mayu

すきなことばと、好奇心。|旅と読書と恋のエッセイ 🌿| 毎日6:30更新・土曜はメンバ…

mayu

すきなことばと、好奇心。|旅と読書と恋のエッセイ 🌿| 毎日6:30更新・土曜はメンバーシップ | 2020/11からnoteで毎日更新を継続中、公式コンテスト受賞4回 | 等身大のご自愛旅 | 江國香織とaikoがすき

マガジン

  • 私のゆるり旅

    旅をしたまちの想いと記憶を残すマガジンです

  • 今日と明日のすきまの部屋で

    メンバーシップ限定の記事のマガジンです。スタンダードプランに公開されている全記事を集めています。

  • もう一度読みたい

    もう一度読みたいと思った好きな記事を集めさせていただきました。素敵な文章をありがとうございます。

  • コンテスト受賞とピックアップ記事

    コンテストの受賞記事と公式のピックアップ記事をまとめました。初めて読んでいただく方は是非こちらから。

  • 読書の記録

    夢は図書館のような部屋に住むことです

最近の記事

  • 固定された記事

失恋ですか、と美容師さんは聞いた

「20cm、切ってください」 鏡に映る自分をまっすぐに見つめて、考えてきた言葉を一息に言い切りました。 「顎くらいかな、それより下?でいいですか?」 3回目になる担当の美容師さんは、初対面とも気を許してるとも言えない距離の敬語でわたしの毛先をいじりました。 顎下のボブなんて、何年ぶりでしょうか。 大学2年生くらいまで、高校生の延長のようなボブをしていたのが私の中では最後の記憶です。それからは鎖骨あたりで揺れるくらい、伸びてもそこに戻って、当たり障りのない女子を楽しん

    • 未来の自分へ、引っ越しの備忘録

      いざ家が決まり、私の場合は訳あって自分での物件探しは不要だったにも関わらず、やっぱり引越しはパワー。つかれる。体力が削ぎ落とされる。業者が来る前日の夜に、ついにユンケルゴールドに手を出してしまった自分がいうのだから間違いない。なんだかさっきから体の奥が熱くなって汗がじわりと出てきている。 そんなわけで、ギリギリになって焦りまくっている私が、引っ越しの備忘録を書いておきたいと思う。とにかく今の家から出ることだけを考えたリストなので、新居での手続きも同時発生すると考えて欲しい。

      • 冬の福岡を無計画にまわる二日間

        福岡にやってきました。ライブのための旅行なのですが、行ったことがない山口県を回った後、なんとか高速バスで乗り込んできました。 福岡なら、とにかく美味しいもの食べて飲んででいいよね。そう思って無計画のまま博多・天神へ。福岡といえば、ラーメン、明太子、もつ鍋あたりかなあとぼんやり思っていました。 ライブ前の腹ごしらえで早速ラーメン屋さんへ。二代目けんのすけ天神本店に来ました。実は私はラーメン屋さんでラーメンを食べた経験が極端に少なく、かなり緊張していました。ラーメン屋さんって

        • 留学先にニュージーランドを選んだわけ

          4年ほど前に書いた留学体験の記事を投稿してみます。 ニュージーランドに留学していた私ですが、今思ってもかなりマイナーな選択肢でした。中学生とか高校生とかの留学先としてはメジャーなのかもしれませんが、大学生が選ぶとなるとアメリカやカナダ、オーストラリアのほうがずっと多いと思います。 おかげさまで、かなり癖の強い日本人留学生と出会えて今でも旅行をする仲なのでとても嬉しい。 私がニュージーランドを留学先に選んだのは、主に5つの理由からです。 ・英語圏 ・安全さ ・東京では味

        • 固定された記事

        失恋ですか、と美容師さんは聞いた

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 私のゆるり旅
          mayu
        • 今日と明日のすきまの部屋で
          mayu
        • もう一度読みたい
          mayu
        • コンテスト受賞とピックアップ記事
          mayu
        • 読書の記録
          mayu
        • エッセイとうた
          mayu

        メンバーシップ

        投稿をすべて見る すべて見る
        • はじめましてのご挨拶

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • つぶやき(のろけ多め)

