やまと たける

発達遅滞・自閉症やダウン症候群の子どもを、地域の小学校で受けいれいるノウハウとスキルを書いていきます。具体的に、使える原理とそれを使った実際場面をセリフ中心に書いていきます。これらを使って、上記の子どもたちが困らないように、地域の小学校で受け入れてもらいたいと願っています。

やまと たける

発達遅滞・自閉症やダウン症候群の子どもを、地域の小学校で受けいれいるノウハウとスキルを書いていきます。具体的に、使える原理とそれを使った実際場面をセリフ中心に書いていきます。これらを使って、上記の子どもたちが困らないように、地域の小学校で受け入れてもらいたいと願っています。

マガジン

  • 元発達相談員の育て直し日記【発達アセスメント編】一部有料

    これで、本として完結しています。一部の記事が有料です。発達の凸凹について、観察だけで簡単にアセスメントできる方法を書いています。そして、その凸凹が引き起こす困り感への支援を、先生や保護者ができる範囲で書いていきます。先生や保護者に、発達検査はいりません。そんなに詳しく分かっても「取り組むスキル」と「取り組む時間」がないからです。

  • 元発達相談員の育て直し日記【学童保育の1年編】

    「理想の学童保育とは」という理論的なものを書きたいのですが、かなり多義に渡っていて複雑になります。どこのどの部分を語っているのか、分かりにくいのです。だから、「理想の学童」を求めて、1997年の文集《おはなしきいて》を元に、1997年の私の学童保育を再現しいます。本質は細部に宿ります。詳しく読むと、理想の学童保育が見えてくると確信しています。

  • 元発達相談員の育て直し日記 《0歳から3歳》

    これで、本として完結してます。元発達相談育による、育て直し【日記】のポイントとなる記事だけを集めました。 ・頼まれないのに、親切にしない。 ・言葉のシャワーを浴びせる  ・要求を言語化する ・子どもの気持ちを「想像」する ・「やりとり」ができるようになる  ここに掲載の記事は、マガジン購入者だけが読めるようになっています。

  • 元発達相談員の育て直し日記 《4歳から6歳》 一部有料

    これで、本として完結してます。4歳から小学校に向けて「凸凹タイプの子どもに、何をどのように育てていけばいいのか」を超具体的に書いていきます。  小学校になると必要になるスキルが30あります。そのスキルを獲得するための【育て方】を書いています。

  • 元発達相談員の育て直し日記 《小学校 遊び編》

    これで本として完結しています。小学校で実行機能の発達を促すのは、遊びだけです。その理論と実際に休み時間や授業の隙間、体育で使える遊びを精選して50個紹介しています。  是非、購入して小学校に遊びを取り入れてください。

    • 元発達相談員の育て直し日記【発達アセスメント編】一部有料

    • 元発達相談員の育て直し日記【学童保育の1年編】

    • 元発達相談員の育て直し日記 《0歳から3歳》

    • 元発達相談員の育て直し日記 《4歳から6歳》 一部有料

    • 元発達相談員の育て直し日記 《小学校 遊び編》

最近の記事

固定された記事

発達遅滞・自閉症の子が小学校に入学してきたら、どのように受け入れていくか?

 最近は、支援学校に行かないで、発達遅滞・自閉症やダウン症候群の子どもが、地域の小学校を選択できる時代になりました。  しかし、そのような子どもたちが地域の小学校に入学すると、小学校は受け入れる方法がわからず、その子どもたちに振り回されている状態です。  子どもは、教室で泣き叫んだり、校内を走り回ったり、クラスメイトに唾をはいたり、葉っぱ食べてしまったりしています。担当した先生は、困り果ててそばで見ているだけです。  私が先生をしていた市内の小学校の養護学級(特殊学級)で

スキ
151
    • 受け入れの方法とスキル 第2段階 その2

      ②1時間目  1時間目は、カバンの片付けをしたあと「朝の会」をします。片付けは、まだ先生と一緒にしています。  「朝の会」は、支援学級から1日を始めるメンバーが集まって、朝のあいさつをします。そして、昨日あったことを一人一人お話したあと、アンパンマン体操をします。  みーちゃんは、そのあと伊藤先生と「時間割ぎめ」です。みーちゃんは、まだ、時間割を好きなように決めていいことになっています。   注)このころ、やっとチャイムに合わせて過ごせる     ようになった。だから、時間

