修験道

英彦山登山④ 英彦山神社

前回の続きです。

高住神社から北岳を登山して帰るつもりでしたが、下山後、英彦山神社に行きたくなった。天狗の陶器の鈴が欲しかったので行きたいのもあった。英彦山神社(奉幣殿)から寄道しながら中岳(上宮)まで登ると日が暮れてしまいそうなので、神社のみ参拝することにした。

登山コースの分かりやすい地図。
最初に行った高住神社、北岳、英彦山神社の位置がよく分かります。

英彦山神社(奉幣殿)。
ここまで

もっとみる
嬉しいです😊
7
スキありがとうございます!
23

英彦山登山③ 北岳

前回の続きです。

地図でのルート、シオジ林→溶岩の壁→北岳(目的地)です。

シオジ林

溶岩の壁、撮影するの忘れました。この後、ロープや鎖付きの険しい岩場だらけになります。

星のカービーに出てきそうな木。

遠くの方に海が見えます。大分県中津市、福岡県行橋市方面の海です。

北岳到着です。道草をせず普通に登るなら1時間程で着きます。
英彦山の登山は初めてです。どこの登山もこんな感じと思ってま

もっとみる
嬉しいです😊
4

英彦山登山②

前回の続きです。

地図でのルート、逆鉾岩→望雲台です。

初っ端から道が分からない。矢印どうなってるの?落ちた矢印もあるし。ロールプレイングゲームか(笑)。結構どこから行っても、どこかの道に繋がることが分かった。普通に登る分には迷いませんので問題ないです。

どれがどの岩か分からない。とにかく凄いからなんでもいいや(笑)

望雲台へ行く道。かなり長い急斜面の岩。ここを登るのは面白かった。所々に窪

もっとみる
ありがとうございます😊
5

英彦山登山① 高住神社

最近、天狗にハマっています。いっそのこと天狗になりたいです。それ程天狗が好きです。と言うことで、天狗が住むと言う伝承がある英彦山を登山しました。凄い山です。

英彦山 ひこさん
・古来から神の山として信仰されていた霊山。
・由緒ある日本三大修験道の霊場。
・「日の子の山」即ち「日子山」と呼ばれていた。
・日子とは天照大神の子である正哉吾勝勝速日天忍穗耳尊(まさか あかつ かちはやひ あまのおしほみ

もっとみる
ありがとうございます😊
5

サブカル大蔵経603鎌田東二『日本人は死んだらどこへ行くのか』

学生の頃、鎌田東二『翁童論』に出会って、今でも法話や授業で紹介しています。

完璧を求める、排除する。今の教育、宗教、思想界には鎌田イズムが足りない。

我々は死者の委託を受けて生きている。我々は生きているけど、半分は死者の思いと重なっている。死者と我々の思いが重なり合い、二重構造のような形で生きている。p.248

死者とともに生きる。メメントモリ。

どのように考えれば安心して死んでいけるのか

もっとみる
ありがとうございます。
6

立体視で見ていたい*それは、フラジャイルな感覚

立体視で景色や物を見ると、心が緩みます。

それは、周りの空間の奥行きを視覚として感じることが、心の空間を拡げてくれるから。
意識して心を緩めようとするよりも、視覚からそれをしたほうが直接的に作用するような気がします。そしてそれは忽然的。

心の空間が広がると、相対的に心の中にあることの密度が下がるので、心が緩むのですね。そして同時に「もの」が「独立したもの」として他と区別して認識されて、不思議な

もっとみる
気に入っていただけて、よかったです。
4

はじめまして。

はじめまして、Ryuco*です。
今まで色々なブログに書いてきましたが、noteを使って書くのは初めてで。
登録してから使い方をじっくり読んだり、他の方の記事を興味深く読んでいたりしていたら。あっという間に数日経ってしまいました。
こちらでは、どんな風に書いていくのかまだわからないけれど。
書きながら、世界が広がり、深まっていけばいいなと思います。
まずは、簡単な自己紹介から始めようかな。

私は

もっとみる
ありがとうございます!
76

年間260万人が登るヒューマンスケールな自然 『高尾山』



世界一登られている山と聞いて、どんなだろう思っていたら、とても自然豊かで、道のりも楽しい。昔から修験の山として知られ、小さな滝や洞窟もあり、行者が好みそうな場所。天狗の伝承もあり、アニメグッズも沢山売られていた。都市から近いのに、こんなにも自然を感じられる、標高599mのヒューマンスケールな山。

しかし、年間260万人(!)が登るこの山、汚されたりリゾート地として開発されてもおかしくはないの

もっとみる
ありがとうございます🙇‍♂️
35

御用地遺跡 土偶 19:愛染古墳と真言密教

安城市の東川古墳のほぼ真西350m以内に位置する藍染古墳(あいぜんこふん)に向かいました。

藍染古墳は南北に走る県道286号線の交差点の北西の角に面していた。
藍染古墳は南北に走る県道286号線の交差点の北西の角に面していた。
藍染古墳は円墳と思われるが、区画整理のために四方が削られ、方墳状態になっている。
周囲は住宅で埋まっており、地図上に見える空白は全て駐車場だ。

下記写真は藍染古墳の北西

もっとみる
\(^ェ^)/ありがと♪
16