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • (ビジ法2級)勉強日記をつけさせてください

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 4月のゆる日記

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • はじめましてのご挨拶

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • つぶやき(のろけ多め)

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • (ビジ法2級)勉強日記をつけさせてください

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 4月のゆる日記

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります

        メンバー特典記事

        メンバー特典記事をすべて見る すべて見る

          失うと損した気分になる関係について

          「スタンダードプラン」に参加すると最後まで読めます

          この林さんの記事を読み、へぇそうか、「世の女性はまだまだセックスできるのに別れるってもったいないなあって思わない」んだなあと驚きました。私は、こいつと寝れなくなるのは損だから適当に関係続けよか、って気持ち、女だけどわかってしまうから。 というか、この大マッチングアプリ時代、そういう女の子って増えてるんじゃないかな。寝ても男性のことをそれで特別と勘違いしない、覚醒後の女性も多いのではないかと思います。

          有料
          300

          失うと損した気分になる関係について

          有料
          300

          メンシプ)祖父が彼氏を夫と間違えている

          「スタンダードプラン」他に参加すると最後まで読めます

          祖父の住んでいるところの近くに引っ越して、祖父とご飯を食べる時に彼氏も一緒にいることが増えた。増えた、というか、初めましてから全然会っていなかったのに、いきなり食卓に招かれている感じ。彼氏に感謝。 彼がいない時、「今日はまゆの旦那はいないのか」と祖父が聞くので、「あの人旦那じゃないよ〜彼氏だよ〜っ!」となるべくポップに返してみた。これが祖父と二人きりじゃなかったら、反応を間違えられない冷や汗ものである。

          メンシプ)祖父が彼氏を夫と間違えている

          好きじゃなかったと言われたことも、言ったこともあるね

          「スタンダードプラン」に参加すると最後まで読めます

          その話を聞いたとき、自分が失恋したかのような気持ちになって、胸がぎゅううと絞られるような気がした。そうだ、私は忘れていた。恋ってこんなふうに理不尽で、悲しみが突然襲いかかってくるものだった。 忘れていたということは、私がしばらくの間恋人と波風も立たずに幸せに過ごしていたということだ。それはとても幸せなことだけれど、自分が昔は手に取るようにわかったその苦しさをすっかり忘れていることに怖ささえ覚えた。

          好きじゃなかったと言われたことも、言ったこともあるね

          メンシプ)マリッジブルーならぬ同棲ブルーになっている

          「スタンダードプラン」に参加すると最後まで読めます

          いつもありがとうございます。月に5回のメンバーシップ配信、1月の最後の記事です。なんとなく1月は土曜日が5回ある気がしていたけれど、今年はないんだなあ。 さて、今日はついに来月から始まる同棲の話。 毎週末、彼が帰った後に感じていた部屋の広さとか、帰り道の心もとなさとか、そういうひと握りの淋しさは解消されるのです。そしてあの愛おしい寝顔をいつでも見放題、彼の匂いを吸い放題。なんて嬉しいのでしょう。 なのに、私は今めちゃくちゃ不安です。家も出たくないし、私って一人が好きなの

          メンシプ)マリッジブルーならぬ同棲ブルーになっている

          女子会で、重いはなしでごめんと言わせたくない

          「スタンダードプラン」に参加すると最後まで読めます

          27歳、友人たちの話が単なる恋愛や自分の興味から、家族を巻き込んだはなしになってきた。

          女子会で、重いはなしでごめんと言わせたくない

          26歳のわたしに、もしも何か起きたときの遺書

          「スタンダードプラン」他に参加すると最後まで読めます

          友人が遺書を書いていました。読んでいただければわかるように、彼女は元気で、でも人生って何が起こるかわからないよね、と私も共感したのです。 そもそも私も人生を愛おしがっていたという記録のためにnoteを書いているところがあって、私にもしもなにかあればこのnoteのなかから私の片鱗を、私がみた世界をいくらでも一緒に見てほしい、いわばこのnoteぜんぶが遺書だという気持ちで書いてきました。でも、もう記事はゆうに1,000本を超えて、片思い相手のことを1ミリでも多く知りたい時期じゃ