      スキ
      63
      • 受け入れの方法とスキル 第2段階 その1

        第2段階  この第2段階は、広げていく段階です。次の3つのことを同時に行います。  1支援学級の担当の先生以外の先生との関係作り(愛着を広げる)      注)通常学級担任  他の組の先生 サポーター 保健室の先生        給食の先生 技能職員 校長先生 教頭先生 交通指導員  2 4つスキルを使い要求を言葉で言わせる(言葉を広げる)       注)私の提唱している、発達に凸凹がある子どもとの関わり方        である4つのスキルを使う。下の記事参照  3 好

        スキ
        81
        • 受け入れの方法とスキル       個別の指導計画(仮)その3

          5認知・対人関係 [課題]   ・一緒に遊べる(関係が付いた)先生を増やしていく   ・要求は行動や表情だけで示すのではなく、言葉で言えるようになる   ・今、どこを見るのか、今、何を聞くのかを学んでいく  [具体的手立て]   ・伊藤先生とみーちゃんと新しい先生と3人で遊び、共感関係を広げて    いく   ・給食など様々な場面で、先生を紹介し共同作業していく   ・出てきた行動や表情による要求は、言語化し「覚えて」を使う   ・遊びを通して、見るべきところを見たり聞く

          スキ
          85

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 元発達相談員の育て直し日記【発達アセスメント編】一部有料

          • 75本

          これで、本として完結しています。一部の記事が有料です。発達の凸凹について、観察だけで簡単にアセスメントできる方法を書いています。そして、その凸凹が引き起こす困り感への支援を、先生や保護者ができる範囲で書いていきます。先生や保護者に、発達検査はいりません。そんなに詳しく分かっても「取り組むスキル」と「取り組む時間」がないからです。

        • 元発達相談員の育て直し日記【学童保育の1年編】

          • 162本

          「理想の学童保育とは」という理論的なものを書きたいのですが、かなり多義に渡っていて複雑になります。どこのどの部分を語っているのか、分かりにくいのです。だから、「理想の学童」を求めて、1997年の文集《おはなしきいて》を元に、1997年の私の学童保育を再現しいます。本質は細部に宿ります。詳しく読むと、理想の学童保育が見えてくると確信しています。

        • 元発達相談員の育て直し日記 《0歳から3歳》

          • 159本
          • ¥1,800

          これで、本として完結してます。元発達相談育による、育て直し【日記】のポイントとなる記事だけを集めました。 ・頼まれないのに、親切にしない。 ・言葉のシャワーを浴びせる  ・要求を言語化する ・子どもの気持ちを「想像」する ・「やりとり」ができるようになる  ここに掲載の記事は、マガジン購入者だけが読めるようになっています。

        • 元発達相談員の育て直し日記 《4歳から6歳》 一部有料

          • 111本

          これで、本として完結してます。4歳から小学校に向けて「凸凹タイプの子どもに、何をどのように育てていけばいいのか」を超具体的に書いていきます。  小学校になると必要になるスキルが30あります。そのスキルを獲得するための【育て方】を書いています。

        • 元発達相談員の育て直し日記 《小学校 遊び編》

          • 62本
          • ¥1,800

          これで本として完結しています。小学校で実行機能の発達を促すのは、遊びだけです。その理論と実際に休み時間や授業の隙間、体育で使える遊びを精選して50個紹介しています。  是非、購入して小学校に遊びを取り入れてください。

        • 元発達相談員の育て直し日記【発達アセスメント編】一部有料

          • 75本

          これで、本として完結しています。一部の記事が有料です。発達の凸凹について、観察だけで簡単にアセスメントできる方法を書いています。そして、その凸凹が引き起こす困り感への支援を、先生や保護者ができる範囲で書いていきます。先生や保護者に、発達検査はいりません。そんなに詳しく分かっても「取り組むスキル」と「取り組む時間」がないからです。

        • 元発達相談員の育て直し日記【学童保育の1年編】

          • 162本

          「理想の学童保育とは」という理論的なものを書きたいのですが、かなり多義に渡っていて複雑になります。どこのどの部分を語っているのか、分かりにくいのです。だから、「理想の学童」を求めて、1997年の文集《おはなしきいて》を元に、1997年の私の学童保育を再現しいます。本質は細部に宿ります。詳しく読むと、理想の学童保育が見えてくると確信しています。

