文學界新人賞、何とかとりあえず最後まで物語は進んで後は推敲してPCに書き込む

相変わらずヒリヒリするくらいなギリギリな日々を送っている。

自業自得ながらとりあえず携帯のメモ上では物語を終えた。

後は推敲しながらPCに移して、それをプリントアウトして、多分あらすじとかつけて発送。

プリンタ多分壊れているから買わなきゃダメかもしれないけれど、まだPCに移すことすらできていないので、何とか明日中にPCへの移行は終わらせたい。

これからの予定(希望)

24日 PCに移行

もっとみる

過去作どうしよう

現在、noteに21日連続投稿らしいです。あまり書いてる感じはありません。

連載中の二作はコピペで貼り付けてアップするだけ。最近ちょこちょこ上げてる短文も過去作を手直し。

小説執筆中はそのことしか考えられないのですが、今ひと休み中なので過去に書いたものをチラチラ読み返してます。

過去に書いたもの、どう扱うか悩みません?

(悩んでるだけで何も解決しない記事です)

非公開にする? リライトす

もっとみる
ありがとうございます♪
4

【公開】長編小説『独白』が完成するまで⑤【推敲について】

こんにちは、山本清流です。

 2019年の9月に『独白』という小説を書きました。

 登場人物の独白形式で、物語が展開する長編ミステリです。↓

 無料(結末以外)なので、ぜひ。

 

 この小説の創作過程について公開していく企画です。

 ①アイディア、②アイディアを具体化、③プロット、④執筆、⑤推敲の5つのプロセスに分けて、解説します。今回は、⑤推敲です。

 あくまでも僕の一例ですが、「

もっとみる
嬉しいです! これからも活動、頑張ります!
1

架空の小説 [akebono]

私はガス灯のマントルに点火される瞬間の夜が好きだと云う風に想っていたそんな「楠の並木道」を歩いていた。すると「バッハのチェロの無伴奏曲」のそれは黄昏れを仄暗く感じはじめる瞬間から始まるepilogue.しかし昼間の「楠の並木道」をランチを終えて1人で歩いていた時には「ビバルディのバイオリン協奏曲のフォーシーズンズ」が流れそれはまるで昼と夜の風景が別世界である事に驚きを隠せなかった。

「私は洋服が

もっとみる

誤解Ⅱ【エッセイ】八〇〇字

夜書いたラブレター(今では死語?)は、そのまま投函するな。朝に必ず見直しなさい」と、高校の教科書の随筆にあったような。夜に書いた文章は、感傷的で、感情が入りすぎ、相手は白けてしまうということ、らしい。
 ワタクシの(きわめて少ない)経験で恐縮だけど、熱くなればなるほど、逃げられる可能性が高かったし、逆に冷めていれば、追いかけられることも(たまあには)あった。
 多和田葉子さんが、『言葉と歩く日記』

もっとみる
他も、よろしく、です(笑
22

#15 子どもふたりで29kg

愛であれば耐えるしかなし子ふたりの下敷きとなり寝る月の夜

・2019年9月の作品

いくら子どもとはいえ、寝ているところにふたりが乗っかってこられると重い。しかも暑い。でも、彼女たちは容赦なく母親にひっつき、乗っかってくる。
わたしは控えめに言って非常にそっけない母親だが、子どもの愛を感じたときはちゃんと受け止めたいと思っている。こっちの愛は届かなくてもしょうがないが、彼女たちの愛はちゃんと受け

もっとみる
お読みいただきありがとうございます!
4

「天丼崩し」はムズカシイw

昨日上げてみた4コマ「Drセミひげvs安全房斉涯(あんぜんぼうさいがい)」ですが、

コメント欄に

「え…セミのダジャレは?」という戸惑いのお声をいただきました(^_^;)

わかりにくいネタになってしまったことをお詫びします<(_ _)>。おかげでコメント欄に自分のギャグを説明するというナサケナイ結果となってしまいましたが(笑)

当方昔から、憧れていた一つに「パターンを崩す」というギャグがあ

もっとみる
嬉しいです!
45

朝顔や釣瓶取られて貰い水は私には唯一無二に近い575の詩です。この詩は余りにも有名らしく初めて触れたのが遅過ぎたかもしれない。この詩は世界に繋がる哲学に等しいからです

|⚪️。° ○ |
◉2020 0901
__________________
.
🔳mybox
 abstracts
of selfbox

古都金沢の街並みを言い表すと歴史的でそれらの文化バランスが良いと云う印象でした。街路樹が整っていて美術や工藝がさかんで次世代への継承がしっかりなされています。小綺麗なギャラリーが併設されたカフェなどの充実していましたしやはり歴史や文化が活かされていて更に

もっとみる

【コラム】誤字・脱字・note

唐突にアレなんですけど、noteは気軽に投稿できる反面、十分な推敲ができないまま投稿されることが多いような気がしています。加えて、なんとなく毎日更新することを是とする文化が息づいているので(毎日更新自体は尊いことだと思うのですが)過去文を見直す機会も少なそうで、直されないまま残り続けるという悪循環にもなっているような。

臆面もなく言ってしまうと、私は自分の文章が好きなので、割と推敲します。更にい

もっとみる
好きとか 嫌いとか最初に言い出したのは誰なのかしら
4

たまごまると舟を編む大賞発表

おはようございます。僕の初めての本格的な企画
#たまごまると舟を編む

に参加していただいた皆様、本当にありがとうございました。昨日が締め切りだったんですが、うちのクラスの人達は全員期限内に夏休みの宿題提出してくれました。

なんと総勢22名もの方々に参加していただきました。どの人の記事も素晴らしくて、同じお題なのに、それぞれのnoterさんの個性が存分に出ていて、なんだか感動しました。

こん

もっとみる
大好きです
117