精進料理もお肉も両方わたし!「ママタチ畑」に至る旅路(食べるリレー#1)

ママタチリレー5周目のテーマは「食べる」。

代表の私カヨコは食いしん坊がアイデンティティの一つ。
管理栄養士のアキコさんに、
料理教室をやっていたこともあるゆかぽんに、
zoomでゆるゆるオンライン料理会を開催してみたばかりのゆかちゃんに。

それぞれの中にある「食べる」への思いをつないでみたいと思います。

■「食べる」の二つの意味

今回、リレーのテーマをすごく迷いました。
「畑」でもいいの

もっとみる

僕が旅をするのが好きな訳。

僕は旅をするのが好きだ。

旅と言うとなんとも大雑把な言い方でわかりずらい方もいるかもしれない。旅って言ったっていろいろあるかもしれないしね。

えっとそうだな。

まず旅の一番の醍醐味は非日常を満喫できるから僕は好き。

もっと詳しく書くとすると…

まだ自分が見たことのない土地、風景、物を見るのが好き。まだ味わったことのない食べ物を追うのが好き。まだ体験したことのない文化や感じたことのない価値

もっとみる

僕の言葉たち

2020/2/13@カンクンinメキシコ

例えば、
僕の言葉は遊びで、
僕のそのときの気持ちであって、
そこに深い意味はないんだけど、

まぁ、
聞く人が聞けば意味があって
そんな言葉を書いて

世界の街のどこかで
僕の言葉が刺さる人がいる

世界の街のどこかで、
僕が書く言葉が、
世界の誰かに刺さるとして、
刺さって死ねばいいと思って

刺さって死ねばいいくらいの言葉を

もっとみる
あなたも旅スキですか?私も旅スキです、お礼のオランダの風車です
18

オタワ:メープルシロップと雪のキャンディ

十年程前、知り合いを訪ねてオタワへ向かった。真冬、カナダの首都は一面雪景色で、街の中心部にある大きな河がスケートリンクとなっていたのに驚いた記憶がある。
カナダといえば思い浮かぶものが、国旗にもなっているメープルの葉、その樹が生み出す黄金のシロップ。甘いものに目がない私は、オタワでたらふくメープルシロップを食べようとひそかに意気込んでいた。

友人宅では心温まる歓迎を受け、滞在中はさまざまな場所へ

もっとみる
ありがとうございます(╹◡╹)♡
2

サンフランシスコ:ホステルのパンケーキ

数年前に一人でサンフランシスコを旅した。バックパックを背負い、バスやタクシーを使わずになるべく歩いて街を周ろうと決めていた。

到着した日のみ裏通りのホステルに泊まったが、翌日からの宿は市中心部にある大きなホステルだった。フロントで受け付けを済ませ階段を上ると吹き抜けの談話室があり、見上げると各階ごとに壁に沿ってぐるりと廊下がある。その廊下の奥に小さなドアがいくつも点在していた。
談話室では数人が

もっとみる
ありがとうございます(╹◡╹)♡
5

FREE TO TRAVEL #プロフィール画像にまつわる旅の話②

引き続き、ニュージアム(NEWSEUM)@ワシントンDCに行ったお話です。

※残念ながら、この博物館は2019年末に閉館となっています……

TODAY’S FRONT PAGES(今日の一面)

最上階に上がると、ワシントンの街を一望!本当に穏やかな秋の日でした。

テラスから館内に入ると、TODAY'S FRONT PAGESという展示がありました。世界中の新聞の今日の一面新聞記事が、壁にび

もっとみる
なんと!ありがとうございます♡
3

第3話 「食欲ニモ負ケズ」

こんにちわ、こんばんわ、Chasuです。

前回に続き、2日目の様子を振り返っていきたいと思います。

前回の様子はこちら↓

万里の長城から北京市内に戻り、時間は13時。さて次はどこへ行こうか。

北京 観光でググってみると、近くに大きなお庭が世界遺産になっているとの情報が。そこはかの西太后が愛した場所らしい。まあ庭くらいなら観光してもさほど時間はかからないだろうとその時の私は思っていました。ま

もっとみる

訪れたあの街⑤:デュッセルドルフ

以前訪れた街に思いを馳せる

当たり前に享受してきた「移動の自由」に制約が入ると、移動好きの虫が騒ぎます。緊急事態宣言はようやく解除されましたが、ウイルスが死滅した訳ではないので、第二波、第三波への警戒は簡単には解けません。

世界中に点在する魅力的な街を巡る生活に憧れ、これまでに幾つかの夢は叶いました。あの街はよかったなあ… あの街へ死ぬ前にもう一度行ってみたいなあ… 私にはそんな街が沢山ありま

もっとみる
ありがとうございます。素晴らしい一日になりますように。
9

タイミングがいい人

2020/2/13@グアテマラシティinグアテマラ
2020/2/13@メキシコシティinメキシコ

空港のラウンジでゆったりしてて、
暇と言えば暇だし、
忙しいと言えば、忙しい

そんなところに、
1通のLINEが来て、

ちょうどいいと言えば、
ちょうどいいから、
そんなタイミングで、
連絡してくる人は好きで、

折り返すと、
いや、
忙しいわけないがな
俺、遊んでるだけなんだ

もっとみる
わーい!やったー!グラシャス!お礼のサクラダファミリアです
24

「カンボジア。目の当たりにした負の遺産」

世界一周71日目(9/7)

カンボジアへの入国は一筋縄ではいかないかもしれない。そう思っていた。

・アライバルビザの申請の手数料を多くとられてしまったり
・国境の手前でおろされてしまったり
・パスポート用の写真を割高で取らされたり
・有り金全部をリアル(カンボジアの通貨)に換えさせられてマージンを取られたり
・さらには入国時の賄賂の要求

あの手この手の入時に待ち受ける難問を旅人たちから聞いて

もっとみる
ああ…、スキによってひからびた心が潤っていく…
3