「ポスト・アイデンティティ」という話

アイデンティティ不要論
 わたしとは誰なのか。自分とはどういう人間なのか。誰もが成長過程で突き当たる問題だと思います。そして、自分はどういう人間なのか、他者と比較をする中でアイデンティティを確立してゆく。

 アイデンティティは、自己形成に必要不可欠なものとして考えられがちです。「私は男である」「私は女である」「私はトランスジェンダーである」「私は日本人である」「私はアメリカ人である」というような

もっとみる
ありがとうございます!
8

不平等を考える 斎藤純一

本書を読んだ中で印象に残った箇所をレジュメ形式にまとめた。

不平等とは不平等とは、単に同じでないことを意味するわけではない。人にとって、「値しない」有利、不利が、社会制度や慣行のもとで発生し、再生産されている事態を不平等と提起している。

制度の役割制度の重要な役割は、市民が他の市民の意思に依存する関係に陥らないように、不利な立場にある者が他者の恣意に対抗しうる条件を保障すること。

市民の間に

もっとみる
ありがとうございます😊😊

二匹目の蝶

久々にキャリア理論について書いてみようと思います。

というのも、キャリアコンサルタントの国家試験後、あまりキャリア理論に関する勉強が出来ておらず、このままではヤバいという危機感が日に日に増してきたからです。

実技面接試験で求められるような傾聴の姿勢や言葉遣い、質問の仕方や寄り添い方は、社会人として他人と接していれば、自然と磨かれるものですが、知識に関しては自ら磨かなければ衰えてしまいます。

もっとみる
嬉しいです!ありがとうございます
27

「ドラゴン桜2」第3話 桜木のセリフに痺れた夜。

”国はな、お前らには馬鹿なままでいてほしいんだ。それが本音なんだ”。

ぼんやり見ていたドラゴン桜に、一気に視線が持ってかれた。

”何にも疑問も持たず、何にも知らないまま、調べないで、ただひたすら政府の下で働き続け、金を払い続ける国民であってほしい。それを別の言葉で言い換えると何だ?”

「社畜!?」

桜木の問いかけに、反射的に答えていた。

かつて、立教大学ほどの私大に通いながら、まともに単

もっとみる

そこに矛盾が「ある」のではなく、モノサシがいびつなだけという話。

「自分の中にある矛盾する側面」。最近興味があるテーマのひとつがこれだ。

刺激に敏感で、刺激に触れるとすぐ疲れちゃうくせに、刺激を求めてつい動いてしまう(HSS型HSPっぽい気質)。

自己肯定感が低いくせに、それなりに自己効力感はあって、理想と現実のギャップに苦しんでしまったりする。できないと思う自分と、できると思う自分が同居しているみたいな感じ。

自分はなんで矛盾する気質ばっかり持っているの

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
5

#02-2 ここまでのまとめと補足(歴史とはなにか)

前回こんな記事を書きました

この記事はシリーズのつもりで書いてるので、
今までの話をまとめ&説明しなおしてみると

音楽に絶対的な良し悪しは決められないよね、
そこにあるのはすべて、好みの差。

でも食べ物の好き嫌いと違って、音楽は、
好き嫌いを判断するにはあまりにも
ジャンルによって機会や文化の差が大きすぎる。
もう少し音楽ジャンルの全体像を明らかにしたい。

そもそもジャンルって何だろう

もっとみる

性悪説VS性善説【連載】人を右と左に分ける3つの価値観 ―進化心理学からの視座―

※本記事は連載で、全体の目次はこちらになります。第1回から読む方はこちらです。

 人間の本性を協力的なものと捉える見方と競争的なものと捉える見方は、哲学における性善説と性悪説の対立と深く関係しています。人間の本性が善なのか悪なのかについては、紀元前から西洋東洋問わず、様々な思想家によって論争が繰り広げられてきました。

 西洋では、紀元前385年に生まれた古代ギリシャの哲学者、アリストテレスが性

もっとみる
スキありがとうございます!
17

どうして社会学とリベラルアーツはこうもリベラルなのか

疑問に思っていることをまんまnoteのタイトルにして考えていくスタイル、発動。

さて、私の大学での専攻は経済学と社会学の二重専攻です。なんてことない取り合わせな気がしますが、周りにすごく多いかというとそんなことはありません。では経済学や社会学を専攻の一つにする人が何と組み合わせるかというと、

経済学:数学、統計学、情報科学
社会学:環境学、平和学、言語学、人類学

という感じです。経済学グルー

もっとみる
ありがとうございます!今後も執筆がんばります。
3

異なる二重の言語体系へ訴求。言語学からマーケティングを捉える。

最近、マーケティングという曖昧でざっくりとした概念を、ビジネスの文脈からではなく、社会科学的に考えることにハマってしまって。笑
今日は、言語学の観点からマーケティングについて再考してみようと思う。
参考文献:「はじめての構造主義」

言語学×マーケティング言語学で著名なソシュール。この人の考え方は何度か読んだことがあったが、マーケティングとの関連性という観点から、新たな発見があった。

ソシュール

もっとみる
ありがとうございます☺️
12

#02 音楽のジャンルってなに?

音楽には様々なジャンルがありますよね。
詳しくない人でもパッと思いつきそうな感じで例をあげると、
クラシック、ジャズ、ロック、ヒップホップ…
こんな感じでしょうか。
または、2020年代の日本を中心に考えると、
Jpop, 邦ロック,アイドル,ボカロ…というふうな例も妥当ですかね。

音楽好きなら一度は考えたことがあるはず。
そもそも音楽のジャンルって何だろう?と。

ストリーミングサービスで曲を

もっとみる
ありがとうございます!
15