マガジンのカバー画像

本の感想(篠田真貴子)

58
ときどき、本の感想を書きます。それをまとめたマガジンです。
運営しているクリエイター

記事一覧

イノベーション論の第一人者が説く、より良い人生を送る方法(篠田真貴子)

「篠田真貴子が選ぶすごい洋書!」第19回 "How Will You Measure Your Life?" (『イノベーシ…

これからの知性とは、知識や経験を手放し「もう一度考える」こと(篠田真貴子)

「篠田真貴子が選ぶすごい洋書!」第18回 "Think Again: The Power of Knowing What You Don't…

オーディオブックで楽しむオバマ前大統領の回顧録(篠田真貴子)

「篠田真貴子が選ぶすごい洋書!」第17回 "A Promised Land" by Barack Obama  Crown, 2020…

「心理的安全性」の本質を第一人者に学ぶ(篠田真貴子)

「篠田真貴子が選ぶすごい洋書!」第16回 "The Fearless Organization: Creating Psychologica…

“マイノリティの代弁者”カマラ・ハリスはいかにして副大統領候補となったか(篠田真…

「篠田真貴子が選ぶすごい洋書!」第15回 "The Truths We Hold: An American Journey" by Kam…

プロフェッショナルとは?のケーススタディー(「取材・執筆・推敲」) | きのう、な…

古賀史健さんの「取材・執筆・推敲」を読んだ。これね、すごい本ですよ。(このnote は facebo…

アダム・スミスが説く人間の普遍性(篠田真貴子)

「篠田真貴子が選ぶすごい洋書!」第14回 "The Theory of Moral Sentiments" by Adam Smith  Digireads.com 2011年3月出版 『道徳感情論』 著:アダム・スミス 訳:村井 章子、北川 知子 日経BP 2014年発売 アダム・スミスは生涯に2冊だけ、本を出版したそうです。1冊は、歴史の教科書にも載っているほど有名な『国富論』です。もう1冊が『道徳感情論』。2008年のリーマンショックを機に、マーケット至上主義を反省

スキ
56

人生100年時代の社会に対する創意工夫 ("The New Long Life" 『LIFE SHIFT 2』リンダ…

リンダ・グラットン&アンドリュー・スコットの新著「The New Long Life」を読みました。2016…

こんまりメソッドで「楽しく働く」片づけの魔法(篠田真貴子)

「篠田真貴子が選ぶすごい洋書!」第13回 "Joy at Work: Organizing Your Professional Life" …

この状況は私たちに何を問うているのか(「夜と霧」) | きのう、なに読んだ?

緊急事態宣言が出るのか出ないのかヤキモキしていた2020年3月末から4月上旬にかけて、「夜と霧…

「分断の時代」だからこそ必要な「聴く力」(篠田真貴子)

「篠田真貴子が選ぶすごい洋書!」第12回 "You're Not Listening: What You're Missing and Wh…

『変身』、絶望、テロリスト | きのう、なに読んだ?

子どもの入試が一段落して、小説を読みたい気分になった。 子の入試にあたり、私が具体的に何…

赤の他人を信頼する前に知っておくべきこと(篠田真貴子)

「篠田真貴子が選ぶすごい洋書!」第10回 "Talking to Strangers: What We Should Know about …

トランプ政権・前国防長官が語る「組織の本質」(篠田真貴子)

「篠田真貴子が選ぶすごい洋書!」第11回 "Call Sign Chaos: Learning to Lead" by Jim Mattis(ジェームズ・マティス) 2019年9月出版 今回取り上げる”Call Sign Chaos” (コールサインは Chaos(カオス))は、ジェームズ(ジム)・マティスさんの回顧録です。マティスさんは、海兵隊を40年間以上務め上げ、一兵卒から海兵隊トップの大将かつアメリカ中央軍司令官にまでなって2013年に引退。その後、2017年から2

スキ
150