人には話せない、失敗エピソード(できれば見ないで)

人生には成功もあれば失敗もあり
人によっては様々な失敗談があると思います。

もちろん僕にも多くの失敗談があり
成功した記憶が無いぐらい
人生のほとんどが失敗ばかりなんですよね。

まぁ、昔からネガティブ思考ってのもあり
悩み事は常に絶えませんでした。

今回は僕の人生で失敗した要因3つを
恥ずかしながらシェアさせていただきます。

なので、できれば見ないで欲しいです(笑)

〜勉強をしてこなかっ

もっとみる
スキありがとうございます!今後も宜しくお願いします!
4

掃除をする中で

おばあちゃんの家にいる限り、
やることとしては、遺品整理か掃除ぐらいがメインで、今日は掃除を集中的にしてみた。

先日から、あの、Gが出てきたため、
これは、もう、掃除やらないとヤバい。
という、やらざるを得ない状況だった。

何年も触れてないような、あぶらまみれの換気扇、こげのあるガスコンロと周り、
綺麗にたもってるけどよく見ると水垢だらけのシンク、
少し高いところにあるオーブントースター
何年

もっとみる
あなたにとって素敵なできごとが訪れますように♪
6

スマホ時代に腕時計をつける

こんばんは!

時間はスマホで確認できますが、あえて腕時計をしています。

理由は、ほんの少しオシャレをしたいから。

ネックレスや指輪などアクセサリーが苦手。

耳にも穴が空いていないため、イヤリングを付けてみよう!と何度か挑戦して見た事がありましが、耳への違和感があり全て手放しました。

唯一できるオシャレは腕時計かなと思い、つけています。

私の骨格は骨太でメリハリある体型といわれるストレー

もっとみる
嬉しいです!!

シンプルシェアライフ

家の中の半分以上は私の持ちものではない。
そんな生活をもう5年以上している。

今家にあるもので自分のものなのは、
洋服、化粧品、本、布団くらい。

現在は、品川のOYOLIFEの物件に住んでいる。

https://www.oyolife.co.jp/
 OYOLIFE最高。ちょっと高いけど。

私はあまりものを持ちたくない。

購入する洋服、本、雑貨もすぐにメルカリで売ってし

もっとみる
嬉しいです!
9

5/26

人生がシンプルになると

自分の人生において

必要なことに集中できます

身の回りの

いろいろなことが

とてもうまく回ります

その為には

自分の気持ちを

より大切にすることです

今日も素敵な一日を

お過ごし下さいませ🌺

もっとみる
スキありがとうございます😊

【ミニマム】手放しで思い出したこと  シンプルでミニマルな

さて、最近のhosi7のこと 書きます。

新型ウィルスさんの登場で

すっかり暮らしやお仕事の仕方みなさんも 変わりましたよね!?

うんと変わった人 ちょっと変わった人 激変した人

いろいろだと思います うんうん。

わたしのことを話してみると、この頃の

Stay Home (ステイホーム)は、

それほど 苦ではなかったンですね。

ここ7年くらい前に 郊外にお引越した時に

10年近

もっとみる
わぁ、ありがとうございます::/
6

物を増やす、どろぼうさん

「父ちゃん、どろぼうさんみたいだね。」
息子が2、3歳の頃、近所を一緒に散歩していて、
突然言われた。
「ん?」
カーブミラーに映る自分を見て気がついた。
全身、真っ黒。
確かに子供と日中歩くのには黒すぎる。

この格好で、ゆっくり住宅街を散歩してると、
空き巣か、何にかと間違えられるだろう。

結婚して地方に引っ越してくる前は、
都内でフリーターをして、
彼女(現嫁さん)と、狭くて古い部屋で同棲

もっとみる

ズボラレシピ

毎日今日のご飯、明日のご飯のこと考えてるの、大変じゃないですか?

そういうときはもうズボラでやっちゃいましょう。

ズボラでも何でも美味しいと思えりゃ勝ちです。
食卓は楽しくなります。

一人でも二人でも、大勢でも食事は美味しいものを食べて楽しいほうがいい。

でも手間暇かけてられないときもありますよね?

ここは引き算で行きましょう。
シンプルライフです。

でも毎日栄養バランスとか、レシピと

もっとみる

上を向いて置こう♪

最近、部屋作りの際に気を付けている事が
物を置くときは上の方に置くことです。

今回はそんな
上の方に置くと良い理由を
皆さんにシェアさせていただきます。

〜人の目線は下向き〜

人が無意識で見ている位置って
75〜135cmと少し下向きなんですよ。

確かに周りを見渡した時に
目線よりも下側を見ている感じがしますよね。

そこで家具や雑貨などを置く時は
目線を少し下げた75〜135cmが
良い

もっとみる
ご覧頂きありがとうございます!!!
7

90歳のおじいちゃんとわたし。はじめてのお米作り

「ピンポンパンポーン、ピンポンパンポン♪」
3階建の養蚕古民家の呼び鈴は長い。「ピンポーン」で充分だったワンルーム暮らしを思い出す。

携帯を見ると、朝の7:30。

「おーい、起きとるか見にきたぞ」

眠い目をこすりながら玄関に様子を見にいくと、90歳のおじいちゃんがいつもの笑顔で立っていた。

ひとり暮らしだからだろうか。起こしてくれる家族がいるようでうれしい。

「おれは朝4時から起きとるん

もっとみる
You are awesome
2