継続は力なり

今ならわかるこの言葉

小学生の頃、ちょっと(装いが)ヤバイ先生が言ってたのを今でも覚えてる。

先生はセーラームーンのTシャツを着ていた。

プールの時間はピンクのブーメランパンツ水着だった。

当時はまじでキモい…みたいな反応してたけど

今なら先生好きなものを着てすごい大人だったんだなって思う

そんな先生が継続は力なりと言っていた…

マラソン、毎日一周でも走ることを続けるのは大事って。

もっとみる
気になることがあったらコメントもお気軽にどうぞ…!
1

運動音痴の恨み節(運動音痴≠運動嫌い)

あまり人のつぶやきを拡散する方ではないけれど
今日はリツイートでまわってきた、こちらの優しいつぶやきを拝借。今日のnoteを書こうと思ったきっかけ。

私が子どもの時、こんな先生がいて欲しかったなぁ。
それがこのつぶやきを読んだときの、第一の感想。

同時にぼんやりと浮かんでくる

小学生の頃、跳び箱3段が飛べなくて、跳ねるタイミングで何度先生に背中を押されても、つっかえていた思い出。
ドッジボー

もっとみる
ありがとうございます!良ければフォローもお願いします。
18

スポーツという名のトラウマ

学生時代、とにかく体育の時間が苦痛だった。

特にチームでやる球技系。普段スポーツしないうえ、球技がとくに苦手。

中学2年の時のサッカーの授業での話。
ほぼサッカーは初めてで、よくわからないまま試合開始。
一応みんなに合わせて動くものの、そんなに機敏に動けもせず。
基本的なルールこそ知ってはいるものの、役に立てるわけもなく。
どうしたらいいのかもわからず、可能な限りボールがこなさそうな場所に移動

もっとみる

運動音痴で運動嫌いの私が筋トレを続けられるのか

は?筋トレ?

そんなの、男子がやるもんでしょ。

キツいのイヤやし、なんなら歩くのもイヤやし、極力動きたくない。

なんて、言いながら、産後ゆるみきった体を放置してきました。

チェコ人の夫に言ったら「産後だから仕方ないよ」と。

「後」って、出産してから約6年経ってるけど、まだ「後」でいいんかい!

ん~、でも、こんなぶよぶよな私の裸を見て、喜んでくれる人が世界に約2名おるから、まあいいか。。

もっとみる
君は素敵だね♪
11

プールの授業のはなし

梅雨ですね。
ゆるっと天パーの私には、ちょっと憂鬱な季節。
冷え症なので、雨に濡れそぼると簡単に風邪をひく、面倒な時期でもある。

そういえば、台湾には梅雨ってなかったな。
始業式を過ぎたころから、気が付けば、すぐ夏。
5月、灼熱の運動会を乗り切れば。プール開き。

そんなわけで、1回目の記事は、台湾時代のプールの授業のはなしです。

-------------------------------

もっとみる
謝謝,下次見:)
5

小鞠の運動伝説

突然ですが、わたしは運動が出来ません。 いわゆる運動音痴です。

 ということで運動伝説を書きはじめようとおもいますが、わたしは小さい頃から運動音痴だったわけではありません。

 小学生の頃はむしろ運動ができる方で、運動会のリレーに選ばれたりとかしていました。縄跳びや組体操もみんなのお手本として前に出たりしていました。今考えると信じられませんね。 

 

それでは本題に入っていきます。

 運動

もっとみる

運動嫌いの人がすべき、たった一つのルーティントレーニング

分かっているけど、明日から走れるのか?

適度な運動が、健康の維持に必要であることは、多分、万人が認めることなのではないか、と思う。「若々しさを保つには、運動しかないんです」そう言われた。

でも、運動が嫌い、運動音痴な人たちは、どうやってその壁を乗り越えればよいのか。

私には、よく分かる。

なぜなら、小学校の時、体育の通信簿が「頑張りましょう」もしくは「2」の運動音痴だったからである。人前で

もっとみる
ありがとうございます😊
25

生まれて初めてブランコを漕げた日。

今日、生まれて初めてブランコがこげました!!

 

幼少期からブランコがこげず、

加速させることができませんでした。

 

思いっきり後ろに下がって、

勢いよくブランコに乗り込んでも、徐々に失速。

最後には止まる笑

 

「こんなもん何が楽しいんだ。」

とずっと思っておりました。

 

しかし今日、

ふらっと立ち寄ったお店にあったブランコに乗ってみたら、

ちゃんと体を使って漕げ

もっとみる
嬉しいです!!
13