「手書き」で集中 2021年3月31日

 おはようございます。自称「スッキリした女」神垣です。

 久しぶりに書いてみました・・・

 週刊文春に掲載されていた
 経済学者の岸博幸さんの記事に

「デジタルが普及しすぎた結果、現代はマルチタスクになりがち。
 私も仕事柄、日々情報収集しているので、インターネット上で
 同時に複数のページを見ている時間が長い。
 そうすると、脳が弱って集中力が散漫になってしまうんです。
 そこで1日に最低

もっとみる
スキをありがとうございます。うれしいです。
1

寝るのがもったいないといいつつ

書き始めると眠くなる矛盾。心と体は裏腹で、書きたいと意欲を見せるといつの間にか目が閉じてくる。どうしたものか。ほら、またしょぼしょぼしてくる私のお目目。何でだろうなぁ~??心なしか字も雑になってくる。(下書きは手書きのノートというアナログさ)心の乱れは字の乱れ。きれいに書かなくては・・・。

綺麗に書く、丁寧に書く、字は心を表す。

ゆっくり、しっかり書かなくては読めない。読めぬ字は最悪だ。もう少

もっとみる
嬉しいです
2

人の目を気にしすぎたら発信したいことに制限かかって結局自分の書きたいことを書けなくなった。書きたいことを書くって決めたら書けるようになった。 #note #書く #人の目 #制限 #発信

どんな人生にするかは自分で決める

こんにちは。
櫛崎まきです。

日々の仕事に忙殺されていて、
我を失う時ってありませんか?

私はよくあります(^_^;

流れるように日々のルーティンをこなしていて、
時間だけが過ぎていっている。

これって自分の目的に向かっているのか?と
たまに路頭に迷うこともありました(笑)

そういう時は一呼吸置いて、
冷静に物事を考え
客観的に自分を見るようにしています。

時にはリラックスすることも、

もっとみる

76

街に出ると、いつもあの空気が漂っている。もう慣れたはずだが、意識すればそこにあることがはっきり分かる。みんな世界が終わると思っている。そして、「みんな世界が終わると思っている」ということを、それぞれみんながお互いに知っている。そして、横目でそれぞれの思っていることを確かめ合う。

スピーカーからは、擦り切れてもう意味がなされなくなった「お願い」が繰り返される。「いつも通りの日常を送ってください」そ

もっとみる
たまには昼寝するにゃん
10

ジャーナリング タイム2回目

おはようございます😊

Am6:00

2回目の一人ジャーナリングタイム終了
今日も「今日一日頑張るには!」を
テーマにしました。

今日は慣れたのか
眠さでペン止まらなかった
よく睡眠とったからだと思う
相変わらず59分までベッドにいましたがね(笑)
睡眠とると全然違うんだなと体感

ジャーナリングタイムは15分

頭の中にあった昨日の反省から始まり
最近のモヤモヤを書き出した
ベストな選択で

もっとみる
嬉しいです!
2

上島珈琲店

最近カフェのことをよく書くのだが今回は予告していた、私の最近好きなカフェについて。

私の最近お気に入りのカフェは上島珈琲店だ。

私の行く店舗は大体静かであまりおしゃべりも聞こえない。代わりに聴こえてくるのは時にはゆったり、また違う時にはアップテンポなジャズの調べ。心地よくてペンも進む。この下書きも手書きのノートに上島珈琲店で書いた。なぜか私の憧れる大人な雰囲気の場所なのである。

来ている人達

もっとみる
嬉しいです
3

その文章、相手のことを考えていますか?

今回は、相手のことを考えた文章とは、という話です。

この記事を読んでほしい人
✅女の子にモテたい人
✅自分の文章が相手に伝わらない人

こんにちは、(ほぼ)無職のタナカさんです。

無職じゃまずいだろっ!!ってことで
今はセルフベーシックインカム(早い話が貯金の切り崩し)と
ちょこっと会社で事務員さんをしています。

そして実労働以外で収入を得ようと考え始めています。

▼こりゃいかんですよ

もっとみる

「どうしても書きたいこと」がなくたって

「どうしても書きたいことがあるから作家になるのが本当の姿」的な考え方に対し、歌人の穂村弘さんは、燃えるような「どうしても書きたいこと」があるわけではないので、後ろめたく感じるとのこと。

ただ、「どうしても書きたいことが必要という考えが唯一の正解ではない、と思うのだ」。

「今ここで書き出すまで、自分でも自分が何をするのか分からない。時には言葉自身が勝手に走り出す。そんな『一寸先は闇』性が、表現に

もっとみる

『沢山ノ小旗協力願イマス』
此処に在る色ひとつも遣らぬ

…………………………………………………………

チェリーセージホットリップス かわいい/帰り道

ジュースおごりたい!ありがとう!
14