81』ルシアン・ネイハム

ロサンゼルスからハワイに向かっていたジャンボ旅客機が、無線で驚きの通告を受けます。なんと…

人間くさいドラマが魅力。『剣嵐の大地』中(氷と炎の歌3)ジョージ・R・R・マーテ…

ページをめくるのがもどかしいくらい、先が楽しみな読書です。 以下、これまで同様、ドラマと…

自分を知ることからスタート。『誰でも美しくなれる10の法則』ティム・ガン

以前、NHK教育でやっていた素敵な番組『ティム・ガンのファッション・チェック』。英語の先…

原作の登場人物はみんな若い。『剣嵐の大地』上(氷と炎の歌3)ジョージ・R・R・マ…

シリーズが進む毎に、各方面、色っぽい話になってきました。引き続き、ドラマと原作の違いに注…

旭川に行きたくなる。『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』太田紫織

娘がおすすめしてくれたので、通勤時間に読んでみました。結構おもしろかったです。 アメリカ…

女たちの戦い。『狼王たちの戦旗』下(氷と炎の歌2)ジョージ・R・R・マーティン

引き続き、『ゲーム・オブ・スローンズ』との違いを楽しみながら。 一番大きな違いはロブの彼…

クールなエッセイ。『本棚から猫じゃらし』群ようこ

群ようこさんの作品は友達が大好きでした。私は、友達のおかげで、いくつか本のタイトルも知っ…