          有料
          100

          26歳のわたしに、もしも何か起きたときの遺書

          有料
          100

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          今年はパンまつりに参加したい

          あの伝説のまつりが今年もやってきた。 ヤマザキ春のパンまつり なにが伝説かって。あの皿が丈夫すぎるということ。どこに出しても、落としても、どうやら割れないらしい。本当なのか。かなり疑わしいけど、SNSでも絶賛されている。どうやらすげえ皿らしい。 実家にも長野オリンピック?の4匹のキャラクターが、ハゲかかりながらも生きている。あれもパンまつりだと聞いた。祖母の家にある白いプレートも、ほぼすべてが毎年こつこつ増えたものだ。 祖母がためていたのは何十年も前だよなあと、一体こ

          今年はパンまつりに参加したい

          失うと損した気分になる関係について

          この林さんの記事を読み、へぇそうか、「世の女性はまだまだセックスできるのに別れるってもったいないなあって思わない」んだなあと驚きました。私は、こいつと寝れなくなるのは損だから適当に関係続けよか、って気持ち、女だけどわかってしまうから。 というか、この大マッチングアプリ時代、そういう女の子って増えてるんじゃないかな。寝ても男性のことをそれで特別と勘違いしない、覚醒後の女性も多いのではないかと思います。

          有料
          300

          失うと損した気分になる関係について

          誰にも書けない文章を書きたいなんて思ってないと言ったら嘘になる

          誰にも書けないようなものを書きたいんです 生ぬるいだろうか。誰かにそう思われるくらいなら、私が先にそう言ってしまいたい。バカにしたい。そんなものはね、と説教を垂れたい。誰かに否定される前に、自分が一番それを叩いてしまいたい。 そのセリフの青臭さに冷や汗をかくというか、嫌悪感すら感じる自分がいる。臭いものに蓋をしたいと駆け寄ってひとおもいに封じてしまうかもしれない。あるいは、共感性羞恥と呼ばれる感情かもしれない。とにかく、なるべく関わりたくないと思わせるぬめりを感じる言葉で

          誰にも書けない文章を書きたいなんて思ってないと言ったら嘘になる

          鍵をポストに落とした音で、ひとつページがめくられた

          部屋の鍵を返してきた。がらんとした部屋には足音すらよく響いて、二年半前に入った時にもこんな感じだっけかとしんみりする。この部屋が好きだった。とても。 この二年間で立て続けに祖父母を亡くした私だけれど、一方で、消えないものなのに寂しいという感情を不思議に見つめている。永遠の別れが辛いのは当然で、でも、こうやって日常から抜け落ちる喪失も心をひんやりと濡らす。 なぜ、そこにあり続けるのに街を喪う気持ちになるのだろう。 実家のある街には特別な寂しさはない。きっとそれは、いつでも

          鍵をポストに落とした音で、ひとつページがめくられた

          はじめての山口1泊2日(宇部・唐戸市場)

          47都道府県すべてを旅行するまで、残り2県になった。そのひとつが、山口県。東京で生まれて育つと西日本への旅行が少なくなるのはあるあるだと思うが、なんだかんだ本州の端っこの山口県に行く機会がなかった。 今回は博多に用事があったので、パートナーにわがままを言って山口に追加で1泊することに。さて、念願の山口県は、移動と海鮮がメインの旅となった。 山口出身の友達からは、「宇部空港の周りはなんもないから、覚悟してね」と言われていた。そうして降り立った宇部空港は、こう言ってはなんだけ

          はじめての山口1泊2日(宇部・唐戸市場)

          インタビューのご縁で、バレンタインお料理教室に参加してきた

          週末に、バレンタイン料理教室に行ってきました。お手軽な鍋しか作らない私が一体どうして料理教室へ、と思われるかもしれませんが、以前インタビューをした牛丸麻衣子さんに誘ってもらったのです。そして、料理教室といってもお食事会がメインで、9割ほどの時間は談笑して過ごせるような初心者にもやさしい空間でした。 お昼に集合し、すでに準備されたランチをいただくところから始まります。集まっているのはそれぞれ先生である麻衣子さんの友人、知人です。どこかしら繋がりのある人が集まっていて、中にはお

