人気の記事一覧

「共感」は疲弊するが、「思いやり」は健やかで優しい、という研究

今すぐ使える!人間関係が楽になる心理テクニック8選!

3週間前

人間心理学<双曲割引>

1か月前

心理学|ポリヴェーガル理論

心理学|デキル人になる心理学とパワハラに耐える方法

2週間前

心に安心感を育む方法 それは、子供の頃に嫌なことに対して嫌だと言うこと 嫌なことと自分との間に境界線を引けると、自分を守る壁ができ心の安全が保たれる だから、反抗期は安心感を育む大事な時期 親の言う通りに育つ子は、心の安心感を育めない 言うことを聞かない子は、健全に育っている

「あまりに辛くて自己受容ができません」 「悲しみや辛い気持ちが深過ぎる場合、無理に受容しなくてもいい」 「心の傷は癒せないんでしょうか?」 「自分の感情と向き合うことができないときは、専門家に話す、日記を書く、または気分転換してみるのも良い」 心の傷を修復するには時間も必要だ

「過去と他人は変えられない」 だが、それは他人に何も望むべきではないということではない 相手にしてもらいたいことは素直に言葉にしてもいい 大切なのは、何を変えてもらいたいと伝えるか 変化の依頼は行動だけにしよう 考え方や価値観、感情の変容を促すと、自己否定された気持ちにさせる

あなたはどのタイプ?6タイプ別の伸ばし方の教科書

「自分を大切にする方法がわからない」 自分のことを大切にする感覚が持てない人がいる 自尊心を育むにはどうすれば良いのだろう? それには自分のルーツを知ること 親や祖父母の出自 先祖代々の家系図をつくり、自分に至る歴史を知る 自分が生まれるまでの軌跡を辿ると、自分自身を尊く感じる

「大丈夫、なんとかなるよ」 ポジティブな発言は、不安になりやすい人を勇気付ける だが、ポジティブ思考の人は準備を怠りやすい ポジティブな言葉だけで何もしなければ、後に痛い目に遭うだろう 計画を立てるときは悲観的に、実行するときは楽観的に どんなに準備しても、し過ぎることはない

「疲れ過ぎてしんどい」 身体が疲れ果てると、身体を休めただけでは、疲労が取れたように感じない 心が荒んでしまうと、心を癒そうとしても上手くできない 心と身体は一体だ そんなときは…

「自己愛を深めたい」 自分に厳しかったり、高みを目指して来た人は、自分を愛することが苦手だ 自己愛を深めるにはどうしたらいいだろう? 自己愛は、本来の自分を好きになること 自分のインナーチャイルドに向けると良い 幼少期の自分の気持ちを思い出し、それを無条件に愛してみよう

心理学|サニーブレインとレイニーブレイン

願いをイメージする力

楽観主義と楽天主義 私なりに言葉を定義すると…

「親しき仲にも、感謝の言葉は口にすべきだ」 「感謝は言葉にするよりも、実際の行動で示すべきだ」 二人は互いに感謝してるのに、感謝を表現するかたちが異なるのですれ違う コミュニケーションエラーが起きるのは、自分の主観を相手に求めるから 愛のカタチは人それぞれ お互いを尊重しよう

学習時間が2倍になる方法【学習心理学】

良い習慣を続けるコツと意志の力【習慣化】

昨日は娘の6歳の誕生日 子供の1年は大人の何倍ものスピードで進むようだ 箸も使えるようになったし、逆上がりもできるようになった できることが増えて、やりたいことも増えた 私はどうだ? 子供の成長は速いが、こちらも負けていられない まだまだ47歳伸び盛り 良きライバルは目の前にいる