        • 元発達相談員の育て直し日記 《0歳から3歳》

          • 159本
          • ¥1,800

          これで、本として完結してます。元発達相談育による、育て直し【日記】のポイントとなる記事だけを集めました。 ・頼まれないのに、親切にしない。 ・言葉のシャワーを浴びせる  ・要求を言語化する ・子どもの気持ちを「想像」する ・「やりとり」ができるようになる  ここに掲載の記事は、マガジン購入者だけが読めるようになっています。

        • 元発達相談員の育て直し日記 《4歳から6歳》 一部有料

          • 111本

          これで、本として完結してます。4歳から小学校に向けて「凸凹タイプの子どもに、何をどのように育てていけばいいのか」を超具体的に書いていきます。  小学校になると必要になるスキルが30あります。そのスキルを獲得するための【育て方】を書いています。

        • 元発達相談員の育て直し日記 《小学校 遊び編》

          • 62本
          • ¥1,800

          これで本として完結しています。小学校で実行機能の発達を促すのは、遊びだけです。その理論と実際に休み時間や授業の隙間、体育で使える遊びを精選して50個紹介しています。  是非、購入して小学校に遊びを取り入れてください。

        記事

        記事をすべて見る すべて見る
          • 受け入れの方法とスキル       個別の指導計画(仮)その2

            みーちゃんの個別の指導計画(仮)の続きを書いていきます。 3.身体活動  [課題]   ・[揺れる活動」と「回る活動」が足らないのでたくさん経験する      注)この2つを怖がるので、すぐ分かる   ・体力をつける      注)5時間目は、寝てることがある        金曜日は、疲れて朝から機嫌が悪い。   ・校内や教室を動き回りながら、機会を捉えて好きな遊びを    増やしていく  [具体的手立て]   ・揺れる活動は、ブランコを楽しく勧めていく   ・回る活動

            スキ
            79
            • 受け入れの方法とスキル       個別の指導計画(仮)その1

               4月一杯で、みーちゃんの観察は終えます。その結果と引き継ぎ資料を使って、仮の個別の指導計画を立てます。これを持って家庭訪問し、保護者と確認し合います。  その後、実践してみて7月に「3月までの実際の個別の指導計画」を作り上げることになります。そして、それを見ながら7月に親との懇談を行うのです。  個別の指導計画の例を、みーちゃんを使って書きます。書き方は、各学校・自治体のよって違いますが、私が現役の頃使っていた形式で書きます。  本来は、現在の姿があって、課題、具体的手立

              スキ
              75
              • 受け入れの方法とスキル 第1段階 その8

                ⑧掃除も参加  給食の後は、お掃除です。みーちゃんは、まだ、掃除の意味がわかりません。でも掃除も頑張って、通常学級の掃除に参加しています。 先生「さあ、お掃除するよ。先生と一緒に、バケツの水汲みにいきましょ   う。楽しいよ。」  みーちゃんには、まだ、水遊びの延長のように思わせています。手洗い場に行ったら、水道の栓をひねってくれます。 先生「みーちゃん、ありがとう。水道の栓をひねってくれたね(「共   感」)。」 みーちゃんは、バケに入る水に手を出しています。気持

                スキ
                72
                • 受け入れの方法とスキル 第1段階 その7

                  ⑥給食の様子  給食の時間です。給食は、通常学級で食べています。  「給食の準備は、遊びだ」と思っているのか、好きなようです。特に、お盆配りが好きで、いつもやらせてもらっています。 先生「じゃ、いつものようにお盆を配ってください。これくらいできるか    な?」  伊藤先生が渡した十枚くらいを持って、配っていきます。置き方は、まだ、乱暴です。投げるように置いていきます。ひょっとしたら、その音を楽しんでいるのかもしれません。 先生「みーちゃん。ちょっと下手だわ(「共感」

                  スキ
                  81
                  • 受け入れの方法とスキル 第1段階 その6

                    ⑤服を着替える  ミミズを支援学級のお友達に散々見せたあと、ミミズ探しで服が汚れたので、着替えることにした。  みーちゃんは、服が汚れるのが嫌いです。だから、先生の意見とみーちゃんの意見が一致するので、服を着替えるように誘うのは簡単です。    注)この段階では、まだ、時間割通り生活をしていません。      みーちゃんのペースに合わせて生活しています、 先生「座ってミミズさんを探したので、スカートが汚れたね、ほら、見てご   らん。汚れているでしょう。気持ち悪いね(「共

