日本の「交通戦争」

ひと昔前の日本に「交通戦争」と呼ばれた時代がありました。

不勉強で、この言葉を知ったのは、ほんの二年くらい前。
学校教育の中で教わった記憶がありません。

テストのため何度も繰り返して勉強させられるような
「いい国つくろう鎌倉幕府」とか「生類憐れみの令を出した将軍は誰か」
といったことよりもはるかに知っておくべきこと
のように私には思えますが、不思議です。

ウィキペディアによると、「交通戦争」

もっとみる
スキありがとうございます!とってもうれしいです(^-^)
1

コロナ禍でのベトナム消費者の状況と対応するマーケティング戦略

Marketing Activities in Vietnam During COVID-19

こんにちは、ペンシルです。

コロナ禍でベトナムの消費者行動がどのように変化したのか、また各企業のコミュニケーション設計・マーケティング戦略がどのように変化しているかを、現地リサーチや現地情報をもとにまとめています。

英語/ベトナム語でしか入手できなかった情報を日本語化していますので、参考にいただ

もっとみる

Xin chào!ベトナムの生活

Xin chào mọi người. つかさです。
もうすぐベトナムで暮らし始めて1年になります。
今さらながら”note”を始めました。
自分の記録の為に、感じたことを書き綴っていこうと思います。

日本とベトナムの違いなどを僕の主観で記録して行きます。
特に観光地や飲食店情報を残したかったので。

ベトナムに関してほとんど情報を持っていなかったので、
率直な感想は”意外とまとも”です。←失礼

もっとみる

新型コロナウイルスと漆の関係

これは話半分で聞いていただきたい、と前置きした上で書くが、中国、韓国、日本という東アジアの国々が比較的コロナウイルスによる死亡率が低いというのはなにかしらの民族特性があるからではないかという推論をしてみた。
 
これらの国の共通点は、ヨーロッパやアメリカ、中南米にはないウルシノキの原木資源があり、現在も漆の文化があることだ。我が日本は約9,000年前から漆を使ってきたし、中国は約7,000年前、韓

もっとみる
スキありがとうございます!
3

BUSHIDO菊池のベトナム修行の記録 第一弾!「ベトナムでアパートを借りる」

この動画は、
まだ海外へ行く事ができた2019年に
ベトナムのホーチミン市での
ベトナム武者修行の記録を再編集しました。

是非ご視聴チャンネル登録宜しくお願い致します!

ああ、帰れない。

帰れない。
日本に。

いや、日本国籍の日本人だから日本への入国はできるんだ。
入国時にPCR検査を受けて、14日間自主隔離することを受け入れれば。

でも、日本での用が済んだあと、ベトナムに入国できない。
ベトナム入国時には“感染陰性証明書”なるものが必要で、さらに検疫+14日間隔離が待っている。

“感染陰性証明書”とはなにか。
入国元の国(日本)で信頼できる機関が発行した証明書を指すらしい。

もっとみる

「MEN IN VIETNAM」(あらきだ東南アジア旅行記37)

公園でバスを降りたあと寄り道をしながら、川沿いのマジェスティック・ホテルまで歩いた。午後で、空も街も道も曇っている。額縁のようなガラス窓から、絵のように華麗な内装を覗き込む。表に出たレストランのメニュー表の価格は桁数が多くて、うまく円に換算できなかった。

川は濁っている。開高健がここを歩いたときも、この川はやはり同じように濁っていただろうか。ベンチに座って、釣りをする

もっとみる

ベトナムから発信するブランディングストーリーとデザイン

初めまして。私たちはベトナム・ホーチミンを拠点に活動するクリエイティブ・ファームです。2011年の設立以降、当地で生産されるオーガニックチョコレート Marou, Faiseurs de Chocolat のパッケージデザインをはじめとしたベトナム現地企業のブランディングや、ユニセフ、コカ・コーラ、ユニクロといったグローバルブランドのキャンペーンに携わってきました。

私たちのビジョンは「デザイン

もっとみる

DAY6:街角のベトナム語~感嘆文~

昨日は命令文と依頼文についてのベトナム語を学んだ。同じ「依頼」の意味でも、xin は相手に頼む意味合いが強く、mời は相手に勧める意味合いが強いこと、そして xin mời は単体でも使えることも学んだ。

今日は、ベトナム人が(きっと)大好きな感嘆文について学ぶ。感嘆文は、感動したり驚いたりするときに「なんて~でしょう」といった感嘆の意を表す文章。感情表現が豊かなベトナム人はよく使っている。(

もっとみる
オススメの本は『FACTFULLNESS』
4

傍のソバ・ハノイ編/Vuon Am ThucのBun Thang

Bun Thang/ブンタンはミカンの一種で甘くてやや苦みのあるハノイ名産の果物です。 ウソです。
南のほうの観光地はブンタウ。1字違い。

Bunはコメ麺でフォーより細い円形断面の、半日か一晩寝かせて発酵させた、プリプリと弾力のあるソバです。具の違いでフォーよりも多くの種類があります。ライスペーパー系の巻モノに中に入れたり、鍋モノでご飯代わりにオカズと一緒に食べたりもします。チャーカーとか。

もっとみる