篠田真貴子

真(まこと)てふ 貴きものを心にて 永き世ゆかむ 人と和みて エール株式会社取締役 https://www.facebook.com/makiko.shinoda

この状況は私たちに何を問うているのか(「夜と霧」) | きのう、なに読んだ?

緊急事態宣言が出るのか出ないのかヤキモキしていた2020年3月末から4月上旬にかけて、「夜と霧」を読んだ。 ちゃんと読むのは初めてだ。これまで、本書の内容についてきく…

管理部門と創造性:リモートワークを事例に

今日は、管理部門が発揮したい創意工夫について、書きます。 管理部門、例えば経理・人事・総務のような仕事は、創意工夫と縁遠い印象があるかもしれません。ルールと期日…

緊急時の意思決定にこそ、ダイバーシティーを

世界的ベストセラーとなった「サピエンス全史」著者である歴史学者のユヴァル・ノア・ハラリが、去る3月20日、フィナンシャル・タイムズ紙に寄稿し、大きな話題を呼んだ。…

株式会社の歴史は、コーポレートガバナンスの歴史

12月決算の企業の株主総会が、この1週間、次々に開催された。 記事の見出しにある「女性・外国人の役員」は、コーポレートガバナンス・コードに明記された指針だ。 この…

ビジネス用語のクオリア(「未来をつくる言葉」) | きのう、なに読んだ?

ドミニク・チェンさんの「未来をつくる言葉」を読んでいる。 ドミニクさんとは、一時期、数人の仲間と共に集まっては雑談会をしていた。本書も、出版前からご案内をいただ…

「科学的に正しい」と「不安を解消」のはざま (「知ろうとすること」) | きのう、なに読んだ?

「知ろうとすること」という本がある。福島第一原発の事故の発生直後から、ツイッターでデータを発信し続けた早野龍五さん(当時、東大の物理学教授)と糸井重里さんの対談…