片山 緑紗(かたやま つかさ)

おいしいチョコレートを買って味わうこと、本をよむこと、写真を撮ること、旅をすることが好きなことです。喫茶店にまつわる昔話なんかも書いています。 Instagram @mio_snbmzzr

片山 緑紗(かたやま つかさ)

おいしいチョコレートを買って味わうこと、本をよむこと、写真を撮ること、旅をすることが好きなことです。喫茶店にまつわる昔話なんかも書いています。 Instagram @mio_snbmzzr

    マガジン

    最近の記事

    固定された記事

    自己紹介のようなものとして。※ときどき更新

    このページを開いてくれてありがとうございます。うれしいです。使い方もつくり方もあっちこっちしながらやっていくと思います。どうぞよろしくお願いします。 これからnoteに書いてみたいことの大まかな分類をここに記しておきたいとおもいます。 チョコレートについてチョコレート(カカオ)の個性や味わいを探求することが好きになりました。ごく最近のことです。少しずつ、買っては食べて、書いていきます。 チョコレートのマガジン コーヒーについて生まれたときから両親(途中から父親のみ)が

    スキ
    102
      • ベルベットのスツール

         まだ日中には動いて汗ばむようなこともあるけれど、あの蒸発してしまいそうなほどの暑さが去って、ずいぶん過ごしやすくなってきた。秋ですね。  秋というと抜け毛の季節です。唐突になんなんだという言われそうですが、そうなのです。知っていましたか?  以前どこかの記事に書いたけれど、私の髪の毛というのは一本一本がわりとしっかりしている上に量が多くて、さらに言うとクセもあって扱いにくい。こういう髪質で手入れを怠ると途端にみっともなくなるので、なるべくマメに美容院に行くことにしている。

        スキ
        8
        • CACAO STORE-カカオストア ボリビア ワイルド ウィズ メープルシュガー-

           秋ですね、チョコレートの季節ですね。  CACAO STOREはミュゼ・ドゥ・ショコラ テオブロマのオーナーシェフ、土屋公二氏によるBeantobarチョコレートのセレクトショップです。ふだんTVはほとんど視聴しないのですが、土屋氏はときどきTV番組に出演されるのでタイミングが合えば観ています。洋菓子職人としてとても厳しい基準をお持ちのわりに、人柄としては親しみやすいような印象を勝手に受けています。  今回選んだのは、ボリビアのカカオ豆を使用したダークチョコレートです。甘

          スキ
          9
          • なんとなくセレニティ・プレイヤー的なところに着地

             チョコレートの記事も置いておきたいところだけれど、ずるずると引き延ばしている今日このごろ。  ちょっと前に上五島に行き、島の端っことか真ん中とか別の端っことかを走り回った。上五島にはカトリックの教会堂が30件ほどあって、今回は3分の2ほどをまわってきた。  ところでいつも「上五島」「下五島」などと呼んで(書いて)いるけれど、行政区域が違っていることに触れておきたい。  五島列島でいちばん大きな島は、最も南にある福江島で、そこから北に世界遺産構成資産のある久賀島、奈留島があ

            スキ
            8

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • チョコレート探求
            片山 緑紗(かたやま つかさ)
          • 旅と巡礼
            片山 緑紗(かたやま つかさ)
          • 喫茶店あれこれ
            片山 緑紗(かたやま つかさ)
          • かつてあった喫茶店の、Jazz喫茶的な側面
            片山 緑紗(かたやま つかさ)
          • 子ども時代からの本を詰める棚
            片山 緑紗(かたやま つかさ)
          • とっておき
            片山 緑紗(かたやま つかさ)

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            喫茶店百景-店と客との距離感-

             数回行ったことのあるK市の喫茶店があって、そこで最近あったらしいある物事のことを、ちょちょっと聞いた。それで思い出したことを今日は書く。 *  同級生が夫婦で小さなビストロをやっている。開店から7、8年というあたりだとおもう。開店したてのころ、それからその後も何度か食事に行った。家族でも行ったし、近くの友人や、県外からの友人なんかも連れて行ったことがあり、連れて行ったほとんど全員が店の味を気に入ったし、常連になった友人もいた。父や父の友人も気に入り、その店をたびたび気に

            スキ
            33

            たまには暗い部屋の中で

             ちょっと前の記事に書いたけれど、先週は上五島のあたりに行ってきて、週末には別のところに行くことがあったり、台風がやってきたり、した。  その辺りで色んなことを考えたり、日常があったり、電車の吊り広告のコピーに違和感を感じたり(これはいずれ書きたい)、道端で街路樹に手を伸ばす小学生の男の子の姿とか、視聴している『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』で目にしたジャバ・ザ・ハットのおかしな姿とか、手に本麒麟の缶を持って飲みながら歩くおじさんとか(帰ってからじゃダメなのか?)、と

            スキ
            13

            心癒すJazz|#40

             こんにちは。40回めの節目(?)なので、トップ画像を変えてみました。まあ単なる気まぐれですね。  台風14号は、こちらは前回同様目立った被害を見聞きすることなく、やり過ごせました。宮崎の方面がよくニュースで取り上げられていて(といっても見出し文字しか見てないですが)友人が多いのでちょっと気を揉んでいたんですが、何かが起こっている最中にあれこれ連絡を入れたって、どうしようもありません。過ぎてしまってから、とおもい、ようやく連絡をとってみたところ、大丈夫だったよと返事が来て、ほ

