最所あさみ

Retail Futurist .「知性ある消費を作る」をミッションに掲げています。プロ野球と食べものがすきです。noteの有料マガジン「余談的小売文化論」と学びをシェアするサークル「消費文化総研」もよろしくどうぞ!
    • 余談的小売文化論

      「知性ある消費」をテーマに、現代の消費行動や理想論と現実的な問題のギャップについて考え、言語化しています。「正解」を語るのではなく、読み手が自分なりの正解を見出すための一助になるような発信を心がけています。 (Photo by tomoko morishige)

    • #お店 記事まとめ

      • 2047本

      思想を持ったお店をつくったり、運営、デザインをしているひとやその感想などの記事をまとめるマガジンです。

    • 【note公式】 #お気に入りと暮らす 一覧

      • 53本

      ショッピングカテゴリ上で紹介している「お気に入りと暮らす」特集掲載記事を集めたマガジンです。このマガジンに格納された記事は、ショッピングカテゴリのページ上で自動的に表示されます。ショッピングカテゴリページ:https://note.com/topic/shopping

    • 本と映画と、エトセトラ。

      読んだ本・観た映画について気まぐれに。 (photo by tomoko morishige)

    • すべてのマガジンを表示
  • Slack参加プラン

    「知性ある消費は健全なお店から生まれる」をモットーに、お店やブランドに関わる人たちの理想と現実を埋めるための知見を共有するコミュニティです。

    • ①オンライン定例会への参加(月1回):毎月テーマに沿って参加メンバーの知見や経験をシェアする定例イベントを開催しています。
    • ②Slack限定コンテンツの閲覧:話題ごとにチャンネルを設定し、参加メンバーの知見を共有する場を提供しています。
固定された記事

「消費文化総研」サークルとは?

消費文化総研は、「知性ある消費は健全なお店から生まれる」をモットーに、お店やブランドに関わる人たちの理想と現実のギャップを埋めるためのコミュニティです。 なぜ「…

文化的敗北とは何か

幼い頃、「ポカホンタス」に多大な影響を受けたのでネイティブアメリカンの文化に強い興味がある。自然と共生する考え方は日本的アミニズムと通じるものがあるし、彼らの気…

仏教的ブランドのあり方

ブランドは宗教に例えられることがよくある。単なる好き嫌いを超越した信頼は信仰に似たところがあるし、「推し」への熱狂は宗教にも通じるものがある。 宗教と聞くと多く…

「懐かしさ」の正体

はじめて台湾に行ったとき、えもいわれぬ懐かしさが胸に押し寄せてきたことを覚えている。淡水で川沿いを歩いていて俄雨に降られたときのことだった。一度も訪れたことがな…

100

世間の判定から、真実はこぼれおちていく

人の行動の理由は、本人にしかわからない。傍から見たら非合理にしか見えない選択も、世の中から批判を浴びるような言動も、その人なりの「理由」が積み重なった結果だ。 …

4週間前
この記事は
マガジンの購入者だけが読めます。

生きるに値する地獄

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

4週間前