読みスクラップブック

354

【プロフィール 】1言語1人格で、キャラを追加し続ける語学講師

こんにちは、はじめまして。Langnalityというオンライン英語塾を運営している「ゆう」と申します。

今回は初回投稿を記念して、「語学を通して自分を作り変えることは可能なんだ」というメッセージを込めて自己紹介をしていきます。

まず、現在わたしは英語を教えることと外国人に日本語を教えることを仕事としています。英語は、留学中・留学に行きたい大人の受講生を対象に教えていますが、日本語は大人だけでは

もっとみる
語学の裏設定で非日常の味わいを!フォローして頂けると役に立てるかも!?
47

平凡で平穏な日々が安穏に続きますように

新しい年が始まりましたね。僕はもともと商売人の家庭に育ったのと、13歳から父が亡くなり母子家庭だったのとで、新年は母が働いてサポートをする家庭でした。

ひるがえって現在、70を超えてなお現役の着付師である母は正月は繁忙期なので着付の依頼を受けて某ホテルやらへ出張。僕は妻と娘2人とのんびりとした元旦を過ごしております。

こうして正月が来るたびにもう20年以上前の1月17日のあの阪神淡路大震災を思

もっとみる
次回の話は考え中〜
55

”社会”からの同調圧力と日本がオワコン化した理由

yoko_kishimotoさんの記事、『帰国すると、イライラしがちな日本人に戻る問題」を読んだ。

「電車の中でうるさく電話をする人、道いっぱいにならんで歩く人、進まないバス、愛想のない居酒屋の店員。ベトナムに住んでいる時には、気にもとめなかったことに、イラっと胸が騒ぐ。」

読んでいてこのきもち、すげえわかると思った。自分でも別人かよ!と思う程、居る国の常識に感情の余白が左右されることがある。

もっとみる

【書評】首都感染

本書は、大規模な地震や原発のメルトダウンをテーマにした小説を大震災の何年も前に著していたりして、本当に預言者かと思うような作品を次々に発表されている高嶋哲夫さんが2010年に発表した作品です。

若干ネタバレを含めて、作品を読む楽しみを奪わない程度にあらすじを紹介すると、北京オリンピック後の20XX年、中国でサッカー・ワールドカップが開催されたという背景設定のもと、雲南省でH5N1インフルエンザウ

もっとみる

まちあるきZINEを続けたい理由

最近は、新潟で色んな地域を歩いて、みんなでひとつのZINEをつくるイベントを開催しています。今週末にもひとつ、新潟の北限村上市で開催予定。

今回はそのイベントのはじまりと、なぜ続けていきたいのかについてちょっと書いてみようと思っています。

まちあるきZINEのはじまり

ことの始まりは、2019年1月下旬。伊佐さんのコミュニティ #旅と写真と文章と でご一緒したことみさんが、新潟に来るとのこと

もっとみる
ありがとうございます!
11

ロンリー・プラネット―私と世界との出会い

ロンリー・プラネット(Lonely Planet)英語では「孤独な惑星」という意味になりますが、これは英語圏の国々で出版されている旅行ガイドのこと。日本でいえば「地球の歩き方」と同じようなものですね。さて、私はこのガイドブックを手に、22歳の時、ニューヨークに留学しました。初めての海外、初めて独りで乗る飛行機。すべてが初体験でした。それが私の今に至るまでの人生のコアになる部分をつくったのだなと思い

もっとみる
サンキュー、嬉しい♡
4

その土器ください

「その土器を私にください」
もらえないのはわかってる。けどこうも言いたくなる。
岐阜県土岐市でそんな土器を見た。

私はやきものが好きで、なかでもアジア全域の古い器が好きだ。こんなざっくりしたカテゴライズだったら縄文土器も好みに入ってもいいはずなんだけど、縄文土器に他のやきものに見ているような美しさを見ることは少ない。理由はふたつあって、ひとつは縄文土器から拾える情報が多くなりつつあることで、もう

もっとみる
ハニワも好きです
167

3年間のnoteより。ビュー数トップ10。

ちょうど3年前にnoteを始めました。
最初の日の初めの記事は活動紹介と決めていたので 途中で色々と書き足していたんですが、先日、手直しをしている途中で下書きと間違って本記事を消してしまったため、内容を新しくして こちらに作りなおしました。 
https://note.mu/maryann/n/nf445e0c4e2aa

閑話休題。せっかくの節目なので、
3年分の記事でビュー数の多いものを拾って

もっとみる
良いことがありますように。乾杯!🥂
110

「僕は いるよ」の気軽さで。

山登りだ。空気が素敵に美味しい。僕らはワンゲル部。
五人で急角度の小径を登っている。
「村石君、ラジカセを持ってきたんだって?」
「持ってきたよ、音楽かけようか?」
「山登りにさ、ラジカセなんて持ってくるやついないぞ」
「僕はいるよ」 ( 森博嗣「アイソパラメトリック」)

このやりとりが すごく好きだ。
「そんなやついないぞ」に対して「僕はいるよ」。
ひと休みするのにちょうど良さそうな 切り株の

もっとみる
Thanks a lot ! Cheers! 🥂
131

「小説推敲補助ソフト「Novel Supporter」」1.5.9 公開。

https://crocro.com/pc/soft/novel_supporter/

各種大量にバグ修正。