【授業の振り返りに】学習カードをダウンロードサイトに追加しました!

ENGINEではからチャレカードだけでなく、これまでに学校現場の先生の要望で制作をしてきた体育のコンテンツがあります。

その中から今回は「学習カード」をご紹介します!「からチャレカード」のダウンロードサイトに追加いたしましたので、ぜひ授業でご活用ください!

■学習カード

■指導内容を明確にすることがポイント

子どもたちにただ授業の感想を書かせても、「楽しかった」や「勝ててうれしかった」とい

もっとみる
ありがとうございます!!
2

【対談記事を読んで】〜ハイリスク時代に未来を切り拓く「自ら学ぶ力」〜

9月2日の日経新聞広告面は中高一貫校特集でした。

そこでは特別対談として国立情報学研究所教授で「教育のための科学研究所」代表の新井紀子教授とSAPIX YOZEMI GROUP共同代表の高宮敏郎氏が日本の教育における自学自習について語り合いました。

【新井紀子(あらい のりこ)】
プロフィール
Twitter
【高宮敏郎(たかみや としろう】
代表挨拶
佐藤優氏との対談

■学校は生活力を身に

もっとみる
明日も読みに来てください!
17

時間割

子供が「午後眠くてたまらない」という水曜

1時間目 体育
6時間目 国語

先生のご都合もあるのだろうけど
この組だけで見ると
可哀想な組合せ

暑さ和らい今日のお昼
眠さも和らぎますように!

大人になって気づいた「体育の授業、プライバシーゼロ」問題

「『体操服忘れました』って言うけど、それ何回目なの?」
一応それまで「優等生」だった小学3年生の私は、初めて先生からきつく怒られていた。

私は身体を動かすのがとても苦手だ。
五体満足、目立った病気をせずに育ったけれど、物心ついた頃にはもう苦手だった。
50メートル走が遅かった。逆上がりができなかった。
ボールは投げてもまっすぐ飛ばない。足にもバットにも当たらない。
ハードル走で盛大に転んで作った

もっとみる
【好きな美術館】ミュンヘンのブランドホルスト美術館の2階
19

掌編小説・元カレMくんの話(中編)

第三章

アタシは、中学3年生のT子。
彼氏が欲しいと思ってたのに、なかなか上手くいかなくて、親友のKちゃんに先を越されちゃった。

なんとKちゃんは、吹奏楽部の前の部長だったN先輩と付き合ったんだよ〜。
年上の男子と付き合うなんて、うーん、アタシには出来ないな。
確かに同い年の男子を見てると、まだまだ子供みたいな男子もいるけどね。

でもね、アタシ、やっと夏休み前に、好きな男の子が出来たの🎵

もっとみる
ありがとうございます♪あっ、宿題やったか⁈
21

ボールよ、くるな。

体育の授業が嫌いで、もちろんボールを使う球技などもあまり好きではなかった。
スポーツ観戦はそこまで嫌いではないが、集団行動を強制されることが好きではない。

だが、嫌いであっても授業には参加しないといけない。
特別な事情がない限り、授業を欠席されることは許されないし、せめて「授業、マジだるいわ〜」と言うぐらいしかできず、みんなの前で不良的な行動を行う勇気もない。
本当は体育の時間は苦痛で勝手に休ん

もっとみる
よろしければシェアもお願いします!
2

4対2で遊ぶ タッチ&フラッグフットボール かんたんルールを公開します

フラッグフットボールが体育教科に採用されました。その参考資料として、郡山市でおこなっている「かんたんルール」を公開します。
体育の授業はもちろん、スポーツ教室、レクレーション、新歓イベントなどでの遊び方を考える時に参考にしてください。

ルールの概要

・攻め4人、守り2人のタッチ&フラッグフットボール
 ※小学生はフラッグ、中学生以上はタッチ、ボールはおもに小学生用
・コートはおよそバスケ一面(

もっとみる
ありがとうございます!毎月、地域交流を続けています!
2

プルプルしてる!~みちお先生のお笑い幼児体育指導~

保育園で組体操の練習。

担任の先生二人とぼくと三人で、

一本橋の見本をした。

「(先生の腕が)プルプルしてる!」だって。(笑)

出張!みちお先生のお笑い幼児体育指導!

問い合わせ qqollab.saitoh@gmail.com

志村後ろ!~みちお先生のお笑い幼児体育指導~

保育園で体操のとき、

担任の先生が子どもに話している、その後ろから、

先生を襲うようなポーズをすると、

「キャーーー!」って、子どもたちのリアクションが楽しい!

まるでドリフの「志村後ろ!」みたいで。

出張!みちお先生のお笑い幼児体育指導 

問い合わせ qollab.saitoh@gmail.com

運動が苦手

自分には運動が出来ないと強く思い込んで生きてきた。学校の授業では、出来るようになるための具体的な体の動かし方や、「自分には出来ない」という心理的な問題を軽くするための工夫などを親身に教わることは無かったように思う。体育の授業のほとんどは基礎練習のあと対戦になる。私にとっては基礎練習の時点から「負け」が決まっていたので、対戦を楽しめるわけもなかった。
出来ないという結果が分かりきっているのに、自分よ

もっとみる
ありがとうございます( ˙꒳​˙ )
5