これはお手紙です、久しく、手書きという絶え間ないためらいを忘れ、筆が遅れ、なにを伝えるかよりも、どう書くかに捕われている、五月、ひかりは増すばかりです、鳥や土が目を痛めないかを、わたしは世界を信頼してないからまったく心配しない、強すぎて、愛らしいと錯覚するくらいに笑っちゃうね、刃物を持っても、爆弾を持っても、概念や観念に立ち向かうことをやめませんが、きみはいま、どうしていますか?世界はそれを被害

もっとみる

信じて委ねる だけでいい だけがいい

気圧の変化でクラクラしていて、ヤバいな〜、どうしようと思っていました。

調子が悪いことに意識を向けるのをまずは辞めることにしました。

今日は小学生たちと一緒にいる時間がたくさんある。

とんでもなく元気だから、あの空気に浸かっていれば自然と良くなるだろう。

そう思ってすぐに忘れていたら、帰る頃にはスッカリ元気になっていました。

「片付けよう」一瞬だけそう決めました。

それから普通に仕事を

もっとみる
励みになります✨

文章を書く醍醐味。

嘘なく、正直に書く。
今の私には、これしかできないみたいです。



昨日、noteの友達とzoomでお会いしたことを書きました。

そうしたらなんと返事をいただいて。私はこれがとてもとても嬉しくて。「嬉しい」以外の言葉ないんかい、と思いますが、本当に嬉しかったんだよなぁ。その気持ちをしまっておけないから、またこうして書いています。

何がそんなに嬉しかったのかと考えると、いただいた言葉全てなの

もっとみる
これからも書き続けられそうです!
6

ひとりにみつけられたら、もうひとりじゃないということだ。

いま、とつぜん開きたくなったページには
<いつかみつけられるものたち>という
タイトルのついた写真が載っている。

6角形のガラスの器。
たぶんひまわりかなんかの種を
縦に入れてしまえばいっぱいになりそうな
そんな感じの高さ。
そしてすいかの種をいっぱいならべたら
10個ぐらいで満杯になりそうな
そんな奥行き。

白い紙の上にささやかな器が8個並べられている。

器の中央はラズベリーのゼリーみたい

もっとみる
あしたもスキされたいな💘
34

こらぁじゅ


ふたつがよっつ
よっつがやっつ
生きてるもんが
用意して
死んだもんが
差し出した
茶碗に入った
もの飲んだ
やっつが十六
十六が三十二
丸が三角を駆使して
もしくは
四角に横やりを入れ
チョッキン
チョッキンと
ちぎってはなげ
ちぎってはなげ
僕に貼り付ける
三十ニが六十四
六十四が百二十八
百ニ十八が二百五十六
こらぁじゅ
指は二十本
腕は二本
目玉は二つ
鼻の穴二つ
足二本
口が一つに

もっとみる
スキありがとうございます!フォローも頂けたら嬉しいです!
8

思考停止前線停滞中

いま、あたまのなかでぶんがまとまらない。

文章を書こうとしていて、テーマを探すも、何も思いつかない。正確に言うと、書きたい事はたくさんあるのだけれど、ちょっとテーマ的に書く元気がなかった。

なんだか最近疲労感がすごい。寝てるはずだし、健康的な生活を送ってるはず。加えて取り立てて忙しいわけではないのに、なぜこんなに疲れてしまっているのだろう。

こういう時の私の頭の中は同じ文言が梅雨前線のように

もっとみる

光と泡のプリズム

 この世の終わりのような静けさ漂う真昼の海に私は立っている。ふと、靴も気にすることなくその水の中に足を踏み入れ、月引によって作り出される無数の波に足を取られ、今まで生きてきた多くのことを思い出させる。
 自分は何をしているのだろうか。ふとそんなことを思い直し、遠い地平線と海の混じっているところを見て思うのだ。

 静かな海だった。だからこそ、心の深淵を歩くことができる。私が生きてきた多くのモノロー

もっとみる
次の物語もスキと言っていただけるものでありたいですね。

『noteではじめる新しいアウトプットの教室』を読んで。

 こんにちは、佐藤です。今日はnoteについての書籍を読んで、その感想や印象に残った内容など書きたいと思います。

1

 この本は2019年9月の本で、自分が読んだのも少し前になります。非常に良い本で、付箋もたくさん付け、読書感想文を温存していた形です。

 本の帯には「書けない、続かないを卒業しよう!」とのキャッチコピーが書いてあり、実際この帯につながる良い内容が書いてありました。

 大量の

もっとみる
スキありがとうございます!
3

2種類の「暇」と遠回りの重要性のお話

今日は、「暇」についてアウトプットしていこうと思う。

今回の記事を読めば、「2種類の暇について」「面白い人間になるためには暇な時間が必須である」ということを理解してもらえるはず。

では早速本編へ。

まず、「暇」と聞くとあなたはどんなことを思い浮かべるだろうか? 多くの人は、「何もすることがなくダラダラできる時間」みたいな感じをイメージすると思う。

実はこの「暇」という概念は古代ギリシアの時

もっとみる
僕も好きですよ。
8

【段落はこまめに変える】
①改行のタイミングは、内容や呼吸の切れ目。
②5~6行文章が続いたら改行する。
③ブログやSNSでは2~3行で改行する。

💛これはkindle本等にも当てはまるのだろうか?
パソコンやスマホで読む文章だから「〇」である。
色々と画面上で変えてみよう。

「あなたのカルマ・ヨギーにナマステ」(^^ ♪
2