ふゆほたる

思ったことを 全力で 書かせていただきます。 その全てに 嘘はありません。 宜しくお願い申し上げます。 近頃 この『Note』で出会った方々と どんな形でもいいので コラボしてみたいと画策しております笑
固定された記事

Dear my all(ディアー マイ オール)

想い人へ まずは ありがとう。 一緒にいるときじゃなくても 心の中にいてくれてありがとう。 前置きは 面倒なので 単刀直入に書きます。 私は 貴女を愛しています。 …

知らないことが あっていい。

無知なことを 虐げている時間が あるのなら 何か 1つ 知る努力をしていればいい。

知らないからこそ 突き進める。

会得した知識の量が 多いに越した事は無い。

しかし それで 全てが 決まる訳でもない。

最期まで 決まり手は 分からない。

「わたし 可愛いからね!」

眩しい笑顔で 想い人は そう 言い貫いている。

「だって そう言ってた方が 色々 良くない? キャラとしてもさ。」

その時 彼女なりに 考えていることを 知った。

あたすには 見抜くセンスがあると 自信にもなった。

ふと 思い出した。

ここ数年間を 回顧してみた。

『居場所』に出会い 想い人に出会い そして ここに居る みんなにも 出会えた。

それは『必然』ではあるけど かけがえないモノ。

出会ってくれて ありがとう。

支える為に 支えられている。

この気持ちだけは 失くしてはならないんだよね。

胡蝶炎舞(こちょうえんぶ)

舞い降りた。 それは きっと 偶然じゃない。 引き寄せた運命だ。 仄暗い照明が 薄い影を創りながら 追いかけるように 僕らを照らす。 焔のように 燃え上がった お互い…

優しさの正体に 答えはなくとも。

伝わる優しさには 共通点がある。

それは『相手本位』でありながら『ナチュラル』で『らしさ』が 伴っていること。

「~らしいね。」

そう思われている優しさで 在りたいんだ。

微かに 微笑む程度が 丁度いい塩梅かもしれないね。