                    スキ
                    77
                    • 受け入れの方法とスキル 第1段階 その5

                      ある1日の様子(続き) ④畑で苗を植える  支援学級では、ハーブとイチゴを植えて育てています。収穫したら、それらを使ってクッキングをして食べる活動をするのです。  みーちゃんだけ、まだ、自分の分を植えていません。全然、興味がないからです。  でも、昨日、みーちゃんは「ミミズ」が好きだということが分りました。そこで、それを利用してハーブとイチゴを植えることにしました。    注)騙したような形になりますが、先生が知らない間に      植えてしまうよりいいでしょう。 先生

                      スキ
                      65
                      • 受け入れの方法とスキル 第1段階 その4

                        ある1日の様子 みーちゃんを受け入れて、2週間ほどたったっときの1日の様子を書いていきます。裏では、個別の教育指導計画を立てるため、観察と記録を続けています。 ①お母さんと手をつないで、楽しく登校 先生「おはよう、みーちゃん。今日も、楽しく遊ぼうね。」 みー「おはよう。」 先生「おはよう、伊藤先生と言ってね(「覚えて」)。さっ、1年1組に行     きましょう。お母さんに、バイバイして。」  ようやく、お母さんと門のところで別れられるようになって来ました。バイバイも

                        スキ
                        83
                        • 受け入れの方法とスキル 第1段階 その3

                          初日の受け入れ方(続き) ③校庭の探索を始める  どうやら、みーちゃんは、学校の校庭などを探索したいようです。。みーちゃんは、花壇の方に行き、ツツジの花を見ています。どうやら、花に興味があるようです。 先生「なんだ。お花が見たかったのか(「共感」)。急に出ていくから、先   生、びっくりしたよ(「覚えて」)。」  伊藤先生は、できるだけ顔をみーちゃんに見せて、少しスキンシップしながら話します。 先生「それはね、ツツジと言うんだよ(「覚えて」)言ってみて?そうか、  

                          スキ
                          67
                          • 受け入れの方法とスキル 第1段階 その2

                            初日の受け入れ方(続き) ②通常学級に到着  お母さんと伊藤先生と3人で、通常学級(在籍学級)である1年1組に着きました。 先生「ほら、ここがみーちゃんの席だよ。座ってみる?」  イスを引いてあげると座った。目で合図して、お母さんには、そっと帰ってもらった。 先生「まずね、連絡ノートを担任の吾妻先生に出すんだよ(覚えて)。」    ランドセルから、連絡ノートを出して渡してあげる。しかし、全然興味がないようだ。 先生「まだ、わからないか。いいよ、先生がサービスで出し

                            スキ
                            77
                            • 受け入れの方法とスキル 第1段階  その1

                              第1段階  この段階は【受け入れる段階】です。次の3つのことを同時に行います。  1 本人がやりたがる遊びをすることで、支援学級の先生との関    係作り(愛着を広げる)      注)一人に限定する 次々に人を変えない  2 「想像」と「共感」「覚えて」「すみません」で、要求の分化、言     語化      注)私の提唱している、発達に凸凹がある子どもとの関わり方        下の記事参照  3 子どもの個別の支援教育計画のための観察      注)これを元に5月に

                              スキ
                              83
                              • 2 受け入れの方法とスキル 第0段階

                                どうして丁寧な受けをしないと行けないのか  発達遅滞・自閉症の子どもの特性には、次の6つがあります。   1 新しい場所に弱い    2 新しい人(先生)に弱い   3 何をするのかわからないと怖がる   4 自分のやりたいことを優先する   5 コミュニケーションできない(思いが言えない)   6 困ると自分勝手な解決策(問題行動)を取る    このと特性をうまく受け止めたり、避けたりしながら「受け入れ」ていかないといけないのです。  その方法とスキルをここに書いていき

                                スキ
                                90
                                • 1 まずは、引き継ぎを丁寧にする

                                  引き継ぎの方法について  小学校に発達遅滞・自閉症の子どもがやってくることが決まったら、丁寧な引き継ぎをすることが、大切です。その子どもが、小学校に来る以前に通っていたところから、情報を得ることです。  考えれる、場所は次の3つです。現在の自治体の検診システムでは、在宅からくるケースはありません。   ・公立の保育所や幼稚園   ・私立の保育所や幼稚園   ・障害児通所施設     方法としては、次の4つです。併用してもいいでしょう。     ・相手方からの文書で引き継ぐ

                                  スキ
                                  77