最貧困層は投票できない。だから政治は彼らに冷たい。

言うまでもないがホームレスには住所がない。 最貧困層の多くは、ネカフェに住んでいたり、知人宅に居候をしていたりで、会社の住み込み寮を転々としていたりで、定住していない。 だから「投票入場整理券」が届かない。したがって投票していないでしょう。 ****** 政治家は、投票しない人に…

日本の凋落は経済をまわさないから

人々の暮らしを良くするためには 時給を上げなくてはなりません。 給料を上げなくてはなりません。 つまり企業が儲からなくてはなりません。 企業の給料が上がらないと公務員の給料も 上がりません。 企業が儲かるとは 世界的に躍進する企業が出てこなくてはなりません。 トヨタの平均年収は 【従業…

ルポ 日本のDX最前線

タイムラインで多くの知り合いが読んでいたので気になって買ってみました〜!DXの事例ドラマが多く描かれていて、とても参考になりした。 政府CIOが発表した、「デジタル・ガバメント実現のためのグランドデザイン」では、行政のデジタル化の方向性が示された。52ページの文書は、「デジタルファース…

塾に行かせれば、子どもは賢くなるのか?

いま、多くの子どもたちが塾や習いごとに通っている。より良い教育を受けさせ、有名大学に行かせ、一流企業に就職させたいと願う親たちが、教育に力を入れている。 子どもの将来を気遣う親心はよくわかる。だが、不況から脱することのできない現在、収入は下がり、子どもを塾に行かせることのできない…

とはいえ、色んな分野に資金が流れ出したので、業績相場が芽吹いてきた流れも感じている。 しかしこの感覚は本当に正しいのか?本当に業績相場の到来を意味するのか、夏枯れで方向性を見失った資金がバラけているだけなのか、まだ判断がつかない。 だから観察対象の幅を広げることにした。

基本的に、今は金融相場がまだ継続していると捉えている。昨年3月の緩和以降に株価は回復してきたが、ようやくコロナ前の株価水準に戻ったに過ぎない。 全体的な株価水準、株価位置を考えるのは重要だろう。金融相場のピークを既に迎えたのであれば、もう少し金融株などは伸びないと違和感がある。

2021/06/15 日経新聞 (朝刊)

おはようございます。 ともです。 新聞が厚めで嬉しいです。 今日も日経新聞の注目する記事をピックアップしていきましょう! 「東芝、コンプラ意識欠如」 東芝の2020年定時株主総会が公正に運営されなかったとする調査報告書が公表されたのを受け、社外取締役で取締役会議長の永山治氏(中外製薬…

ラクに仕事したい

以前別の記事で、管理職として気づいた自分のコアバリューについて書きました。 「仕事でラクをする」 と言う点について少し深掘りして考えてみたいと思います。 仕事でラクをする、と言っても仕事をサボるとか、手を抜くとかそう言うことを言っているわけではありません。 サボった結果、色々面倒…

そろそろ証券銘柄の雄、野村証券の禊も終わったろうか?観察用に購入。 海運の動きが気になっているので、栗林商船も観察兼ねて追加購入。 不動産はどうしようか。景気回復は正常なインフレに等しい。つまりは、資産効果で不動産価格もいずれ見直されなければおかしい。