          インタビューのご縁で、バレンタインお料理教室に参加してきた

          どこかで今日もnoteを読んでもらっている

          こんにちは、まゆです。こうやって呼びかける書き出し、なんか久しぶりですね。今日は最近嬉しかったnoteの周りの話を書こうと思います。いつにも増してゆるゆるです。 自分の好きなことを書き続けて1100日ほど、フォロワーさんも想像していなかったほど増え、それでもまだまだ好きなことを好きな温度で書き続けているのが私です。 ライタースクールの同級生とか、あとはリアルの友達とか、毎日続けているの本当にすごいよね、と言われるんですが、これは謙遜とかではなく、ただパズルのピースがハマっ

          どこかで今日もnoteを読んでもらっている

          何もない机からはじめよう

          引越しのときにはあれもこれも必要に見えて捨てられないと思ったのに、いざ机の上からものを取り払って業者を待つ間、広い机っていいなと思う私がいた。 仕事ではモニターを使うし、キーボードも外付けにしたし、書類も必要なんだけど、それでも机にものがないとこんなにも頭がスッキリするのかと驚いた。 いつもはもじゃもじゃになったコード類が手に負えなくて、整理するのも面倒だし、机の一部にスペースをあけてどうにか食事をとっていた。それで満足していたが、改めて部屋からものがなくなると、清々しい

          何もない机からはじめよう

          メンシプ)祖父が彼氏を夫と間違えている

          祖父の住んでいるところの近くに引っ越して、祖父とご飯を食べる時に彼氏も一緒にいることが増えた。増えた、というか、初めましてから全然会っていなかったのに、いきなり食卓に招かれている感じ。彼氏に感謝。 彼がいない時、「今日はまゆの旦那はいないのか」と祖父が聞くので、「あの人旦那じゃないよ〜彼氏だよ〜っ!」となるべくポップに返してみた。これが祖父と二人きりじゃなかったら、反応を間違えられない冷や汗ものである。

          メンシプ)祖父が彼氏を夫と間違えている

          番外編)自動生成してもらったやりたいことリストにコメントしてみる

          昨日はやりたいことリストを作ってみて、そういえばSNSでよくみるフォーマットでもやってみようかな、なんてNOLTYというサービスを開いてみた。ちなみにこれは宣伝ではなく、ただ遊んでみた記録。そう、結局noteにすでに書き起こしていた100個それぞれをコピペするのはあまりに面倒で、リストをガチャで勝手に埋めてもらうことにした。 それでできたリストはこちらである。ちなみに、私がどんな人間かは全く考慮されていないので、完全ランダムな100個が並んでいる。 もし私がYouTube

          番外編)自動生成してもらったやりたいことリストにコメントしてみる

          はじめてKing Gnuのライブに行ってきたんですよ

          タイトルの通り、福岡までライブで遠征してきました。ちなみに、King Gnuを生で見るのは初めて。彼らの曲が大ヒットした時、私はその歌を『白目』だと思っていました。めっちゃ恥ずかしい。ヒットから半年くらい経ってから家族に言って間違いが発覚したんですけど(勘違い長すぎ)、今でもそれでいじられます。だって当時あんまり詳しくなくて、カラオケでそのキーを出す男友達に、すげ〜な〜って思うくらいだったんですもん。あとは飛行艇とVinylが好きで、それも最初は学生時代の友達の影響だったと思

          はじめてKing Gnuのライブに行ってきたんですよ

          香川県豊島でリベンジアート・食めぐり

          2022年の芸術祭で行くことができなかった豊島美術館に行った時の文章を、思いがけずたくさんの方に見ていただきました。この話には続きがあり、というか旅行なのでもちろん前後があり、今日の記事では豊島の美術館の外にも広がる食とアートについて書き残したいと思います。 豊島に入ると、お野菜が出迎えてくれます。どうやらアートだけではなく、「食」もこだわった島なのだそうです。 雨上がりの冬の風は冷たくて、でも坂道をのぼっていると少しずつ体が温まるのを感じました。どこにでもありそうな坂道

          香川県豊島でリベンジアート・食めぐり