Federico2

精神年齢は常に17歳をキープする不思議な奴です。 FBのノート機能がなくなったので、や…

Federico2

精神年齢は常に17歳をキープする不思議な奴です。 FBのノート機能がなくなったので、やや長文のものを、こちらで掲載しようかと思ってアカウントをとってみました。 よろしくおねがいします(^_^)v 顔写真からイラストに変更しました〜♫

マガジン

  • 【肺癌の記録12】分子標的薬の服用編6

    タバコも吸わないのに肺腺癌の宣告を受け、その気持ちの浮き沈みも含めて記録を残しておきます。 不幸にも同じ状態になられた人がいたら、参考になればよいかと思っています。

  • 5年生存率30%の男 〜肺癌宣告から〜

    気楽に受診した人間ドック… その結果、タバコも吸わないのに肺癌宣告となり、そのドタバタ含め、自分の感情や思いのままに記録しています。

  • 積読タワーに如何な本達

    基本、自宅では経営学や情報学の専門書をじっくりと精読していますが、あまりに読み疲れた時や、読むスピードが落ちたときは、景気づけに、ある意味どうでも良いと言うか、文章が優しそうな本を読んだりします。また時折いろいろな人に教えたりしているために、専門用語や解説をわかりやすい表現に変換して理解しやすくする意味から、世間では駄本扱いされたりしている本でも意外と目を通していたりします。ここでは後者の比較的誰でも簡単に読めそうなものにフォーカスして、簡単な感想を上げています。同時にAmazonのレビューにも掲載していたりします。みなさんの自宅の積読スペースに如何ですか?

  • 【肺癌の記録11】分子標的薬の服用編5

    タバコも吸わないのに肺腺癌の宣告を受け、その気持ちの浮き沈みも含めて記録を残しておきます。 不幸にも同じ状態になられた人がいたら、参考になればよいかと思っています。

  • 【肺癌の記録10】分子標的薬の服用編4

    タバコも吸わないのに肺腺癌の宣告を受け、その気持ちの浮き沈みも含めて記録を残しておきます。 不幸にも同じ状態になられた人がいたら、参考になればよいかと思っています。

最近の記事

色々と考える…

段々と暖かくなり、今のところはサッシ全開と扇風機で過ごせているけど、そろそろエアコンを始動する時期かな~♪ 間違ったと思った時にどうするか問題…若い人の早期離職、世の中の大人は3年は経験して、社会人生活に慣れるべきだと言って、離職が早すぎるという認識の人は多い。わたしもどちらかと言えば3年前辺りまでは、そのような考え方をしていたように思う… でも、一度任期制の職場に転職をして、色んなことに遭遇すると、この3年程度はしっかりと我慢して務めるべきという考え方は捨て去ったほうが

    • まずは見える化!?

      コンサルの提案書関係は、省庁や自治体の霞が関文学と称される細かな記載のパワーポイントとは異なっているものの、老眼+乱視で遠近と近々のメガネを持っていても、結局はメガネを外し画面に眼を近づけて作業している状態です。 もう夕方になると、目がショボショボして、果たして目の疲れなのか、花粉症による目の違和感なのか、充血による死んだ目なのかわからない状態です… 一応、業務用PCに外部モニターの23インチを接続して使用していますが、それでも微妙なので、一昨日、仕方なくアマゾンで安い2

      • 白取春彦訳(2018)『ヴィトゲンシュタイン 世界が変わる言葉』株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン

        重みのある言葉を噛みしめる本このエッシェンシャル版のシリーズに結構はまってます。特に昼休みなどの短い時間に簡単に読めるのと、急に用事があっても、次に読む祭に以前の内容を思い出しながら続きを読むようなことが必要なく、すぐに次の項目から読み進めることができるので重宝しています。当然ながら本書もkindle unlimitedを使って読んでみました。このシリーズを読んでいるだけでも、kindle unlimitedの月額料金分は読んでいるのではないかと思う。 今回はヴィトゲンシュ

        • 双葉陽(マンガ)、はぴふるガール編集部(編者)(2019)『自分をもっと好きになる【ハピかわ】かわいいのルール』株式会社PHP研究所

          kindleだから購入できた本先日MXテレビでも紹介されていたらしく、苫米地さんもkindleで購入して読んだらしいので、興味がてらkindleで購入してみた。どうやら20~30代の大人の男性も読んでいるらしいとのこと… 基本的には少女マンガ風なので、あまりマンガを読まないわたしは、この手の本は苦手である。 ただ、社会人としての最低限のマナーという点では、「笑顔がないと…近寄りがたい」説や、「あいさつで1日をハッピーに!」等は年令問わず必要なことと理解… その他、姿勢や

        色々と考える…

        • まずは見える化!?

