ほんのひととき

“旅や本にまつわる読みもの”をご提供します。月刊誌「ひととき」の人気連載や特集の一部が読めるほか、歴史や教養をテーマとする書籍の内容、ウェブ限定のオリジナル連載などもお読みいただけます。[運営]株式会社ウェッジ [連絡先]honno.hitotoki@wedge.co.jp
    • おすすめの書籍
      おすすめの書籍
      • 56本

      ウェッジから刊行された書籍の中から、ほんのひとときがおすすめする、旅や文化・歴史に関するものをご紹介していきます。

    • 齋藤孝「大人のための読書案内」
      齋藤孝「大人のための読書案内」
      • 4本

      弊社では過去の作品の電子書籍化に取り組んでいます。この度、今に通じる普遍的なテーマを掲げる本書『「何から読めばいいか」がわかる全方位読書案内』を電子書籍化しました。ここでは宣伝も兼ねて、その内容をちょっとずつご紹介していきます。

    • オリジナル連載
      オリジナル連載
      • 19本

      「ほんのひととき」書き下ろしの連載記事をまとめていきます。

    • あの日の音
      あの日の音
      • 4本

      音をテーマに、史実をベースとして歴史的、運命的な一瞬をひもといていく短編小説。「NISSAN あ、安部礼司」などラジオドラマの脚本多数を手掛ける北阪昌人さんによる連載です。

    • 終着駅に行ってきました
      終着駅に行ってきました
      • 10本

      終着駅という響きに、わけもなく惹きつけられる。この先にはもう線路がない、という最果てのロマン。そして一抹の哀愁。そこには、どんな街が広がり、どんな人たちが息づいているのか。憧れでもある地に降り立ち、周りを歩いて、ついでに一杯……。中年男性ふたり組の旅行記「終着駅に行ってきました」、はじまり、はじまり。

    • すべてのマガジンを表示
  • 終着駅の日は暮れて

    服部夏生
  • ひととき2021年5月号 特集 北斎を凌いだ男 鍬形蕙斎の江戸を歩く

  • 超約版 論語と算盤

    渋沢 栄一
  • 「何から読めばいいか」がわかる 全方位読書案内

    齋藤孝
  • 図解学問のすすめーカラリと晴れた生き方をしよう

    齋藤孝
固定された記事

ほんのひととき、一周年を迎えました。

「ほんのひととき」は本日、一周年を迎えました。昨年、緊急事態宣言の中で「旅と本のサイト」としてオープンし、右往左往しながらもコツコツと記事を公開してきました。そ…

“茶の湯”と“歌舞伎”の世界がよくわかるおすすめの9冊|齋藤孝「大人のための読書案内」(4)

弊社では過去の作品の電子書籍化に取り組んでいます。この度、今に通じる普遍的なテーマを掲げる本書『「何から読めばいいか」がわかる全方位読書案内』を電子書籍化しまし…

びんざさらの音|文=北阪昌人

音をテーマに、史実をベースとして歴史的、運命的な一瞬をひもといていく短編小説。第4回は雨の浅草を舞台に、頭の中でふと鳴り響いた“浅草三社祭の音”をきっかけにして…

赤い電車が連れていく、踏切が鳴る街(吉良吉田・名鉄蒲郡線/西尾線)|終着駅に行ってきました#9

かつては観光地への玄関口として名鉄特急もやってきた吉良吉田。三河線が廃線となった今は、その規模を幾分か小さくしながらも、地元の人たちに愛用されています。そんな終…

“般若心経”がよくわかるおすすめの6冊|齋藤孝「大人のための読書案内」(3)

弊社では過去の作品の電子書籍化に取り組んでいます。この度、今に通じる普遍的なテーマを掲げる本書『「何から読めばいいか」がわかる全方位読書案内』を電子書籍化しまし…

かけがえのない記憶 福森道歩(陶芸家・料理家)

小説家、エッセイスト、画家、音楽家、研究者、俳優、伝統文化の担い手など、各界でご活躍中の多彩な方々を筆者に迎え、「思い出の旅」や「旅の楽しさ・すばらしさ」につい…