とうめいな文章とは

最近人様のnote記事を読んで、なんとなく自分の好きな傾向がわかってきた気がする。

心の中にすとんと入ってきて、

読了後の独特の爽快感的なものを与えてくれる。

多分それだ。

共感出来たり、出来なかったり

それでいて、胸に響く。強制感や押し付けがない。

内容が例え重かったり明るい内容ではなかったとしても、気持ちがいい方に傾き、揺さぶられる。

それが透明かどうかはわからないが、

触れら

もっとみる
嬉しいです。
7

#077【中国・北京】どこにいても冬は必ず春となる

みなさん。こんにちは。Anneですよ。ミルクティーがおいしい季節ですね。

さて。先日の自己紹介記事で少し触れたのですが、私は1年ほど中国の北京に留学していたことがございます。
なんとなく昔のコンデジ写真を見返していたところ、鮮やかなお花たちが目に入り、また春になったらあの場所にも咲いてゆくのだろうか、と大変懐かしい気持ちになりました。
今日は、昔の私の瞳に写った景色に、ほんのちょこっとだけ現像と

もっとみる
スキを押してくれたあなたがスキ!
18

冬が寒くって本当に良かった

冬が寒くって 本当に良かった
君の冷えた左手を
僕の右ポケットに お招きする為の
この上ない程の 理由になるから

  スノースマイル / BUMP OF CHICKEN

この歌詞を始めて耳にしたとき、なんて素敵なんだ、と、単純にきゅんとした。とはいえ、そうは言われても、寒いのは苦手だ。寒い朝にぬくぬくとしたふとんから起き上がるのは相当な決意がいるし、寒い日は外に出るのが億劫になる。

そんな私

もっとみる
ありがとうございます♪今日もあなたにいいことがありますように*
16

富山の絶景「雨晴海岸 」癒しの旅

突然ですが、雨晴海岸(あまはらしかいがん)という場所をご存知でしょうか?

富山県を能登半島に向かって北上すると、その場所はあります。

わたしはつい先日まで全く知りませんでしたが、いざ訪れてみるとそれはそれは美しい場所で、それ以来会う人会う人にオススメしています。

今日はそんな雨晴海岸をご紹介♪

魅力1.名前が素敵

まず名前から素敵じゃないですか?雨晴。雨を晴らす。なんだかごきげんな名前。

もっとみる
ありがとうございます♪wishing you the best!
5

僕らはみんな生きている。

 こんにちは。写真家のMiNORU OBARAです(自己紹介はこちら)。記事をご覧いただきありがとうございます。2021年最初の記事です。本日は牛のお話。

 2021年が始まりましたね。丑年。牛ですね。「丑」も「牛」もずっと見ているとなんとなくウシの形に見えてくるから不思議。

 牛といえば、命の象徴的生き物として崇められていますね。もしかしたら今年はとてもありがたい年なのかもしれませんね。

もっとみる
ありがとうございます☺︎
27

【関東エリアキュレーター】Anne

みなさま、こんにちは。ロングスカートと眼鏡とカメラのAnneですよ…!

主にこんな記事を書いております。 #020 【神奈川】お散歩のススメ~長谷編~ #025 【神奈川】お散歩のススメ~極楽寺編~ #048 【神奈川】カメラと歩く、桜木町

こちらの自己紹介をご一読いただくと、一体Anneとはどのような生態をしているのか?が3ミリくらいわかるかもしれません。文章長めではございますが、よかったら

もっとみる
嬉しいです!シェアもしてくださるともっと嬉しいです!
17

仏塔めぐり1|ミャンマー、ヤンゴン

今年1月に行ったミャンマー出張兼旅行を、写真とともにゆるりと振り返ります。

*****

ヤンゴンはミャンマー最大の都市です。空港を降り立った目にしたヤンゴンは、緑が多くてなかなか綺麗、という第一印象でした。
また、着物好きの私がときめいたのは、ロンジーという民族衣装。男女ともに腰に巻くのですが、女性は裾すぼまりに着こなすところが着物の美意識と通ずるところがありました。

ヤンゴンは仕事終わりに

もっとみる
ありがとうございます。嬉しいです。
2

大切な人たちに会えなくなったこの1年で、僕はより一層の「愛」を見つけたような気がする。

 こんにちは。写真家のMiNORU OBARAです(自己紹介はこちら)。記事をご覧いただきありがとうございます。今年最後の記事です。図らずも、2020年のまとめ的なものになりました。

 2020年が終わりますね。「年が暮れ、年が明ける」とは言いいますが、今日も明日も同じ太陽が昇って来るもので、なんら変わったことなどない。それでも新しい年を迎えるのは気持ちが良いものですね。

 今日のような記事を

もっとみる
ありがとうございます!次の記事もお楽しみに☺︎
28

川と共にある生活|ラオス、ルアンプラバン

今年1月に行ったラオス旅行を、写真とともにゆるりと振り返ります。ルアンプラバンはラオス北部にある古都で、市街地全体が世界文化遺産登録されています。

*****

ルアンプラバンの魅力は何より、どこをとっても街並みが本当にかわいいこと。

南国の光の強さにあう、カラフルな彩、ブーゲンビリアの花、星のモチーフ。ラオスの国旗と赤旗。

ああ癒し。装飾がすごい凝っている、ということはないけど、その素朴さ

もっとみる
ありがとうございます。嬉しいです。
3

『アフターコロナに会いましょう -note版- 』 #10 - タイ 山奥の小学校で -

 こんにちは。写真家のMiNORU OBARAです(自己紹介はこちら)。記事をご覧いただきありがとうございます。本日はシリーズ『アフターコロナに会いましょう -note版- 』を久しぶりに更新。第10話です。

 バックナンバーはこちら。

 第10話は、タイの山奥での出逢い。

 このシリーズは、写真集『アフターコロナに会いましょう -完全版- 』とともにお読みいただくとより一層お楽しみいただけ

もっとみる
今日もあなたに良いことが訪れますように☺︎
34