ほんのひととき

“旅がもっと面白くなる読みもの”をご提供しています。月刊誌「ひととき」の人気連載や特集の一部が読めるほか、文化や歴史をテーマとする書籍の内容、旅や季節にちなんだウェブ限定記事もお楽しみいただけます。[運営]株式会社ウェッジ ✉️honno.hitotoki@wedge.co.jp
    • 芭蕉の風景

      「NHK俳句」でもおなじみの俳人・小澤實さんが、松尾芭蕉が句を詠んだ地を実際に訪れ、あるときは当時と変わらぬ大自然の中、またあるときは面影もまったくない雑踏の中、俳人と旅と俳句の関係を深くつきつめて考え続けた雑誌連載が書籍化されました。ここでは、本書『芭蕉の風景(上・下)』(ウェッジ刊)より抜粋してお届けします。

    • 旅に効く、台湾ごよみ

      台湾にも南国ならではの季節の移ろいがあります。この連載「旅に効く、台湾ごよみ」では、季節の暦(二十四節気)に準じて、暮らしにとけこんだ行事や風習、日台での違いなどを、現地在住の作家・栖来ひかりさんが紹介。より彩り豊かな台湾の旅へと誘います。

    • 旬・美・遊

      旬のおでかけ情報をはじめ、気になる新刊や新商品、見逃せない展覧会や伝統的なお祭といったご当地の話題など、さまざまなトピックをお届けします。

    • そして旅へ

      小説家、エッセイスト、画家、音楽家、研究者、俳優、伝統文化の担い手など、各界でご活躍中の多彩な方々を筆者に迎え、「思い出の旅」や「旅の楽しさ・すばらしさ」についてご寄稿いただきます。笑いあり、共感あり、旅好き必読のエッセイ連載です。

    • 笹岡隆甫 花の道しるべ from 京都

      華道家元・笹岡隆甫氏による連載コラム。花にまつわる絵画や伝統芸能などの文化・歴史的背景を探り、さらなる花の魅力をお伝えします。

    • すべてのマガジンを表示
  • ひととき2022年5月号 特集 愛しの郷土玩具

  • 超約版 方丈記

    鴨長明
  • 執権義時に消された13人ー闘争と粛清で読む「承久の乱」前史(仮)

    榎本 秋
  • 最澄に秘められた古寺の謎ー伝教大師と辿る比叡山と天台宗

  • 芭蕉の風景 上

    小澤 實

あの日、古墳の街で予言者になったかもしれない私。|浅生ハルミン(イラストレーター、エッセイスト)

 昨年の、晴れた秋の日。分倍河原駅から西府のあたりまで古墳を見て歩いた。分倍河原は東京都府中市の真ん中から少しばかり西に位置し、東隣の駅には有名な府中競馬場があ…

“たび” つまみ食い観光の現代旅行事情|中西進『日本人の忘れもの』 

たびと旅行は違うずいぶん前のことになるが、先にも登場していただいた池田弥三郎さん*が、新聞に書いておられたことを覚えている。 「たび」と旅行はちがうというのであ…

5月16日は、旅の日。

明日、5月16日は「旅の日」です。 俳人の松尾芭蕉が「おくのほそ道」に旅立ったのが旧暦の3月27日(新暦の5月16日)であることから、昭和63年に日本旅のペンクラブが提唱し…

あらたふと青葉若葉の日の光|芭蕉の風景

あらたふと青葉若葉の日の光 芭蕉裏見ノ滝と含満ヶ淵 元禄二(1689)年旧暦三月末、室の八嶋を見て、鹿沼に泊った芭蕉は、四月一日、日光に到着した。  掲出句は紀行文…

香道の歴史を知り馥郁たる名香を楽しむ

 世界に誇る日本文化のひとつである香道。500年余りの歴史を有する志野流香道の展覧会が、東京・芝の増上寺で開催される。  志野流香道は、室町時代、東山文化の隆盛を…

日々が旅と気づくために 澤田瞳子(作家)

 人の誘いにはまず乗っかる興味本位な性格なので、意外な地への旅行によく誘われる。自分では想定しない場所に出かけられるのはありがたいのでほいほい出かけていたある日…