ayano_leizei 冷泉あやの

詩人・作詞家・作曲家/東京在住です。 2016年まで12年間ムンバイに住んでいました。…

ayano_leizei 冷泉あやの

詩人・作詞家・作曲家/東京在住です。 2016年まで12年間ムンバイに住んでいました。 様々な心の風景を発信していきたいと思っています。 写真は自分で撮影したものです。

マガジン

最近の記事

  • 固定された記事

現代詩集 ムンバイ・トライアングル2016

現代詩集 ムンバイ・トライアングル2016 https://note.com/ayalei/m/m28931047e5f4 目次 from outside       from inside 1.雨上がり       1.サラダのような顔で 2. Yes, please       2.月に追われて 3. 物乞い        3.常識 4.蚊よ         4.流れるプールで 5.近道         5.離陸 6.ムンバイの午後三時  6.私が増えていく 7

    • 【詩】交信

      交信 幼い頃の秘密基地 丘のふもとの岩陰の城 誰とだって交信できた 金星 木星 火星人  悲しいことがあったとき 木の葉目隠し 大切な城 みんなちゃんとわかってくれた 太陽 星くず 雫たち 世界は孤独で遠いから 小枝の隙間 覗いてた 真っ赤な花が揺れていた さらさら水の音 聞きながら    優しい陽光 眩しくて 夜道はいつも真っ暗で 空に宝石 まばゆくて 今でもあるはず 宝物 言葉は何もいらなかった 心で交信してたから あの頃みたいに感じたい 地球の本音 心の耳で

      • 【詩】ひと呼吸

        ひと呼吸 愛ゆえに 時折 言葉がねじれる 思ってもいない心なさを 放ってしまう前に 目を閉じてひと呼吸 無邪気な幼子が愛をねだるように ただ素直な気持ちを 伝えられたら 大事さゆえに 時折 言葉が心を置き去りにする 分かっているはずの証を求めて 強く咎めてしまう前に 目を閉じてひと呼吸 両手で優しく頬を包むがごとく 柔らかい辛抱強さで 想いを紡ぐことができたら いろいろ話そう いつまでも話そう

        • 【歌詞】Treat yourself

          【歌詞】Treat yourself(作詞/作曲/編曲/歌) 東京にもあった  抜けるような青空 ふと見上げたビルの  隙間の心色 程良く必死なんて 器用なことはできない 辿り着いた世界  今も揺れている ピンチの後に チャンス 人生 プラマイ プラス Treat yourself 自分を認める 優しい自分でいたいよ 温かくなる 頑張ったこと 一番知っている Treat yourself Treat yourself 自分好きでいる 素敵な自分でい

        • 固定された記事

        現代詩集 ムンバイ・トライアングル2016

        マガジン

        • 現代詩2
          33本
        • 現代詩1
          34本
        • 歌詞
          4本
        • 童話/物語
          3本
        • エッセイ
          5本
        • 旅行記
          5本

        記事

          【詩】生活

          生活 綺麗な愛は絵空事のように 生活に紛れ込んだ 掃除や洗濯や食事の支度中 秘かに模索する罪な香りのごとく そして時々 顔を出す 夢や希望は痺れるように 忙しさの彼方に弾け飛んだ 永遠に繰り返す数珠つなぎのタスクに 真の意義を見い出せないまま そして時々 舞い戻る 絶望の淵で光を求め 悶え続けている時でさえ 強くあることを当然のように求められ 必死に応えようと 苦しみあえぐ孤独 それでもなお 人生とはなんて素晴らしいのだろうと 感激で震える日もある 愛の喜びに 満たさ

          【詩】書く

          書く 蝉の声を聞きながら 掛かり付けの内科まで 火照った身体を引きずるように 歩いて行った 夏風邪にダウンした 瞬きをするたびに瞼の裏で 様々なイベントが書き込まれたスマホの スケジュール画面がチカチカする 診察室に呼ばれた 大好きだった担当医が変わっていた 長年頼りにしてきた彼は独立したそうだ 左利きの大きな手に 見放されたような寂しさに襲われる 新しい担当医は私のカルテを見ながら 「念のため」と言いつつ 以前聞かれたことと同じ質問を繰り返す だるい頭にどんよりした

          【詩】彩り

          彩り 万華鏡の空が 辺りを淡い桃色に包むとき あなたはきっとその下で 永遠に微笑んでいてくれると信じる 青く光るエスカレーターに乗り 心で何度もなぞり慣れた聖域に はやる胸のドキドキを抑えながら しゃんと上って行くから どんなに孤独で惨めな姿も ありのままの自分を 安心して見せられるあなたには ずっと幸せでいて欲しいから 万華鏡の空は人生色 運命のように気まぐれに情景を変え 時に暗闇のグラデーションで 宇宙のように世界を彩る 染められる命は 美しさに耐えるしかない