        • 白取春彦訳(2018)『ヴィトゲンシュタイン 世界が変わる言葉』株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン

        • 双葉陽(マンガ)、はぴふるガール編集部(編者)(2019)『自分をもっと好きになる【ハピかわ】かわいいのルール』株式会社PHP研究所

        マガジン

        • 【肺癌の記録12】分子標的薬の服用編6
          19本
        • 5年生存率30%の男 〜肺癌宣告から〜
          175本
        • 積読タワーに如何な本達
          131本
        • 【肺癌の記録11】分子標的薬の服用編5
          14本
        • 【肺癌の記録10】分子標的薬の服用編4
          12本
        • 【肺癌の記録9】分子標的薬の服用編3
          13本

        記事

          在宅勤務の中だるみ…

          今年も早いもので既に6月か~♪ これからだんだん暑くなると、エアコンを効かせるので電気代が跳ね上がるかな~♪ 在宅勤務が多くなると、人間というのは自分を律しようとしていても、中だるみというかルーズな感じになってきてしまうように思います。そんな在宅勤務で気づいたこと記しておこうかと思いました。 水分基本的にわたしはコーヒーばかり飲めるだけ飲んでいるというのが現状で、最近はインスタントのドリップ式にハマってしまい、それを好んで飲んでいます。 朝はこのコーヒーに、セイロン産シナ

          在宅勤務の中だるみ…

          マガジンハウス編(2017)『平尾誠二 人を奮い立たせるリーダーの力』株式会社マガジンハウス

          実際に指揮してきたリーダーのあるべき姿がここにある本書をアマゾンで購入したのは2019年10月、それ以来、積読本として長年眠っていた。 本書を読み進めるうちに、平尾誠二という人の素晴らしさにのめり込むかのように一心不乱に読み進めてしまった… わたし自身は経営学の学位持ちで、それなりに組織論などにも精通していると個人的には思っているが、学問の世界では、現場で実際に指揮にあたる監督やリーダーなどの経験者目線の考えや生き様のようなところは手薄であり、盛られた情報は数多くあれど、真

          マガジンハウス編(2017)『平尾誠二 人を奮い立たせるリーダーの力』株式会社マガジンハウス

          先週1週間…

          たかだか1週間といえども、色々あるもので… やばばば~なんと22日から23日にかけて徹夜してしまい、パワーポイントの作成中に、ちょっと息抜きにコーヒーを飲もうとしていたら、なんといつもの足のふくらはぎやスネのところはなんとも無く、ももの裏がつるという初めての体験… もしかしたらわたしの足がつる原因は、前回の医師検診で言われた抗がん剤として機能する分子標的薬タグリッソの副作用の血栓なのか… また段々と心配が増えて、次回7月2日の造影CT検査と、その次の週の医師検診で、また

          先週1週間…

          アドルフ・F・V・クニッゲ著、服部千佳子訳(2010)『人間交際術』イースト・プレス

          至極真っ当な人生を謳歌するための本以前読んだ森鴎外に関する本の記載の中に、彼の「知恵袋」、「心頭語」の二冊の箴言集についてはフランス革命勃発の前年に刊行されたクニッゲの「交際法」が原典になっているという記載があったことで、その原典の本を検索して見つかったのが本書である。たまたまkindle unlimited利用が可能でタイトルも「人間交際術」であるため、これがその原典であると考え読んでみることにした。 本書のタイトルが「人間交際術」というだけあって、人間同士の交際を如何に

          アドルフ・F・V・クニッゲ著、服部千佳子訳(2010)『人間交際術』イースト・プレス

          今本智隆著(2024)『DX沼からの脱出大作戦』ダイヤモンド社

          DXを語る微妙なマーケティング本的な立ち位置散髪までの待ち時間があるので、近くの書店で面白そうな題名だったので購入して読んでみました。 わたし自身も少なからず仕事柄DX案件に関わってきた経験があるので、似たような思いや、DXと名前だけは掲げてあるけど、実態は単なるデジタル化だったりすることが未だにDX案件と呼ばれていたりするので、その辺を突いた本なのかと思っていました。 最初はその流れと思い読み進めましたが、どうやら中身は著者の現在のお仕事に近いマーケティングやSEO関連

          今本智隆著(2024)『DX沼からの脱出大作戦』ダイヤモンド社

          徹夜に近い状態で病院へ

          5月21日火曜日、久しぶりの病院での検診… 現在の職場がみなし勤務なところがあるので、半日程度の病院外来であれば、今のところ休暇処理にしなくても、何とかなっているのは癌サバイバーには有り難い状態です… とはいえ、ここのところ仕事MAXで、ほとんど寝てない状態で病院での検診日となりました… 新しい靴を初使用足つり対策として、足のスネ側がつる状態の改善に購入したランニングシューズを、今回病院までの道のりで初めて使うことにしました… 今までほとんどホーキンスの人工皮革のシューズ

