旅とわたし

食を通じたプチ海外旅行ができないか…

海外旅行に行けない私たち

コロナ、コロナ、コロナ…

連日コロナのニュースばっかりですね。

世界中が一つになって立ち向かっている状態です。

春休みの海外旅行の予定が消えてしまった人も多いのではないでしょうか。

このあとはゴールデンウィークですね…。

泣く泣くキャンセルする人たちも多いと思います。

(しかも格安サイトとかで予約すると返金が無いから本当に悲しい限りです…)

私自身も秋にギ

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
5

海外旅行の思い出

実は、各国のスーパー巡りをするのが大好きです。その国の通貨(1ユーロなど、だいたい100~200円くらい)で何が買えるのか?
気になるので、毎回珍しい商品がないか、探して歩いています。

【日本より安く買えるもの】

イギリス ブルーベリー、さくらんぼ

エジプト・ハイビスカスティー・オレンジ

インドネシア ハンドメイドソープ(南国フルーツ)、化粧水など

値札がない店で、値段交渉しながら買い物

もっとみる
よろしければフォローして頂けると励みになります。
5

芸術は爆発だ!内部に入ってみると、岡本太郎のほと走る情熱がガンガン来て、クラクラするほど。青山の岡本太郎記念館に行ったとき、太陽の塔って縄文土器のパクりじゃん!と思ったけど、その考えは浅はか。なるほど!人類へのオマージュなんだと理解できる。いやー、凄いものを見た。写真は、生命の樹

スキありがとうございま〜すʕ•ᴥ•ʔ
1

出血多量笑

更年期突入している私は笑笑
先日生理になったのに
宇宙は忘れないように新月の行事と同じ日に
してくれていたので
3/24、、、もう1週間経っている(;゚ロ゚)

昨日は朝から眼が腫れぼったいと意識してた
身体も浮腫んでいる
生理になると身も心もスッとするのに……
何故?
と思ってた。
出血が無いわけでは無いけれど
あ~こんな感じなのね♡
と自分で感じてた

それが
みえない世界と繋がって確信した

もっとみる
スキありがとうございます💓
1

何度でも

2020年3月31日。明日から、また新しい人生への扉を開く前に。今の気持ちを忘れないように。

2019年8月末、新卒で入社して5年半勤めた会社を退職。全てを捨ててでも、辞めたかった。次のステージに進むために、ありったけの勇気を全て振り絞って。最後は逃げるように去るしかなかった。お世話になった方々にありがとうも言えないまま。

胸の中に消化しきれていない様々な思いを抱えたまま、退職の1週間後に旅立

もっとみる

ぼくとインド。その三。

明日書こうと思い続け、気がつくと3月末。
頭の中で思っているだけでは何も進まないのだ。自戒。

前回のつづき

ナイニタールへ

Kainchi dhamを後にし、次に向かう先はナイニタール湖。

お寺の付近にいた人々に行き方を教えてもらった。「バス停のところまでヒッチハイクし、あとはバスに乗るだけ」ざっくり!!

さぁ行こう。

待つこと約30分。なんとか車に乗れた。
行き先を伝えようとしたら、

もっとみる
今日の運勢は大吉!!
6

3年の時を経て、ベルリンのデザイナー恩師に会いに行った話

文系学部だった僕は、大学時代はとにかく自分の夢を見つけるために必死だった。営業やプログラミング、スタートアップで働くなど、とにかくいろいろやったのだけれど、しっくりこなかった。

その時「世界を変えるデザイン」という本に出会い、今まで自分と無関係な存在だったデザイン、人の本質的課題に寄り添うデザイナーというキャリアに憧れた。

だけど、どうすればそんなデザイナーとしてのキャリアを歩めるのだろう?と

もっとみる
好き
11

Jikkaさんの、朝ごはん。

お宿編の記事で紹介した、福島県福島市のJikkaさん。いつもはご飯は全て自分で作っていただくのですが、Jikkaさんは朝ごはんが絶品ということをお聞きして、今回は朝ごはんをお願いすることにしました。

朝ごはんはお宿の同じ建物の中にあるギャラリーでいただきます。

この日のメニューは、サラダ、鶏ハム、卵焼き、漬物、野菜の海苔巻き、煮物、そして炊きたてのご飯とお味噌汁というメニューでした。見るからに

もっとみる

緑の日常を探す旅 ーアルウィンの街のショッピングモール探索ー

旅をしない旅についてのエッセイを連載する私が、図らずも旅っぽいレポートを書くことになりました。

日本中、いや世界中がCOVID-19により、新しい旅を楽しむことが難しい状況を迎えてしまいました。そんなときに私たちができることは、新しい旅が気持ちよくできるようになったときのためのイメトレです!

新しい旅に出たい気持ちをためてためて溜め込んで、そして来る時にそれをぱーっと爆発させよう!

そんなわ

もっとみる

福島県福島市で、「果樹園の暮らし」を旅してきました。<お宿編>

2020年2月に、福島県福島市で「海のある暮らし」を旅してきました。またまた素敵な民泊で本当に気持ちの良い滞在でした。
今回はそんな、私が惚れ込んだお宿のご紹介。

果樹園の暮らしへ

今回訪れたのは、福島県福島市。今回はエリアというよりは、お宿のページを見て即決めました。なんせ宿の写真がどれも素敵で、写真好きなら絶対に行きたくなる要素がいっぱいなんです。
宿泊した宿は、庭坂のjikkaさん。今回

もっとみる