            スキ
            12

            緊張から得られる効用

             ジャズピアニストの山下洋輔氏と脳科学者の茂木健一郎氏の共著を読みながら、AmazonMusicライブラリに入っているジャズのアルバムを聴いていた(誰のどのアルバムだったっけな)。それは先週の、五島航路の船のなかでのことだった。  父がジャズを愛好していたことから、小さなころからその音楽がわりと身近にあったにもかかわらず、ここ最近になるまではなんとなく、好きになれずにいた。最近その、あまり好きになれずにいた理由みたいなものが少しずつわかってきたような気がする。  ひとつは、

            スキ
            12

            目の前で起きていないことについて

             台風が近づいてきていて、こんどのは14号です。11号が接近してきたときに、ずいぶんと騒いだけれど結果的に私の住んでいる周辺(地域、人)にほとんど影響はなかった。風がつよいな、とかそのくらいはあったし、夜にはモノが飛ぶ音や風切り音などがけっこう聞こえてきたけれど、停電もしなかった。メディアが煽っているな、と、そうおもった。  14号も、熱帯低気圧のころから台風に発達するだろうと予想され、そういった報道が何度も更新され、きょうのお昼すぎのYahoo!のニュースには「不要不急の

            スキ
            15

            木曜午後的な疲労感

             月曜日から上五島へ渡ってあちこちまわり、水曜の朝に小値賀島に移動、翌日の早朝(今日のこと)に佐世保まわりで長崎に戻ってきた。  今回もいくつかの体験をし、あれこれ考え、たくさん写真も撮ったし、いろんなものを目にしたし、耳に入ってきたものなんかもあった。戻ってきてからもやることがあったし、夕方になるにつれ蒸し暑くなってきたことも重なって、旅でついてしまった垢とか埃とか汗とかつまり余計なものを、全部とにかく落としてしまいたかった。お風呂と荷解きを終え、身の回りをすっきりと整えて

            スキ
            17

            むこう100年のこと

             長崎でド・ロ神父というと大抵の人は聞き覚えがある名だとおもうけれど、ド・ロ神父とはパリ外国宣教会より長崎に派遣されてきたカトリック神父です。時代は1860年代の後半以降、大浦天主堂の敷地内に現存する「旧羅典神学校」「旧大司教館」の建設に関わり、外海地区の主任司祭を命じられてからはその地区の教会建設、教育、福祉事業とたくさんの功績を残した人である。  ド・ロ神父の事業のひとつは印刷事業だった。その中にド・ロ版画と呼ばれている、大型の木版画が残されていて、それについての研究が

            スキ
            15

            国旗とか、色とか

             Adobe Expressという無料でつかえるグラフィック作成アプリケーションをのことを教えてもらったので、あれこれやってみています。ちょっとしたロゴとか、広告みたいなのをぱぱっとつくって、色んなSNSとかに活用できたりする。テンプレートや背景もたくさんあるし、手持ちの写真をつかったり、すきなフォントでつくることができて、もう一度書くけどそれで無料である。アニメーション機能もついてて、おもしろいです。  さっそく何かやってみようというので、職場の展示スペースにあったレゴブ

            スキ
            17

            喫茶店百景-一杯のおいしいコーヒーのためには-

             さあこれからコーヒーを淹れて飲もうというときの手順としては、ポットに水を入れ、お湯を沸かす間にコーヒー豆をがりがりと挽いて、ペーパードリップで抽出する。カップやサーバーを温めておくことも忘れない。  コーヒーの淹れ方については、父に教わった。やり方はいろいろあるだろうけれど、父の方式でいくとドリップの際にコーヒー豆を蒸らす時間を設けることを、あまりしない。  カップの上にドリッパーを置きペーパーフィルターをセットして、そこに挽いたばかりの豆を入れる。それから沸いたお湯を注ぐ

            スキ
            18

            片山住吉とは如何なる人物か

             また村上春樹氏の本から仕入れたネタで恐縮だけれど、名前の話。  今回目についたコラムでは、アメリカ人が名付けのときによく地名を用いることについて書いてあって、映画『インディ・ジョーンズ』の話題に始まり、名前に州名、街名をつけるので有名とのことでジョン・フォードの作品がいくつか挙げられ(何せ80年代に書かれたものなのである)、雑誌「エスクァイア」より州名をつけられたある有名なコラムニストの特集記事の引用なんかが書いてある。  村上氏が書いているのは短いコラムなのだけど、最後

            スキ
            13

            ラムがマトンになるわ

             台風が近いというけれど、今日の日中はわりと穏やかだった。それでも時間を追うごとにいくぶん強めの風が吹いてきて、色んなものが揺れたり、なびいたりしていた。背が高い木や、枝が長く伸びて葉が茂っている木がたくさん生えている山手のほうを見ると、そういった木々が風にうごうごと揺れる様子が、なんだかとてつもなく大きな生き物が蠢いているみたいにおもえた。  それでふと、森というと我々はこういった山というか、こんもりしたものを思い浮かべるとおもうんだけど、海外におけるそれはぜんぜん違って

            スキ
            15

            明日できることは今日しない

             「明日できることは今日しない」というのは、仕事における私の基本姿勢なのだけど、そうでありつつ矛盾を抱えた状況というかなんというか、そういうことについて考えた。  できればあまり働かずに暮らしたいというのは前々からの私の希望で、それは何かというと不労所得で生活したいとか、誰かの稼ぎに頼りたいとかというのとは少し違う。不要な残業や社畜みたいなことは避けたいということで、そのためにはいかに時間内にきりあげるか、大事なのはその一点である。それでタイトルの基本姿勢ということになるん

            スキ
            15