          徹夜に近い状態で病院へ

          森鴎外著、出口汪編訳(2013)『超訳 鴎外の知恵』ディスカヴァー・トゥエンティワン

          挫折を味わった人の心根に触れられた感kindle unlimitedを利用して、このシリーズを読み進めていまして、今回は森鴎外について読んでみました。 本著は「はじめに」の部分で、森鴎外の人物像を簡単に要約されていて、どのような人生を歩んできたのかを簡潔に理解することができます。その解説の中でも「実は、鴎外は順風満帆な人生を歩んだわけではない」ことや「幾度も挫折を味わい、そのたびに強靭な意志力でそれを乗り越えていった」という部分とその内容に共感を抱いた。 わたしも今までか

          森鴎外著、出口汪編訳(2013)『超訳 鴎外の知恵』ディスカヴァー・トゥエンティワン

          ジェームズ・アレン著(2016)『新訳 原因と結果の法則』角川文庫

          まずは自分が変わることの大切さ以前読んだ稲盛和夫氏の本の中で、その考え方の礎にもなっているようなのでkindle版で購入してみた。個人的には以前読んだことがあったけれど、改めて読んでみると以前とはその言葉の実感が違うようにも感じ、これだからこそ読書というのは面白いのだと実感した。 本書のメッセージは、訳者まえがきでも述べられている通り「自分を変えたかったら、自分の考えを変えなさい」、「世界を変えたかったら、自分が変わりなさい」ということで、本書に限らず多くの自己啓発本には同

          ジェームズ・アレン著(2016)『新訳 原因と結果の法則』角川文庫

          少しずつ快適を求めて

          ここのところわたしのNOTEの投稿内容も、抗がん剤治療として分子標的薬の副作用に関しての内容が多くなってきたような… それだけ現状の両足のしびれ問題と爪がボロボロになる問題は悩ましいんですよね~♫ とりあえず今も試行錯誤が続くので、その過程も含めて記録に残しておこうかと… ふたたび爪対策爪のコーティング剤を使って、爪の強度を保つことには一定の成果が見えてきました。その中で、コーティング剤を塗り重ねていき、1週間後にまたキレイに剥がし、あらためてコーティング剤を塗ることが習慣

          少しずつ快適を求めて

          みんなガラガラポンしたいのかも…

          最近の傾向なのですが、やたらと前々職の関係者からメールが飛んでくる… 理由は複数あるのだろうけど、一つは様子見といったところだろうけど、所謂存在確認とでもいうのか「あの人、あの後どうしてる?」的な感じの探りと言ったところかと… もう一つは、お悩み相談的なもの。わたしが前々職を早期定年退職した時も、まだまだ人事制度をいじっていた頃だったので、特に中堅の人たちが管理職になる前の足止めを食らったり、専門職として生きるにも足止めを食らっているようで、先々のご自身のキャリアに未来を

          みんなガラガラポンしたいのかも…

          前田華郎著(2019)『痛み、副作用、後遺症のない治療 「がん活性消滅療法」という選択』PHP研究所

          薦められて読んでみたわたし自身が癌患者であることから、知人に薦められたのでkindleで購入し読むことにした書籍です。 わたし自身は今のところ多くの病院で行われている標準治療と呼ばれているものを実施しており、現在は分子標的薬を服用し続けることで、癌の成長は現状維持の状態にあります。 本書では「副作用も後遺症もない」という謳い文句があり、確かにわたしも自分が癌になった後には沢山の「がん」と名のつく本や資料、ネット記事までくまなく読んだ。そして、それらの薬や処置が癌の何に作用

          前田華郎著(2019)『痛み、副作用、後遺症のない治療 「がん活性消滅療法」という選択』PHP研究所

          今井翔太著(2024)『生成AIで世界はこう変わる』SBクリエイティブ株式会社

          今日の生成AIの現状を簡単に理解できる本こんなことがあるのか、kindleで4月23日に購入しているにも関わらず、5月に入って書店でも「これは良いね」と思い購入していた… やはり興味があると「生成AI」という言葉だけで、本を手に取るようである… 仕事と言わず、日常においても生成AIとは何かって言われることも多いので、説明するのにいきなり「プロンプトを…」などと言っても、ポカーンとされるだけで、最初から拒否反応をされてしまうのがオチですね… 本書は、生成AIのざっくりとした

          今井翔太著(2024)『生成AIで世界はこう変わる』SBクリエイティブ株式会社