          【詩】あと一歩

          あと一歩 ずっと待ちこがれてきた挑戦なのに いよいよ実現しそうになると 心が二の足を踏む   火傷しそうな期待とためらいが 胸の中で入り混じって飛び跳ねる あと一歩 今のままでも十分なのかも知れない 失敗した時の未来の惨めさに怖気付く 積み重ねてきた多くを失うくらいなら 夢を諦めてでも 平穏に過ごした方がいいのか あと一歩 進み続けて初めて辿り着く 見たことのない景色に思いを馳せる たぶん 遅すぎることはない 勇気を出してみようか 次のステップで羽ばたけるよう  しく

          【詩】今日の地図

          今日の地図 口当たりのいい朝が うららかな風に弾ける コーヒーを味わいながら 忙しくなりそうな今日の地図を思い描く 心の中で孤独と不安のやりくりをする 日中あれこれ夢中で用事をこなしてから 家族のために夕食の買い物をする 心の最終目的地は団欒のあと 今日に感謝しまた穏やかな明日を願い 心地良く眠りに就くベッド 今しか持たないどんな人生も 途中で終わりが来る それがいつなのか誰にも分からずに やり残したと思うことがあっても  きっとそのままで美しい 代わりのきかない温か

          【詩】今日の地図

          【歌詞】Make a wish!

          【歌詞】Make a wish!(作詞/作曲/編曲/歌) ランチのカフェまで 二人でドライブ 目についた公園 水浴び 子供たち あなたは「行こう!」って 強引なウィンク はしゃいでびしょ濡れ おしゃれが台無し 駐車違反の黄色いステッカー 反省 andリセット あなたとなら Make a wish! Make a wish! ずっと 手を繋いで歩けるように Make a wish! Make a wish! いつも 近くにいたい Make a wish! Make a

          【歌詞】Make a wish!

          【詩】命の肌触り

          命の肌触り 花吹雪に誘われ 小走りで坂を駆け上がった 息切れがひと休みを促す 心の痛みの意味を探す 防水加工された布の上を ヒュルヒュル滑る水滴のように     道筋の見えない定めに翻弄されても  目の前の道を夢中で進む潔さとは 余計なものをそぎ落とせば 凛と美しくなれるのだろうか 心も 無音のメロディが流れる時 魂の意識は源との繋がりを思い出し 現世と縁を持つ前の姿で佇む あやふやな未練が研ぎ澄まされる 花びらを掠める命の肌触りが 息遣いに溶けていく

          【詩】命の肌触り

          【ショートストーリー】昭和の傘しべ長者

          昭和の傘しべ長者  「ちぇっ。10円足りないやー!」  桜が咲き始めて間もない土曜日の午後、まだ少し肌寒い曇り空の下、都心の住宅街を貫く私鉄の小さな駅で、高校2年生になったばかりの香織の隣の券売機で切符を買おうとしていた背のひょろ高い青年が叫んだ。  と言っても、恐らく本人は小さくぼやいたぐらいにしか思っていないだろう。なにしろ彼は、1メートルもそばに寄れば何を聞いているかはっきり分かるほどボリュームを上げて、ウォークマンで音楽を聞いているのだ。  その時、ホームに電車が入

          【ショートストーリー】昭和の傘しべ長者

          【詩】賞賛の時

          賞賛の時 夢の中 願いを叶えた憧れの私がいた 希望を織りなしていた承認欲求が満たされ 賛美と艶羨を湛えた数多の瞳が 星形に輝きながら私を見つめていた 私は全てのネガティブから 白い羽のように解放されていた どうしても手放せなかった否定や後悔さえ 陰を引きずるには取るに足らない 日向の枯草と化していた 目覚める 洗面台の前に立つと 鏡の向こうから寝起きの私が見つめていた むくんだ顔 寝ぐせの髪 よれたパジャマ 思い通りに行かない現実がよみがえる 「頑張

          【詩】空を見る 

          空を見る  悲しい時 空を見る 誰かに分かって欲しい時 悔しさで胸が押しつぶされそうな時  寂しくてたまらない時  空を見る 嬉しい時 空を見る 願いが叶った時  ひとつ乗り越えた時  優しい幸せに包まれた時  空を見る 決して負けない強さと 負けたことがある強さ 静かに歯を食いしばる 空は何でも知っている     このちっぽけな私の 胸の裏の染みまで 臆することなく 堂々と生きて行こう 勇気を携え 祈りを込めて 空を見る  ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

          【詩】空を見る 

          +24

          【グアム旅行記】マリアナ諸島の先住民族チャモロ文化を訪ねて

          【グアム旅行記】マリアナ諸島の先住民族チャモロ文化を訪ねて

          +23

          【詩】ひな祭り

          ひな祭り 「今日は楽しいひな祭り」と歌うメロディーが どうしてこんなに切ないのだろう 3歳の娘がオルゴールにあわせて ひな壇の前ではしゃぎながら歌っている 少し音程のはずれた幼い声と 天使のハーブをつま弾くような澄んだ高音のハーモニーが 胸の芯に響き過ぎて 私は涙ぐんでしまう 「ママは泣き虫だね 楽しくても嬉しくても泣くんだものね」 娘が笑う 今年もひな人形たちは 相変わらず綺麗な白い顔でとびきり着飾り それぞれの居場所に並んでいる 娘は皆に話しかけるような仕草で 頭