解像度

「考えすぎると固まる現象」に名前をつけたい

art. #40  / 1800 words (2 min.)

こんばんは。
タメ口で話しかけてくる飲食店の店員に対する好き嫌いって結構分かれるよなと思っている新田です。

ちなみに…ぼくは……あんまり好きではないですごめんなさい(笑)。

さて。
きょうのnoteは、いろいろ考えすぎると人間って固まってしまうのではないかという自問に近いnoteです。

じゃあその固まりを解くにはどうしたらいいの

もっとみる
いやーん\(^o^)/
6
励みになります。今後ともご贔屓に。
2
励みになります。今後ともご贔屓に。
3

解像度の上がった日常に対して

 人間は全体の動きに同調しがちな生き物だ。それは本能ではなく、理性があるからこそ、周囲の動きを気にしてしまうことからくる。だがこの人間の習性は、時としてその理性とは反対に妄信や過信、思考停止の原因となる。
 もし、あなたがそのような全体的な動きばかりにとらわれたくないと思うなら、むしろあなたは、全体をこそ見つめるべきである。

 私たちは細かいことを気にしすぎている。細かいこととは、文字通りの意味

もっとみる
本当にありがとうございます…!
2

挑戦者・表現者が、未来に物語を紡げるように。―conote inc./Ciroci inc. 山田邦明さん

「何かを始めるときに必要なものは、
実はすでに持っていたんだなあと気づいたんです」

こう話すのは、conote.inc(以下、コノテ)とCiroci.inc(以下、シロシ)の代表を務める、山田邦明さん。

ももスタのコーディネーターでもある山田さんは、長年スタートアップに従事し、すべての挑戦者・表現者に寄り添い、応援することを仕事にされています。

山田さんが語る「必要なものはすでに持っている状

もっとみる
たくさんのイベントを開催しています!お気軽に参加して下さいね(^^)
13

好きと解像度の話 - 生きやすさのために「飲みやすい」という言葉をやめる

「解像度」がここ4, 5年くらいのホットワードで、ぼくと飲みながらしゃべったことがある人は、少なくとも一回はこの言葉を聞いていると思う。

なにがきっかけだったかは覚えていないけれど、最初は「好き」を口に出す練習から始まった。

当時大学生のぼくは、自分の好きなものがよくわかっていなかった。就職活動で作成する履歴書の趣味欄には「読書」と書いていた。それは嘘ではないし、おそらく多くの同世代に比べれば

もっとみる
あなたのおかげで、きっと今日も文章に向き合えます
5

世界の解像度を上げるには

今日は桜を見に行ったんです。オリンピックを開けるくらい厳重な感染症対策でぷらぷらと市内を歩いてました。今日のサムネは通った知恩院さんの写真ですが横に引き延ばされてどこか不気味になってしまっているのが少しショック。

一緒に歩いていた人が京都府民ではなかったので彼女の要望に沿って桜を見ることができるルートや場所をそれなりに調べてた。

そうなるとこれまで当たり前みたいに歩いていた並木道が今日は桜並木

もっとみる
アーカイブ200本、暇つぶしにどうぞ。
18

ダメ男こぼれ ♯9 ~VHSエンコードのはなし~

前回の続きではないけど、ちょっと映像に詳しい方なら「フルハイビジョンの解像度は1920x1080」くらいはご承知でしょう。

4Kの解像度が3840×2160、DVDの解像度は720x480、というのも「何を当たり前のことを」と思われるかもしれない。
ではVHSは?となるとちょっと難しい。いや、データは公表されているし、知識として理解している方もそれなりにおられるであろうが、それを解像度という尺度

もっとみる

サブディスプレイが無ければ解像度を上げればいいという話

今年に入ってから室内の不用品の撤去が進み、随分と快適なテレワーク空間が出来ました。以前に『自分に最適なテレワーク環境を突き詰めた結果、椅子もデスクもサブディスプレイも要らなかった話』という記事を書きましたが、その後日談的な内容になります。

同記事に書いたとおり、サブディスプレイは使わなくなりました。デスク周りの環境は非常にスッキリしましたし、環境を選ばずに仕事を出来る機動力も上がっています。それ

もっとみる