おきにいり

330

[m219] 聞き手に参加してもらって講演ビデオを収録するのはお勧め

2021年7月27日(火)

ハローチューズデー! 向後です。

昨日は、日本放射線看護学会からの依頼でZoomによる講演ビデオ収録をしました。日本放射線看護学会の第10回学術集会は、弘前市で開催される予定のところ、コロナのため9月18, 19日のオンライン開催となりました。

その中の「教育セミナー」の枠組で「わかりにくいことをどう教えるか」というタイトルで1時間強で話をしました。大会が始まった

もっとみる
最高です!

同級生。医者夫婦。なぜ夫は、妻に時短勤務をすすめたのか。

こんにちは。女医ワーママのあおです。

先日、公開したこちらの記事。

公開後、さまざまな共感やご意見、疑問などをいただきました。反響の大きさに驚くと同時に、とてもありがたく思っております。

記事で引用した『普通の門』と『ピンクの門』の例え話。
これは、ちきりんさんのブログからお借りしたものです。

『普通の門とピンクの門』 - Chikirinのブログ

そしてふと、気が付いたのです。

もっ

もっとみる
お読み頂きありがとうございました。

「子持ちの女医は完璧な医者になれない」に対する、5年越しの反論。

こんにちは。女医ワーママのあおです。

「ガラスの天井」や「マミートラック」という言葉があります。

男性と同じ学校を出て、就職して、働いていたのに、気が付いたら目の前には壁がある。性別や出産で、思っていたのと違う道が用意され、歩かされている。
そんな経験をされた方は、多いのではないでしょうか。

タイトルに書いた言葉。

「お母さんをしながら、完璧な医者にはなれないよ」

というのは、実際に私が

もっとみる
お読み頂きありがとうございました。

オープンでフラットな組織が突然「閉鎖的」と言われるとき

柴田(@4bata)です。「それぐらいわかるだろ・・・」が通じなくなるタイミングがあるんだなという発見です!

考えたきっかけ:「オープンでフラットだと思ってたけど、結構閉鎖的なところもある」というセリフを聞いたその人に情報が伝わってなかったのかな。私の最初の感想は「前からそうだった気がするけどな・・・」。以前から整った形で情報はちゃんと流れてない。私にとっては、今働いている会社が閉鎖的には見えて

もっとみる
読むだけじゃなく、「スキ」までありがとうございました!

ネガティブの乗りこなし方

こんにちは。
実家が全焼したサノと申します。

先日、大阪経済大学で、
講演させていただく機会がありました。

「ネガティブの乗りこなし方」
というテーマでお話しました。

このテーマで話したいと思ったきっかけは、
ふとTwitterで「就活」と検索した時でした。
関連ワードの「死にたい」という言葉を見て、
胸がぎゅっとなったのです。

誰もが人生で苦しい瞬間があると思います。
そんな時に少しでも

もっとみる
超大吉です!絶好調です

今年の夏にオリンピック・パラリンピックに出るよという方へ

私は五輪に3度出場していますが、3度とも決勝に残れず敗退しています。ですので、成功の体験はありませんが失敗した経験はたくさんありますので、みなさんが同じ失敗を繰り返さないよう、レースの三週間前に何をしなければ良かったかというのをまとめてみました。

失敗の原因は三つだと考えています。
①欲張りすぎた
②確かめすぎた
③集中しすぎた
です。それぞれ説明します。

まず一つ目の欲張りすぎたです。3週間

もっとみる
うれしい

趣味と言えるようになるくらい、物事を習慣化する方法

昨日「習慣化って、ある行動を体に覚え込ませて行くことですよ」ということを書きました。

理由は、それを身体が「快」であると感じるような習慣は、随分あとになって脳がその状態を喜ぶようになってくれるからです。中枢は抹消の奴隷なので。

昨日は書きませんでしたが、薬物依存症というのは、体が薬物の快を覚えてしまっている状態です。その状態を作り出すように、身体という末梢神経が中枢に要求している。それが薬物・

もっとみる
「いいね」ありがとうございます!シェアしていただけると嬉しいです!

集中すればするほど脳はつかれない

16年前のベストセラー『脳は疲れない』を出版当時に読み、書いてあることは理解できたが、体感的にはやっぱり納得できずにいた。

沢山勉強すればつかれる。
夕方になれば頭もぼーっとしてくる。
つまり脳はつかれるでしょ……。と思っていた。

しかし最近になって突然、たしかに「脳はつかれない」かもしれない、と納得しかけている。誤解を恐れずにいうならば、今の自分はこう思っている。

集中すればするほど、脳は

もっとみる
大吉です!好きな人が増えるでしょう

オランダ人パパが日本旅行で感じた、自己犠牲で成り立つ社会への憂い

こんにちは!

今日は、娘が通う小学校の打ち上げパーティーでした。
娘はgroep1からgroep2になり、その間クラス替えはなく、今のクラスで2年を過ごしてきたのですが、このクラスが子どもたちだけでなく保護者も仲が良く...去年も1年の終わりに学年末のパーティーをしたのでした。

今年もタイミング良くコロナの規制が緩くなった!ということで開催されたパーティー。多くの家族が参加して、子どもたちは恵

もっとみる
Thanks for your like❤️

それは願った通りに使えているか?



友人が面白い気付きを送ってくれたので、今日はそれについて書いてみます。

お菓子の空き缶などで、可愛いものを取り置いている人もいらっしゃるでしょう。
私だってそうです。この画像は数年前、家族で関西に旅行に行ったときに奈良公園で買ったもの。旅の記念でもあり、可愛いから捨てられない思い出の品です。
(なんでも捨てると思われてる私ですが、お菓子の空き缶だってきちんと保管してるんだよ!)

(…ていう

もっとみる
ありがとう、同志よ!