山伏

聖護院 節分会へ

(公開失念分)
2月3日新年の護摩供養に聖護院へ訪れた。
昨年末、初めて当院に訪れた時とは違い、門前の通りも訪れる人がたくさんおられ、立派な山門幕の入り口の下では時々山伏が法螺を吹いて、節分の大護摩をお知らせしていました。

焦る気持ちを抑えて山門をくぐると、甘酒の振る舞いが行われていたので、ありがたく頂戴した。何かとても元気になれそうな気持ちになり、早速本堂前の庭園へ入らせていただいた。

本殿

もっとみる

修験講習会@聖護院門跡

今年から参加させて参加させていただく事になった修験講習会。
新型コロナの影響で開催が見送られていたが、ついに7月1日よりスタート!1日は行けなかったので再開後2回目の21日に参加!

ところが・・・
新型コロナの不安定な状況を鑑みて、今年は今回で終了。

毎年20回に渡って口伝していただく内容について、突然の終了という事で重要な部分を集約してご講義いただきました。(前半の読経 後半:法話)

■読

もっとみる

いきなり飯縄権現

つい先日、飯縄権現(飯綱権現)が夢に出てきた。

といっても夢では姿がはっきりしていなくて、あの鳥面を見たわけではない。

しかしそのふわっとした存在を、夢の中ではなぜか飯縄権現と認識していた。

飯縄権現は次のようなことを言った。

「私は人に時間を授けることができるが、同じ長さの時間を授けてもそれは授かった者によって違う長さとなる」

「蛇を巻くと毒から守られる」

最初の話は、飯縄権現から「

もっとみる

山に伏すのか?

修験をやってみたい気がしてきている。

なぜかと言われるといろいろあるけど、熊野に行って、やはり神仏習合がしっくりくるなあと感じたこと。

熊野の神さま、お不動さまとのご縁、それと祈り。

祈るということについては、最近になって懺悔と回向を強く意識するようになった。つまりは供養かな。このへんのことも大きい。あと在俗の身で成り立つという点も。

修験というと、超能力とか霊能力、神通力のような特殊な力

もっとみる

羽黒にて山伏修行 〜思考をすて、体で感じる〜

先週末、山形県鶴岡市羽黒に山伏修行に参加してきた(サムネイルは、羽黒町観光協会HPより)。

数年前から何名かの知人から素晴らしいよって聞いていて、最近自分でも山を走るようになり山で修行する山伏が気になっていた。

そして、最近『日本列島回復論』を読み、"山水郷"という概念を知った。大きな平野に人々が大きな都市を築くようになったのは、治水技術が進んで江戸時代以降であり、古より人々は、水やエネルギー

もっとみる
スキありがとうございます!!次の記事をお楽しみに!
19

山伏のうた

やまぶし空をみあげる
青く深い空をみあげる
変幻自在な雲
胸中に夢を描く

やまぶし暗い井戸の底をみつめる
黒く深い闇をみつめる
変幻自在な蜘蛛
閉眼し過去を描く

突然の突風に背中押されて
開眼し前のめりに この道をすすむ

もっとみる
嬉しいです。ありがとう!
1

高千穂八十八社【尾仲野神社】

高千穂神社を総社とする高千穂八十八社の1つ、【尾仲野神社】を紹介する。(延宝2年神明帳より)

※ 時代によって八十八社に加えられたり、無かったりする場合もある。

熊本県高森町草部、大仲野バス停を高千穂から見て左手に入った所にひっそりとある。

佐藤光俊さんの高千穂八十八社の本によると、御霊大明神、尾中野天神となっている。

所祭神は不明とある。

草部村小史によると、草部と高千穂堺の峠の平は原

もっとみる

毎月28日はお不動さまのご縁日

毎月28日当山護摩堂にてお不動さまのご縁日のお護摩をお勤めいたしております。(原則、平日は午後一時半より、土日祝祭日は午後六時半より)

※6月28日のお護摩は午後三時からです。

毎年当山の六月のお護摩は、七月の石鈇山夏山大祭・
入峯に先立ち、大祭期間中の安全、入峯の無魔成満を
祈念する『駈入護摩』として厳修致しておりましたが、
本年は新型コロナウイルス感染症蔓延の為、総本山
前神寺様よりの通達

もっとみる
紫桜うれし泣き(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)
6

自己紹介番外編2.~「死」を考えずに「キャリア」を語るのは不自然だ。

「番外編2」ともなると、もはや「番外編」と言ってはいけないのではないか、という気にすらなってくるのであります。
と言いますか、良く考えればこの話は私の歩みにとって重要な位置を占める話なので、本当は「番外」という言葉を使ってはいけなかったかもしれません。……が、今更なのでこのままで進めてまいります。どうぞお許しを。

1.「死ぬ」ことだって、キャリアでしょう?

私のビジネスパーソン人生は、ずっと「

もっとみる
有難いことです。
25