翻訳書ときどき洋書

タトル・モリエイジェンシーが世界の本棚から、お薦めをご案内。火曜日更新!2018/5/8オープン!
    • about

      about

      • 11本

      翻訳書ときどき洋書について

    • 篠田真貴子が選ぶすごい洋書!

      篠田真貴子が選ぶすごい洋書!

      • 19本

      無類の読書家、篠田真貴子さんがおすすめ洋書をご紹介! 【Profile】 篠田真貴子(しのだ・まきこ)小学校、高校、大学院の計8年をアメリカで過ごす。主な洋書歴は、小学生時代の「大草原の小さな家」シリーズやJudy Blumeの作品、高校では「緋文字」から「怒りの葡萄」まで米文学を一通り。その後はジェフリー・アーチャーなどのミステリーを経て、現在はノンフィクションとビジネス書好き。2020年3月にエール株式会社取締役に就任。

    • 海外著者インタビュー

      海外著者インタビュー

      • 3本

      日本で広く読まれる翻訳書の数々。そのもととなる原書は、どのようにして生まれたか?このコーナーでは原著者にインタビューし、本が生まれた経緯や、著書の手がかりとなった本、影響を受けた本などなどを率直に伺います。

    • 太田直樹「未来はつくるもの、という人に勧めたい本」

      太田直樹「未来はつくるもの、という人に勧めたい本」

      • 9本

      地域をフィールドに未来をつくる活動をしている、元総務大臣補佐官・太田直樹さんが、おすすめの翻訳書・洋書をご紹介! 【Profile】太田直樹 (おおた・なおき) New Stories代表。地方都市を「生きたラボ」として、行政、企業、大学、ソーシャルビジネスが参加し、未来をプロトタイピングすることを企画・運営。 Code for Japan理事やコクリ!プロジェクトディレクターなど、社会イノベーションに関わる。 2015年1月から約3年間、総務大臣補佐官として、国の成長戦略であるSociety5.0の策定に従事。その前は、ボストンコンサルティングでアジアのテクノロジーグループを統括。

    • 新元良一のアメリカ通信

      新元良一のアメリカ通信

      • 10本

      ニューヨークを拠点に作家活動をされている新元良一さんが、おすすめの洋書・翻訳書情報をアメリカよりお届けします!【Profile】新元良一(にいもと・りょういち)1959年神戸市生まれ。84年に米ニューヨークに渡り、22年間暮らす。帰国後、京都造形芸術大で専任教員を務め、2016年末に再び活動拠点をニューヨークに移した。主な著作に「あの空を探して」「One author, One book」。

    • すべてのマガジンを表示

「世の中の見方が変わる」読者にオススメしたい翻訳書・洋書の数々

「翻訳書ときどき洋書」は2018年5月8日に誕生し、3年余のあいだに200本超の記事を配信してきました。「海外の良書を知っていただきたい」「翻訳書の素晴らしさを伝えたい」…

定期更新終了のお知らせ

読者の皆様、 いつもご愛読いただき、誠にありがとうございます。 さて、2018年5月より、執筆者様方および読者の皆様の多大なご支援を賜りながら、世界の良書をご紹介し…

「ソーシャル・パイオニア」が人生100年時代の未来を切り拓く(リンダ・グラットン)

『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)─100年時代の人生戦略』で知られるロンドン・ビジネススクール教授のリンダ・グラットンさん。最新刊の“The New Long Life: A Framework …

「手つかずの自然を取り戻す」より「自然をデザインする」視点を(太田直樹)

太田直樹「未来はつくるもの、という人に勧めたい本」 第9回 “Rambunctious Garden: Saving Nature in a Post-Wild World” by Emma Marris 2011年8月出版 『「自然」と…

祖国と母国の狭間に揺れる「移民」の光と影(新元良一)

「新元良一のアメリカ通信」第8回 “Homeland Elegies” by Ayad Akhtar(アヤド・アクタル) 2021年1月出版 建国の父と呼ばれる人たちが、大西洋を渡ってこの地に足を踏…

「遺伝子編集技術」生みの親はコロナ禍といかに戦ったか?(植田かもめ)

植田かもめの「いま世界にいる本たち」第37回 "The Code Breaker: Jennifer Doudna, Gene Editing, and the Future of the Human Race"(コード・ブレイカー:ジェニファー…