再読

世界は何も変わらないかもしれない話⑤-結論編

前回は、ただ反復するのではなく、複数のエクササイズの中で共通項を設定し、その共通した要素(=最大公約数的なもの)に気付く仕掛けというものを考えました。 理学療法だったり、エクササイズの話になってしまっていましたが、本筋に戻って結論へ向かいたいと思います。

100

世界は何も変わらないかもしれない話③-偶然とタイミング編

前回までは、何も変わっていない世界(対象)に対しても、繰り返しによって、または受け取る側の意識の変化によって、そこから受け取る情報や意味は変化する、ということについて書いてきました。 では、この受け取る情報や意味というのはどのように決まるのでしょうか。 また、リハビリテーション(…

100

世界は何も変わらないかもしれない話①-読書と研究編

タイトルにある『世界』というのは、外部環境という意味での世界です。 自分の外にある世界は何も変わっていない(かもしれない)けれど、自分の中の世界は変わってしまう、ということについて考えてみます。 少し分かりづらいかもしれませんが、リハビリテーションを考える上で重要なことだと思って…

100

伊坂幸太郎『砂漠』を再び読む!

『砂漠』 伊坂幸太郎 実業之日本社 2017年 【好きなところ】 圧倒的な存在感がある西嶋が最高です。 彼なりの思いを誰ふり構わずぶつける姿勢が気持ちが良いです。 そして、そんな彼もうだうだ悩んでいるところが愛おしいくなります。  とにかく西嶋を思い出したくなって、何度も読みたくな…

日記を綴りました。2021年5月15日(土) しきはこういうことを考えながら読書しているのか、と頭の中を覗くことができるかもしれませんね。 ◆自分のために記す https://shikioritsuzuri.com/20210515-complete-collection/

第48回:椅子の中の恋!

こんにちは、あみのです。今回の本は、江戸川乱歩の名作『人間椅子』の乙女の本棚シリーズ版です。 今作は、乱歩の作品の中でも特に好きな作品。一度読んだことのある名作を素敵なイラスト付きで読んだら、どのような楽しみ方が生まれるのでしょうか? 内容を知っている作品も、出版社や作品のアプロ…

「自分以上にいいものを書く必要はない。しかし、自分以下になってはいけない」 〜『伝…

罹っていたのは「書けない」病ではありませんでした。 最近、当noteと本家ブログともに、更新頻度がめっきり減りました。 「あ〜、書けない病に罹っているぞ」と思い込んでいたのですが、山田ズーニーさんの連載「おとなの小論文教室。」の1000回記念コラムを読み、どうもそうではないと感じたのです…

オススメの習慣。【良かった本を再度読み直す】

こんにちは💡 最近ハマっているのが、良かった本の再度読み直しです🎶 みなさんにも影響を受けた大好きな本がたくさんあるのではないでしょうか? 僕もたくさんあります。 「よかったな〜、あの本」という本でも、読み直してみると新たな発見や、前回とは違う見かたができます♪ 昨日は、以前ご紹…

2021.5月2日 再読&日本ドラマ版再視聴♪

アガサ・クリスティ氏の小説 『予告殺人』 『パディントン発4時50分』 『鏡は横にひび割れて』 この3冊を、再読しています📚 そして。この3冊の小説を、日本を舞台に置き換え映像化したドラマ作品もTELASAで再視聴しています。 私がTELASAを視聴出来るのは、今年の夏まで🌻 秋以降は、視聴することは…

107【読書】再読することでまた違う景色が見えてくる

おはようございます。川村浩一です😄 人生にエンタメを! ということで、今日は再読(繰り返し)することについて書きます♪ 再読することで1度目では感じられなかったことや、拾えなかった一文が浮かび上がってきます。 最近、お笑い芸人のピースの又吉さんのYouTubeチャンネルを見て 又吉さんが文…